1 評2 価3 価4 価5 価 (まだレートがありません。)
CopyTrans Cloudlyのアイコン

情報化社会の発展により、毎日に仕事やプライベート生活にスマートフォンを使用するのは増えています。現在、iPhoneなどのデバイスには、端末の紛失や故障が発生した場合でも保存したい重要なデータがたくさん保存されています。この点で、くクラウドストレージでデータを保存するのがますます一般的になっています。

iPhoneなどのiOSデバイスユーザーの間で最も人気のあるクラウドは間違いなくiCloudです。

iCloudとは

iCloud(アイクラウド)はアップル作成されたクラウドサービスです。簡単に言えば、データをiPhoneの中に表示されますが、保存するでなく、インターネットのアップルのサーバー上に保存されます。iCloudを使ったら、iPhoneに撮った写真やビデオまたは、作成したドキュメントなどのデータをアップルサーバー上に保存し、PCまたは他の使われておるiOSデバイスから簡単にiCloudのデータにアクセスできます。最新の高品質の写真はiPhoneのすべてのメモリを占有するため、ほとんどの場合、iCloudは写真の保存に特に使用されます。1つのiOSデバイスで新しい写真などを撮ったら、iCloudはアクセスがあるすべてのデバイスのデータを更新します。つまり、例えば、大事な写真をどこでも利用できます。

iCloudは非常にユーザーフレンドリーなソフトウェアのように見えます。しかし、iCloudに保存されているデータにアクセスするための最も便利な方法は何ですか?

普段にiPhoneユーザーはiCloudのデータのアクセスするには下記の手順に従っています:

  • iPhoneでiCloudにアクセスする

    iCloud経由でのデータにアクセスできるには、iPhoneなどiOSデバイスの設定で「Apple ID」>「iCloud」>に、「iCloudドライブ」をオンにするのは必要です。そうしたら、アップストアで「ファイル」アプリをダウンロードし、iCloudドライブに保存されているすべてのファイルが表示されます。
    Fileアプリ

  • iCloudウェブサイトでiCloudにアクセスする

    iCloudウェブサイトに使われているApple IDでログインすると、簡単にiCloud上のデータにアクセスできます。

  • Windows用iCloudでiCloudにアクセスする

    Windows用iCloud(iCloud for Windows)はアップルがWindowsパソコン用に提供しているソフトです。Windows用iCloudをインストールしたら、WindowsパソコンからiCloudサーバーにアクセスし、データを管理することができるようになります。

ある場合には、iCloudデータにアクセスするプロセスが非常に困難です。一部のユーザーは自分に合った方法を選ぶのは難しいです。一部のユーザーは、Windows用iCloudとiCloudウェブサイトの使用の違いを理解できません。多くの人はWindows用iCloudのデザインが複雑だと思うか、iPhoneにもう1つのアプリを追加したくないです。

解決策は、さまざまなユーザーの要求が満たされていてiCloudデータにアクセスできるサードパーティのアプリを使用することです。そちらのようなアプリとして、CopyTrans Cloudlyプログラムをお勧めします。

CopyTrans Cloudlyとは

CopyTrans Cloudlyは、iСloudに保存されているデータにアクセスして管理する革新的なテクノロジーを使用して作成された独自のアプリです。
CTLのメイン画面

下記にはCopyTrans Cloudlyユーザーガイドとして全ての機能を紹介します。

初めてのCopyTrans Cloudly

インストール手順

CopyTrans Cloudlyを使うために、こちらからダウンロードし、インストールしてください。

CopyTransCloudlyをダウンロード

こちらでをご覧ください:CopyTransアプリのインストールガイドをご覧ください。

インストールした後CopyTrans Cloudlyを起動したら、iСloud接続を設定するためにiCloudコンポーネントをインストールするように要求します。こちらの場合、「セットアップ」をクリックしてください。CTLのインストール

セットアップを完了するまでにお待ちください。CTLのセットアップ

無料のアクション

初めてCopyTrans Cloudlyの試用版を起動する時に、100の無料アクションを取得します。 2回目のスタートでプラス50無料アクションを取得します。共有する場合は、プラス50無料アクションを取得できるようになります。それで、200無料アクションでCopyTrans Cloudlyを使ってみることが可能です。
CTLでシェア

CopyTransCloudlyの製品版を使ったら、制限を解除するのを忘れないでください。もっと詳しくは、こちらの制限解除のガイドをご覧ください。

CopyTrans Cloudlyを起動して、iCloud経由でのデータにアクセスするにはiCloudアカウントにログインしてください。CopyTrans Clodlyを起動して、iCloud経由でのデータにアクセスするにはiCloudアカウントにログインしてください。
CTLのログイン

ログインする際のエラー

ある場合には、iCloudアカウントにログインする際、下記のエラーが出てしまいます:

CTLのエラー

こちらのエラーは、ドライバーに問題があることを示しています。iCloud経由でのデータにアクセスするために、特別のドライバが必要です。普段で、インストール中CopyTrans Cloudlyは自動的に必要なドライバをインストールします。ところが、ときどき自動的のドライバインストールは失敗してしまいます。そちらの場合、上記のエラーが出ます。

解決方法は、iCloudドライバーを手動でインストールすることです。そのために、こちらからWindows用iCloudをダウンロードし、インストールするのはお勧めです。

そしたらパソコンを再起動し、CopyTrans Cloudlyを起動してください。Windows用iCloudをインストール中には必要なドライバもインストールされ、CopyTrans CloudlyでのiCloudサインインが無事に完了します。

CopyTrans Cloudlyで写真をiCloudにアップロード

CopyTrans Cloudlyのアップロード機能まだリリースされていません。

詳細には、こちらの写真と動画をiCloudにアップロードする3つの方法 記事を進めします。
  1. CopyTrans Cloudlyのメイン画面で「アップロード」をクリックしてください。
  2. パソコンでアップロードしたい写真を選んでください。
  3. 写真のアップロードを完了するまでにお待ちください。

これで復元がiCloudにアップロードされました。すべてのiOSデバイスまたは、iCloudウェブサイトでこちら写真にアクセスできます。

CopyTrans Cloudlyで削除した写真を復元

詳細には、こちらのiPhoneで完全に削除した写真を復元する方法 記事を進めします。

iCloudから削除された写真は、一定期間アップルサーバーに保存され続けます。削除した後サーバーの保存期間は不明です。写真がアップルサーバーから完全に削除されたら、復元することは不可能になってしまいますが、写真がサーバーに保存されている可能性がある限り、CopyTrans Cloudlyは写真を復元できます。これは「復元」というCopyTrans Cloudlyの便利でユニークな機能です。

  1. CopyTrans Cloudlyのメイン画面で「復元」をクリックしてください。
    CTLの復元機能
  2. パソコンの復元される写真の保存先を選択してください。
    CTL復元先
  3. 写真の復元を完了するまでにお待ちください。
    CTLの復元中
  4. 写真の復元が完了されました。
    CTLの復元

パソコンで復元された写真を確認してください。
CTLの復元された写真

CopyTrans Cloudlyで写真をiCloudからパソコンにダウンロード

詳細には、こちらのiCloudから写真をまとめてダウンロードする方法 記事を進めします。

iCloudウェブサイトにも写真をダウンロードすることはできますが、全ての写真を一括ダウンロードするのが不可能です。CopyTransCloudlyは、写真を一括ダウンロードできるので、この場合にはCopyTransCloudlyを強くお勧めします。

  1. CopyTrans Cloudlyのメイン画面で「ダウンロード」をクリックしてください。
    CTLのダウンロード
  2. パソコンで保存先を選択してください。
    CTLのダウンロードフォルダー
  3. 写真のダウンロードを完了するまでにお待ちください。
    CTLのダウンロード中
  4. iCloudの写真がダウンロードされました。
    CTLのダウンロード完了

CopyTrans Cloudlyで写真をiCloudから削除

詳細には、こちらのiCloudから全ての写真を削除する方法 記事を進めします。

iCloudウェブサイトにログインしたら、写真を削除するのもできます。ところが、ある場合には全ての写真を一括削除するの必要がありますが、iCloudウェブサイトには不可能です。この場合、CopyTransCloudlyは非常に役立ちます。

  1. CopyTrans Cloudlyのメイン画面で「削除」をクリックしてください。
    CTLの削除機能
  2. 写真の削除を確認してください。
    CTLの削除
  3. 写真の削除を完了するまでにお待ちください。
    CTLの削除中
  4. iCloudの写真が削除されました。
    CTLの削除完了

CopyTrans Cloudly対Windows用iCloud

CopyTrans CloudlyとWindows用iCloudの機能の違いについて、こちらのiCloudから写真をダウンロード、削除、完全に削除した写真を復元する方法 記事を進めします。

これでiCloudにある写真を一括削ダウンロードしたり、削除したりまたは、削除された写真を復元する簡単な方法を紹介しました。iCloudの写真を管理するにはCopyTrans Cloudlyが非常に役に立てるので、是非使ってみてください。CopyTrans Cloudlyの無料の試用版を試すには、こちらのリンクでダウンロードしてください:

CopyTransCloudlyをダウンロード
Avatar for Alena

By Alena

CopyTransの日本部門を担当しているアリョナと申します。趣味は油絵とロック音楽を聴くことです。何か問題があったら、ご遠慮なくcopytrans@copytrans.jpまでお問い合わせください。CopyTrans世界へご案内いたします^^