1 評2 価3 価4 価5 価 (765 の投票、平均: 3.58 / 5)

近年は、大切な思い出の写真をフォトアルバムを作成することなく、iPhoneで保存するのが一般的です。もし写真を間違って削除してしまったり、またはiPhone・iPadの破損、紛失のせいで、データが失われる可能性が非常に高いです。消した写真を戻す方法がわからなくて困るユーザーが多いです。

この記事では、iPhoneから完全に削除した画像および動画を復元する 6つの方法を紹介します。

iPhone・iPadから削除した写真の復元する方法を選択

以下の手順に従って、自分のニーズに対応する復元の方法を選んでください。

1.復元させたい写真は「最近削除した項目」にありますか?

ほかのアルバムで最近削除した項目をタップ

ある場合:「最近削除した項目」から写真を復元

ない場合:完全に削除した写真を復活させるには、次のステップに進んでください。

2.iCloud写真がオンになっていますか?

iCloud写真がオンになっているか確認する方法:

「設定」>「Apple ID」>「iCloud」>「写真」という順にタップします。
iCloud写真がオンになっているか確認する方法の説明

オンになっている場合:iCloud(icloud.com)から完全に削除した写真を復活

オフになっている場合:iPhoneストレージから削除された項目を復元するには、次のステップに進んでください。

3.写真が消える前にiTunesでバックアップを取ったことがありますか?

iTunesのバックアップを探す方法(無料):

パソコンでバックアップを探すには、CopyTrans Backup Extractorを使えます。探す機能が無料なので、試用版をダウンロードすればご使用いただけます。

プログラムを実行し、「バックアップを探す」をクリックします。検索が完了するまで待ちます。

CopyTrans Backup Extractorでバックアップの探す

iTunesバックアップがある場合:ご任意の復元する方法をお選びください:

iTunesバックアップがない場合:iCloudのバックアップがあるかどうかご確認ください。

4.iCloudのバックアップはありますか?

iCloudのバックアップを確認する方法:

iPhoneの設定を開き、「Apple ID」>「iCloud」>「ストレージを管理」>「バックアップ」で自分のデバイスをタップします。そこで前回のバックアップの日時をチェックできます。また写真ライブラリのバックアップがオンになっているか確認することもできます。

iCloudバックアップがある場合:iCloudのバックアップから消した写真をPCに抽出

iCloudバックアップがない場合:恐れ入りますが、バックアップなしでiPhone・iPadから削除されたデータを復元不可能です。


方法1:「最近削除した項目」から写真を復元

iPhoneでiCloudフォトライブラリを有効にした場合、デバイスから削除した写真は「最近削除した項目」というフォルダに残ります。たとえ意図せずに写真を削除したとしても、29日以内であればその写真を復元できます。

  1. 写真のアプリを開きます。アルバムの表示を選択し、「ほかのアルバム」で「最近削除した項目」をタップします。
    ほかのアルバムで最近削除した項目をタップ
  2. 右上にある「選択」を押して、右下にある「すべて復元」をタップ、それとも復元したい項目を手動的に選択します。そうしたら「復元」をタップしますiPhoneで復元したい項目を手動的に選択して復元をタップする
  3. 写真がすぐにカメラロールに移されます!

「最近削除した項目」には、必要な写真がなくても、まったく問題がありません。以下に完全に削除した写真や動画を復元する方法を紹介します。

まずは比較表をご覧ください。

Functionality iTunes CopyTrans Cloudly CopyTrans Backup Extractor CopyTrans Shelbee iCloud
iTunesのバックアップからデータを復元
iCloudのバックアップからデータを復元
他のiPhoneのデータが上書きされない
バックアップなし写真を復元
※iCloud写真のみ
写真をiPhoneに直接に復元する いいえ
※復元後、写真をiPhoneに転送できる
いいえ
※復元後、写真をiPhoneに転送できる
写真をPCに抽出する
必要条件 iPhone、USB PC、Wi-Fi PC、Wi-Fi iPhone、USB、Wi-Fi iPhone、Wi-Fi

方法2:バックアップなしでiCloudから完全に削除した写真と動画を復活

29日経過すると、Apple社によって写真が完全に削除されてしまいます。しかし、29日経過しても完全に削除した画像と動画などを、復元できる方法を見つけました。

iCloud写真がオンになっているか確認する方法:

「設定」>「Apple ID」>「iCloud」>「写真」という順にタップします。
iCloud写真がオンになっているか確認する方法の説明

注意:Appleサーバー側の変更により、iCloudフォトライブラリの使用頻度などに起因して、この操作ができない可能性があります。2ヶ月以上前に削除した項目を復元不可能です。

  1. CopyTrans Cloudlyを起動します。プログラムのインストール方法について詳細はインストールガイドをご覧ください。
  2. CopyTrans Cloudlyを取得
  3. 最初の画面でApple IDとパスワードを入力します。2ファクタ認証を有効にした場合、送信された確認コードを特別な画面で入力してください。
  4. CopyTrans CloudlyでiCloudフォトライブラリへログイン

  5. iCloudフォトライブラリの読み込み完了後、プログラムのメイン画面が表示されます。「復元」ボタンをクリックします。
  6. CopyTrans Cloudlyで写真を復元するには復元ボタンをクリック

  7. 保存先を選択したら、消えた写真と動画の復元が開始します。
  8. 完全に削除した写真の復元中

  9. 「・・・のiCloudから復元した写真」フォルダで復元した写真およびビデオを確認します。
  10. CopyTrans Cloudlyで復元された完全に削除した写真を表示

  11. 復元した写真と動画をiCloudに取り戻すには、CopyTrans Cloudlyの「アップロード」機能を使えます。
  12. CopyTrans Cloudlyのアップロード機能

方法3:写真と動画をiTunesバックアップからPCに取り出す

iTunesのバックアップがあれば、完全に削除した写真と動画ファイルを復元することが可能です。もし、全ての写真を復元する必要がない場合は、どうすればいいのでしょうか?または、デバイスの容量不足で、全ての写真を復元できなくなったら、解決方法はありますか?デバイスの代わりに、PCに写真を保存するのは可能ですか?
上記の場合には、CopyTrans Backup Extractorというソフトをお勧めします。

  1. CopyTrans Backup Extractorを起動します。プログラムのインストール方法について詳細はインストールガイドをご覧ください。
  2. CopyTrans Backup Extractorを取得
  3. CopyTrans Backup Extractorを起動し、「バックアップを探す」を押します。するとプログラムがPCにある全てのiOSバックアップを見つけるまで待ちます。
  4. CopyTrans Backup ExtractorでiPhoneのバックアップを探す

  5. 抽出したい写真のあるバックアップを選択します。そして写真を選択し、「取り出す」をクリックし、データの保存先を選びます。
  6. CopyTrans Backup Extractorで写真を選択

  7. iPhone写真の取り出しが完了まで待ちます。

バックアップから写真を抽出する詳細な手順は、「iTunesバックアップから写真を取り出す方法」の記事をご覧ください。抽出した後、写真をデバイスに移動したい場合には、CopyTrans Photoをお勧めします。

CopyTrans Photoで写真をPCからiPhoneに転送

方法4:バックアップから写真のみをiPhoneに復元

iTunesのバックアップから写真を復元するには、CopyTrans Shelbeeをおすすめします。iTunesでバックアップを復元すると、iPhone上ですべてのコンテンツが上書きされます。しかし、CopyTrans Shelbeeを使用して、iPhoneの現在のデータを消去せず、写真を復元できます。iPhone既存の写真を失わないために、まずは写真のバックアップを作成しましょう。写真をバックアップする手順:iPadの写真とアルバムをPCにバックアップ

  1. CopyTrans Shelbeeを起動します。プログラムのインストール方法について詳細はインストールガイドをご覧ください。
  2. CopyTrans Shelbeeを取得
  3. 「選択して復元」を押します。機能の詳細については、「選択して復元」のガイドをご覧ください。
  4. 「選択して復元」を選択

  5. 復元する項目のリストから「写真」を選択します。
  6. CopyTrans ShelbeeでiPhoneのバックアップから写真を復元

  7. iPhoneの再起動後、復元した写真を確認します。
  8. 復元前に保管した写真をiPhoneに追加します。

方法5:iCloudのバックアップから削除した写真を復元

間違って削除した写真をiCloudで作成したバックアップから復元することが可能です。初期化しないでiCloudバックアップを復元したい場合は、CopyTrans Backup Extractorというソフトを使用できます。CopyTrans Backup ExtractorはiPhoneバックアップからデータを取り出すプログラムです。

写真がiCloudバックアップにあるか確認する方法:

「設定」>「Apple ID」>「iCloud」>「ストレージを管理」>「バックアップ」という順にタップして、自分のデバイスを選択します。フォトライブラリのバックアップがオンになっていたら、写真をiCloudバックアップから復元できます。
写真がiCloudにバックアップしている

  1. CopyTrans Backup Extractorを起動します。プログラムのインストール方法について詳細はインストールガイドをご覧ください。
  2. CopyTrans Backup Extractorを取得
  3. プログラムを実行し、「iCloudバックアップを検索には、iCloudにログイン」をクリックします。
  4. CopyTrans Backup ExtractorでiPhoneのバックアップを探す

  5. Windows用iCloudのインストールを求められたら、「ダウンロード」ボタンを押し、インストールします。Apple IDでiCloudにサインインします。そしてバックアップの検索が開始します。
  6. iCloudのバックアップには雲のアイコンが付いています。そのバックアップの中から必要なバックアップを選び、「選択」をクリックします。
  7. 見つけたiPhoneのバックアップ

  8. 写真を選択し、「取り出す」をクリックし、データの保存先を選びます。
  9. CopyTrans Backup Extractorで写真を選択

  10. 取り出されたデータをフォルダで確認できます。

バックアップからiCloudの写真を抽出する詳細な手順は、「iCloudバックアップからデータを取り出す方法」の記事をご覧ください。抽出した後、写真をデバイスに移動したい場合には、CopyTrans Photoをお勧めします。CopyTrans Photoで写真をPCからiPhoneに転送


方法6:iTunesでバックアップの完全復元を行う

iTunesでバックアップを復元すると、iPhoneの現在のデータはすべて上書きされます。したがってこの方法をおすすめできません。もし、それでもiTunesで完全復元をしたい場合は、まずは一部のiPhoneのデータ(写真、音楽、ファイルなど)をPCにバックアップした方が賢明です。詳細:iPhoneのデータを個別にバックアップ

  1. iTunesをAppleの公式サイトからダウンロードして、開きます。
  2. iPhoneを接続して、デバイスのアイコンをクリックします。
  3. iTunesでiPhoneの概要を表示するため、デバイスのアイコンをクリック

  4. iPhoneの概要で「バックアップを復元」をクリックします。
  5. iTunesで「バックアップを復元」をクリック

さいごに

iPhoneの写真を間違って削除してしまった場合や、突然に写真が消えた場合には、まず最初に「最近削除した項目」のフォルダをチェックしてください。

写真が「最近削除した項目」からも削除された場合:

「iCloud写真」がオンになっている場合、CopyTrans Cloudlyで写真を復活できる可能性があります。

iTunesバックアップがあれば、そのバックアップから写真を取り出せます。またはiPhoneに直接に復元できます。

iCloudバックアップがあれば、そのバックアップを復元せずに写真をバックアップから抽出できます。

Avatar for Julia
作者: Julia

CopyTransの日本部門を担当しています。CopyTransのプログラムに関してご遠慮なくcopytrans@copytrans.jpまでお問い合わせください。大好きな本は森見登美彦の『ペンギン・ハイウェイ』です。ビデオゲームに深い興味があります。