【Apple Musicに互換】音楽をiPhoneに追加する方法

【Apple Musicに互換】音楽をiPhoneに追加する方法

1 評2 価3 価4 価5 価 (3 の投票、平均: 3.67 / 5)

最近、音楽を聴くには、音楽ストリーミングサービス(聴き放題の音楽配信サービス)を使っている人が多いです。音楽ストリーミングサービス間にApple Musicはもちろん人気です。

公式の広告によると、Apple Musicで5,000万曲を聴く可能です。これは膨大な曲数ですね!

しかし、Apple Musicにも見つからない・再生できない曲があります

Apple Music経由で人気な曲のリミックス、ローカルバンドで作った曲、ローカルポッドキャストやその他の種類のコンテンツを入手できない場合があります。または、地域の制限で入手した曲を再生できません。
この曲は現在、この国または地域では入手できません。Apple Musicのエラーメッセージ

いくつかの曲を再生しようとしたときに
「この曲は現在、この国または地域では入手できません。」というエラーが出ちゃった

Apple Musicに登録すると、パソコンからiPhoneに曲を追加できなくなります。

困難の対策方法はないだろうかと困っているApple Musicのユーザーたち向けにこちらの記事をおすすめします。

iTunesとApple Musicの制限

Apple Musicが有効化したデバイスをiTunes経由で全く管理できなくなってしまいます

iPhoneの概要>「オプション」で「音楽とビデオを手動で管理」にチェックを入れた場合、そのオプションが、Apple Musicに登録した後、「ビデオを手動で管理」に変更されます。

Apple Musicを有効・無効にした場合、iTunesでデバイスのオプションを表示

それで、iPhoneの「ミュージック」タブに曲をドラッグ&ドロップしても、曲はデバイスに追加できなくなります。そのうえ、ミュージックやプレイリストの同期もできなくなります。

iTunesで手動的に曲をiPhoneに追加が不可能

iTunesでできないことはCopyTrans Managerで簡単にできます!

音楽をiPhoneに追加する方法

CopyTrans Managerを使って、Apple Musicを有効にしたときでも、iPhoneに音楽を追加できます。

  1. CopyTrans Managerをこちらからダウンロードします:

    CopyTrans Managerをダウンロード

  2. プレイリストを作成します。ライブラリ直接に曲をドラッグ&ドロップすることもできます。
    CopyTrans ManagerでApple Musicが有効化したiPhone上でプレイリストを作成

  3. 曲またはフォルダ全体をCopyTrans Manager画面にドラッグ&ドロップします。
    曲をiPhoneに追加

  4. 好きなようにプレイリストのコンテンツを整理し、「アップデート」をクリックします。
    アップデートをクリックし、変更を適用

さいごに

CopyTrans Managerを使えば、困難に打ち勝ち、音楽データなどもっと簡単にかんりできます。