【Apple Musicに互換】音楽をiPhoneに追加する方法

Apple Musicに再生できない音楽をiPhoneに追加する方法

1 評2 価3 価4 価5 価 (3 の投票、平均: 3.67 / 5)

最近、音楽を聴くには、音楽ストリーミングサービス(聴き放題の音楽配信サービス)を使っている人が多いです。音楽ストリーミングサービス間にApple Musicはもちろん人気です。

公式の広告によると、Apple Musicで5,000万曲を聴く可能です。これは膨大な曲数ですね!しかし、Apple Musicに再生できない曲、Apple Musicに聞けない曲またApple Musicに見つかれない曲が多いですね。

いくつかの曲を再生しようとしたときに「この曲は現在、この国または地域では入手できません。」というエラーが出ちゃった

この曲は現在、この国または地域では入手できません。Apple Musicのエラーメッセージ

確かに、Apple Musicを使ってみたら、好きなバンドの曲がないし、一部の曲はグレーで表示されて開けないし、再生できない可能性があります。曲を選択して再生しようと思ったのに、「この曲は現在この国または地域では入手できません」と言うエラーが出て、曲を聴けません。

Apple Music経由で人気な曲のリミックス、ローカルバンドで作った曲、ローカルポッドキャストやその他の種類のコンテンツを入手できない場合があります。または、地域の制限で入手した曲を再生できません。その他にApple Musicに登録すると、パソコンからiPhoneに曲を追加できなくなります。

困難の対策方法はないだろうかと困っているApple Musicのユーザーたち向けにこちらの記事をおすすめします。この記事には、Apple Music の「この曲は現在この国または地域では入手できません」や「この項目は再生できません」と出たエラーメッセージの解決法をまとめて紹介します。

 

Apple Musicに曲を再生できない原因

Apple Musicに曲を再生できない原因は場合によって違いますので、原因が分かることは難しいです。ネット接続の状態、サーバーの不具合またはiTunesのエラーなどの問題が発生する可能性が高いです。

Apple Musicで曲を再生できない

 

Apple Musicに「この項目は再生できません」エラーが出る原因

    一般的に1つでなく、いくつか問題の原因がある可能性が高いです:

  • インターネット接続の問題
  • デバイスが不安定
  • iOSの不具合
  • 曲やアルバムが提供終了した
  • ドライバがアップデートされた際エラーが出た
  • iTunesにデバイスを同期した際エラーが出た

 

iTunesとApple Musicの制限

Apple Musicが有効化したデバイスをiTunes経由で全く管理できなくなってしまいます

iPhoneの概要>「オプション」で「音楽とビデオを手動で管理」にチェックを入れた場合、そのオプションが、Apple Musicに登録した後、「ビデオを手動で管理」に変更されます。

Apple Musicを有効・無効にした場合、iTunesでデバイスのオプションを表示

それで、iPhoneの「ミュージック」タブに曲をドラッグ&ドロップしても、曲はデバイスに追加できなくなります。そのうえ、ミュージックやプレイリストの同期もできなくなります。

iTunesで手動的に曲をiPhoneに追加が不可能

確かにApple Musicに曲を再生する際問題がよく発生されます。ところが、Aplle Musicの代わりにもっと簡単なツールを使えます。音楽をiPhoneに追加するには、CopyTrans Managerという無料のソフトをお勧めします。iTunesができないことはCopyTrans Managerで簡単にできます!

 

CopyTrans Managerで音楽をiPhoneに追加する方法

iTunesを使わずに、iPhone・iPod・iPadに音楽を簡単に追加したい場合、無料のCopyTrans Managerを使って、任意のパソコンからiPhoneに好きな曲を移動できます。CopyTrans Managerを使用したら、Apple Musicを有効にしたときでも、iPhoneに音楽を追加できます。

CopyTrans Managerで音楽をiPhoneに追加する手順は下記に紹介します:

  1. CopyTrans Managerをこちらからダウンロードします:

    CopyTrans Managerをダウンロード

  2. プレイリストを作成します。ライブラリ直接に曲をドラッグ&ドロップすることもできます。
    CopyTrans ManagerでApple Musicが有効化したiPhone上でプレイリストを作成

  3. 曲またはフォルダ全体をCopyTrans Manager画面にドラッグ&ドロップします。
    曲をiPhoneに追加

  4. 好きなようにプレイリストのコンテンツを整理し、「アップデート」をクリックします。
    アップデートをクリックし、変更を適用

ここで音楽は簡単にiPhoneへ移動されました!

パソコンからiPhoneに音楽を追加するだけでなく、iPhoneからパソコンにもiTunesを使わずに音楽を移動したい場合、CopyTransというソフトをお勧めです。CopyTransにはiTunesに全ての項目をバックアップするスマートバックアップと、デバイスの好きな項目を選んでPC上の好きな場所にバックアップするマニュアルバックアップもあります。

CopyTrans Managerをダウンロード

CopyTrans ManagerでiPhoneに音楽を入れる

さいごに

CopyTrans Managerを使えば、困難に打ち勝ち、音楽データなどもっと簡単にかんりできます。

Avatar for Julia
作者: Julia

CopyTransの日本部門を担当しています。CopyTransのプログラムに関してご遠慮なくcopytrans@copytrans.jpまでお問い合わせください。大好きな本は森見登美彦の『ペンギン・ハイウェイ』です。ビデオゲームに深い興味があります。