1 評2 価3 価4 価5 価 (176 の投票、平均: 3.66 / 5)

iTunesでiPhoneやiPadのバックアップを行う場合、バックアップデータはCドライブの特定の場所に保存されます。基本的にその場所は変更できませんので、バックアップを続けているとCドライブの容量が無くなってくる恐れがあります。それはiOSバックアップデータのサイズが非常に大きいためです。

iTunesのバックアップ先は、「Users > ユーザー名(パソコンによって違います)>「AppData」>「Roaming」>「Apple Computer」>「MobileSync」>「Backup」です。

iPhoneのバックアップをiCloudに保存することができますが、無料のストレージは5GBしかなく、足りなくなる場合がほとんどです。5GB以上のバックアップを取るなら、PCにバックアップを保存する以外ないです。

こちらの記事では、iTunesで作成したiPhoneやiPadのバックアップ先を、Cドライブ以外で保存する方法を紹介します。

手動でバックアップ場所を移動するのは非常に手間のかかる作業なので、CopyTrans Shelbeeを使うことをおすすめします。CopyTrans Shelbeeを使うと、簡単にiTunesバックアップの保存先をDドライブ、あるいは外付けHDDへ変更することができます。

iTunesバックアップ先を変更する理由は?

iTunesはバックグラウンドでiPhoneやiPadのバックアップを作成します。iOSバックアップファイルは非表示となるため、簡単にアクセスすることはできませんが、Cドライブの容量は不足してしまいます。したがって、パソコンの空き領域はかなり少なくなります。
iOSバックアップフォルダとパソコンの容量

iOSバックアップファイルにはアプリ内ファイル・書類、デバイス設定、カメラロール写真などのデータが含まれます。これらのデータは大事なので、別の場所に保管しましょう。

【自動的】iTunesのバックアップの保存先を変更

iTunesのバックアップ先を数クリックするだけで移動できるため、CopyTrans Shelbeeというソフトを使えます。CopyTrans ShelbeeはiPhoneのバックアップを作成したり、iTunesバックアップ場所を変更したり、バックアップから必要なデータを復元したりするプログラムです。

CopyTrans Shelbeeの機能とメリット:
✅無料の試用版でもバックアップと復元できる
✅「アプリを復元」の機能がある
✅iTunesのバックアップ先を変更できる
✅ほとんどすべてのファイルの種類を復元できる
✅製品版の値段が安い
✅日本語対応
✅パソコン5台まで使用できる
✅技術サポート

  1. CopyTrans Shelbeeをこちらからダウンロードします。インストール方法についてはインストールガイドをご覧ください。

    CopyTrans Shelbeeをダウンロード

  2. CopyTrans Shelbeeを起動後、下記のような画面が表示されたら、そのまま「ツールボックス」をクリックします。(デバイスを接続する必要はありません。)
    CopyTrans Shelbeeでツールボックスを選択

  3. iTunesバックアップフォルダの移動画面になります。その下の「移動先」の項目をクリックし、新しいバックアップ先を指定します。「スタート」をクリックします。
    CopyTrans ShelbeeでiTunesで行ったiPhoneバックアップフォルダを移行

  4. 進行状況が表示されます。多くの場合にはiTunesのバックアップの容量が大きいため、バックアップの移動に大分時間が掛かります。
    CopyTrans ShelbeeはiTunesバックアップフォルダを移動中

  5. この画面が表示されれば、iTunesバックアップ先の移動完了です。
    CopyTrans ShelbeeでiTunesバックアップフォルダの移動完了

iTunesの代わりにCopyTrans ShelbeeでiPhoneをバックアップすれば、iPhoneのバックアップを簡単に管理できます。その他のCopyTrans Shelbeeの利点:

是非CopyTrans Shelbeeでバックアップの機能を試してみてください!

CopyTrans TuneSwiftを使うと、iTunesライブラリ全体を移行することができます。

iTunesのバックアップを確認・削除

iTunesを起動する度に、バックアップが自動的に作成されます。そのバックアップを保存するには、かなりの容量が必要になります。PCの空き容量を増やしたい場合は、不要のバックアップを削除できます。
こちらではバックアップの有無と、最新のバックアップ作成した日付を、iTunesで確認する方法、およびバックアップを削除する方法を紹介します。

iTunesでバックアップを確認・削除する方法

  1. iTunesを起動します。メニューで「編集」>「環境設定」をクリックします。
    iTunesで環境設定を変更するには編集と環境設定をクリックしてください
  2. 出てきた画面で「デバイス」を選択します。
    iTunesのバックアップの歴史を確認するには出てきた画面でデバイスを選択してください
    これでiPhoneのバックアップとその作成の日付を確認できます。
  3. 不要のバックアップを削除したい場合は、バックアップを選択し、「バックアップを削除」というボタンをクリックします。

iTunesのバックアップ場所。フォルダでバックアップを削除

「iTunesのバックアップ場所はどこ?」という方はいますね。答えは以下の通りです:

Windows 7,8,10の場合:
iPhoneのバックアップ場所を3つの方法で探せます。

  • こちらのフォルダのパスを使用できます:
    C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Apple Computer\MobileSync\Backup\
    「ユーザー名」をログインしているユーザーアカウントの名に変更してください。
  • エクスプローラーを開き、フォルダのでアドレスバーに「%appdata% 」を入力し、Apple Computer>MobileSync>Backupを開きます。
    iTunesのバックアップ場所をPCで検索するにはApple ComputerとMobileSyncとBackupを開く
  • Windows10の場合は、検索ボックスに「%appdata% 」を入力し、Apple Computer>MobileSync>Backupを開くこともできます。
    Windowsの検索バーでアップデータを探すにはApple ComputerとMobileSyncとBackupを開く
    検索ボックスが表示されなかったら、Microsoftのサポートを参考してください。

Windows10のiTunesマイクロソフトアプリの場合:
こちらのフォルダのパスを使用できます:C:\Users\ユーザー名\Apple\MobileSync\Backup\
「ユーザー名」をログインしているユーザーアカウントの名に変更してください。

フォルダでのバックアップは以下の形で表示されます:
マイクロソフトアプリのiTunesのバックアップ場所を確認
手動的にバックアップを削除するには、バックアップフォルダを右クリックし、削除を選択します。

CopyTrans Backup Extractorというバックアップを確認できるソフトウエア

パソコンには沢山のファイルが入っているので、バックアップ場所を探すのは大変難しいですね。どのデータが無事にバックアップできたのか、探し出すのも難しいです。iPhoneバックアップを確認するために、特別なソフトウエアを使う方が簡単かつ便利です。CopyTrans Backup Extractorという使いやすいお勧めツールがあります。

CopyTrans Backup Extractorの機能とメリット:
✅iTunesとiCloudバックアップを検索できる
✅iTunesとiCloudバックアップからデータを抽出
✅PCでiPhoneのメッセージおよびLINEトークを復元
✅連絡先、メモ、カレンダー、ボイスメモを取り出す
✅製品版の値段が安い
✅日本語対応
✅パソコン5台まで使用できる
✅技術サポート
CopyTrans Backup Extractorでバックアップを確認

CopyTrans Backup Extractorを使うと、バックアップ内容のファイルを確認するだけでなく、必要なファイルをバックアップからPCに抽出することも可能です!

CopyTrans Backup Extractorをダウンロード

PCでバックアップを確認する方法は、「とったiPhoneバックアップを確認する方法」の記事をご覧ください。

【手動的】iTunesのフォルダを移動

こちらの手順は、パソコン上級者向けです。パソコンに詳しくないユーザーの方には、自動的にiTunesのバックアップ先を変更する方法をおすすめします。

  1. バックアップが保存してあるフォルダにアクセスします。Windows 7以降の場合、「C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Apple Computer」にアクセスしてください。そのために、スタートメニューの「Windowsを検索」で「%APPDATA%\Apple Computer\MobileSync」を入力します。
    iTunesのバックアップが保存してあるフォルダにアクセス

  2. フォルダをドラッグ&ドロップで新しい保存先に移動します。
    外付けHDDにTunesのバックアップフォルダを移動する

  3. 元のiTunesバックアップフォルダを削除または名前を変更します。

  4. 元の保存先でSHIFTキーを押しながら、右クリックして「コマンドプロンプト・PowerShellウィンドウをここに開く」を選択します。
    run command prompt in ios backup directory

    すると現在のフォルダにコマンドプロンプトが実行されます。
    command prompt focused on ios backup directory

  5. コマンドプロンプトで以下のコマンドを入力します。こちらの例では、E:\はiTunesバックアップの新しい保存先で、「Backup」はバックアップフォルダ名です。

  6. mklink /J “%APPDATA%\Apple Computer\MobileSync\Backup” “E:\Backup” iOSバックアップフォルダにジャンクションする

    重要mklinkはWindowsでシンボリックリンク(ショートカットのようなもの)を追加するためのコマンドです。/Jコマンドはディレクトリ ジャンクションを作成します。

  7. 戻り値が成功なら、シンボリックリンクの作成は完了です。
    iTunesバックアップのシンボリックリンク

  8. 変更前のiTunesバックアップ先で「Backup」フォルダのショートカットが表示されます。
    iPhoneのバックアップが新しいiOSバックアップ保存先にある

  9. こちらのショートカットをクリックすると、E:/に保存される「Backup」フォルダが表示されます。
    iTunesバックアップフォルダのジャンクション

Avatar for Julia
作者: Julia

CopyTransの日本部門を担当しています。CopyTransのプログラムに関してご遠慮なくcopytrans@copytrans.jpまでお問い合わせください。大好きな本は森見登美彦の『ペンギン・ハイウェイ』です。ビデオゲームに深い興味があります。