バックアップを管理

iPhoneバックアップを簡単にPCで管理する方法

1 評2 価3 価4 価5 価 (まだレートがありません。)

iPhoneユーザーは写真、音楽、連絡先、メモなどの重要なデータを保存しているので、デバイスの内容をバックアップする習慣我あったほうが常識ですね。iPhoneの場合は、バック青王するためと最も使われているソフトウェアはiTunesです。または、Appleが提供するiCloudストレージサービスもiPhoneをバックアップする1つの方法です。ただし、iTunesとiCloudの両方は、iPhoneのバックアップを好きな方法で管理することは不可能です。バックアップファイルを別の場所に保存したり、PCからiTunesバックアップを編集したりすることもできません。ところが、時々バックアップを管理する必要があります?そのときにどうすればいいのでしょうか?

実際は、iTunes以外ツールは、Windows PCでiTunesバックアップの内容を管理するのは可能です。 Windows 使用者は、iTunesなしでiPhoneを簡単にバックアップし、バックアップに入っているファイルをチェックもできます。

次に、iPhoneバックアップファイルを管理する方法を見てみましょう。

iTunesバックアップの容量を確認

iTunesでバックアップの内容またはバックアップのサイズが確認できません(「編集」>「設定」>「デバイス」)。ところが、デフォルトでiOSバックアップは「\ユーザー\(ユーザー名)\AppData\Roaming\Apple Computer\MobileSync\Backup\」というフォルダにあります。フォルダのサイズはiOSバックアップのサイズと同じようになります。

しかし、iTunesバックアップの容量にはどんなデータが入っているってiTunesで確認することは不可能です。それはちょっと不便でしょう。
iTunesバックアップの容量を確認したい場合、CopyTrans Backup Extractorが役に立ちます。

iTunesまたは他のソフトウェアでバックアップした後、バックアップ内容のファイルを確認したり、PCに必要なデータを抽出したりするためにCopyTrans Backup Extractorというソフトをお勧めします。

CopyTrans Backup Extractorをダウンロード

CopyTrans Backup ExtractorでiPhoneバックアップを選択

バックアップからPCに必要なデータを抽出する方法は、「iPhoneバックアップデータを取り出す方法」の記事をご覧ください。

CopyTrans TuneSwiftでバックアップを確認

CopyTrans TuneSwiftで面倒なくiOSバックアップのサイズも確認できます。

プログラムをダウンロードと起動した後、「情報」のボタンをクリックします。
CopyTrans TuneSwiftでiTunesライブラリの情報を表示

そうするとiTunesライブラリの情報でiOSバックアップのサイズが簡単に見えます。
CopyTrans TuneSwiftでiOSのバックアップの容量を確認

簡単なので、誰もバックアップのサイズを確認できます。

iPhoneのバックアップを削除

バックアップを完全に削除するため、iTunesを起動し、「編集」>「設定」を開きます。
iTunesで設定を表示

デバイスのタブでバックアップを選択し、「バックアップを削除」をクリックします。
iTunesでiOSのバックアップを削除

バックアップを別の場所に移動

以前にiTunesで作成されたiPhoneのバックアップをなくしたくない場合、バックアップ先の変更ができます。

iOSのバックアップを手動で移動するのはおススメしませんので、CopyTrans Shelbeeを役に立ちます。

下記にはiTunesとCopyTrans Shelbeeの機能比較表を紹介します。

機能 iTunes CopyTrans
Shelbee
フルバックアップ&変更分のバックアップ
自動にバックアップ
バックアップ先を選択
バックアップに名をつけ
バックアップの確認
バックアップ時期の通知

iTunesのバックアップ操作が簡単に見えるが、実際にとても複雑です。iOSバックアップのフォルダ名は「2a1a308…e26a5」のような名を得ます。どんなデバイスがどんなフォルダに保存されましたか?

「2a1a308…e26a5」というフォルダに「Yumi’s iPad」のバックアップがあるかどうか。。。
パソコンでiTunesで作成されたiOSのバックアップを表示

CopyTrans Shelbeeで各デバイスをバックアップするとき、ユニックな名を付けて、PCまたは外付けHDDに気楽に管理できます。
CopyTrans Shelbeeで作成されたバックアップを表示

CopyTrans Shelbeeの「ツールボックス」を使うと、バックアップの場所を自由に選ぶのは可能です。
CopyTrans ShelbeeでiTunesで作成されたiOSバックアップを移動

CopyTrans Shelbeeの機能に関してさらに詳しい情報は弊社のオンラインガイドをご覧ください。

まとめ

上記の手順でバックアップフォルダを他の場所にコピーまたは移動したり、PCでデータを管理したり、不要なバックアップを削除したい、色々な方法でiPhoneのバックアップファイルを管理できます!