1 評2 価3 価4 価5 価 (63 の投票、平均: 3.46 のうち 5)

iPhoneでiCloudフォトライブラリを有効にした場合、デバイスから削除した写真は「最近削除した項目」というフォルダに残ります。たとえ意図せず写真を削除しても、30日以内であればその写真を復元できます。30日経過すると、Apple社によって写真が完全に削除されます。

しかし、30日経過しても完全に削除した画像と動画はまだ復元できるという大発見をしました。

注意:Appleサーバー側の変更により、iCloudフォトライブラリの使用頻度などに起因して、この操作ができない可能性があります。

こちらの記事ではiCloudから完全に削除した画像および動画を復元する方法を紹介します。

iCloudから完全に削除した写真およびビデオの復元

  1. CopyTrans Cloudlyを起動します。ダウンロードしていない場合、下記のリンクからプログラムをダウンロードしてください。
    CopyTrans Cloudlyダウンロード

  2. 最初の画面でApple IDとパスワードを入力します。2ファクタ認証を有効にした場合、送信された確認コードを特別な画面で入力してください。
    CopyTrans CloudlyでiCloudフォトライブラリへログイン

  3. iCloudフォトライブラリの読み込み完了後、プログラムのメイン画面が表示されます。「助ける」ボタンをクリックします。
    CopyTrans Cloudlyで完全に削除した写真を復元

  4. 4. 保存先を選択したら、写真の復元が開始します。
    CopyTrans Cloudlyで完全に削除した写真の復元中

  5. 5. 「・・・の助けられたiCloud写真」フォルダで復元した写真およびビデオを確認します。
    CopyTrans Cloudlyで復元された完全に削除した写真を表示

By Julia

CopyTransの日本部門を担当しています。CopyTransのプログラムに関してご遠慮なくcopytrans@copytrans.jpまでお問い合わせください。大好きな本は森見登美彦の『ペンギン・ハイウェイ』です。ビデオゲームに深い興味があります。