iTunesの曲が消えた!どうやって復元できますか?

【解決済み】iTunesの曲が消えた!どうやって復元できるか?

多くのiPhoneやiPodユーザーはiTunesを音楽プレイヤーとして使っています。しかし、何か不具合が起きて、iTunesで音楽を再生できなくなる場合があります。さらに、音楽ライブラリ全体が空っぽになる場合もあります。

こちらの記事では、iTunesに関するよく起こる問題の原因と対処法を紹介します。

曲の横にビックリマークが表示される場合

iTunesでは、曲が見つからないとき、トラックの横に感嘆符(ビックリマーク)が表示されます。ビックリマークを消す方法を紹介します。
iTunesで元のファイルが見つからない問題を解決

ビックリマークが表示される原因

iTunes内トラックの横に表示される感嘆符(!)は、iTunes Mediaフォルダ(iTunesライブラリ内のメディアファイルの保存先)で曲の元のファイルが見つからないという意味です。以下の場合、音楽ファイルは行方不明とみなします:

  • 音楽ファイルが、「iTunes Media」フォルダから削除・移動した場合
  • 手動的に「iTunes Media」全体を別の場所またはドライブに移動した場合
  • 「iTunes Media」フォルダが現在切断されている外付けHDDに保存されている場合

対処法1:曲の場所を検索・指定

 

複数の曲が再生できない場合

  1. ビックリマークが表示される曲をクリックし、「元のファイルが見つからなかったため・・・」というエラーメッセージが出たら、「場所を確認」を押します。「元のファイルが見つからなかったため、曲は使用できませんでした」というエラーメッセージ
  2. Windowsエクスプローラーで曲を探します。ファイルが見つかったら、「開く」をクリックします。Windowsエクスプローラーで曲の元のファイルを探す
  3. iTunesで曲を再生します。

全ての曲が再生できない場合

  1. 「iTunes Media」の場所を確認します。そのために、iTunesの右上で「編集」>「環境設定」をクリックします。
    iTunesで環境設定を表示
  2. 詳細タブで[iTunes Media]フォルダの場所を変更します。
    iTunesでiTunes Mediaフォルダの場所を変更

対処法2:曲をiPhoneから復元

iPhoneの音楽をiTunesに逆転送は不可能です。しかし、CopyTransは不可能を可能にします!

 

曲のファイルはどこにも見つからないが、iPhoneやiPodにデータがまだ残っている場合

  1. CopyTransをこちらからダウンロードします:

    CopyTransをダウンロード

  2. iTunesライブラリと同期済みのデバイスを接続します。
  3. CopyTransの画面左上にある「マニュアルバックアップ」(1)をクリックします。復元したい曲を選択し(2)、緑色の「iTunes」(3)ボタンを押します。CopyTransでiTunesライブラリをiPhoneから復元
  4. 転送完了後、CopyTransを閉じて、iTunesで復元した曲を確認します。

この方法でiTunesのリンク切れの曲を簡単に修復することができます。

iTunesライブラリが空っぽになったときの対処法

「iTunesで音楽を聞いていましたが、ある日iTunesを起動したら、こんな画面が出てきました。iTunesライブラリが突然に空っぽになりました」と悩んでいるユーザーがいるでしょう。
iTunesが空っぽになった

iTunesライブラリが空っぽになった原因

iTunesで音楽を再生し、ライブラリを整理するには、「iTunes Library.itl」と「iTunes Media」が必要です。iTunesのデータベースとして、iTunes Library.itl には、アルバム、曲のアートワーク、プレイリスト、レートなどの情報が記録されています。

iTunes Library.itl を移動・削除・破損すると、iTunesは空になります。

対処法1:iTunesライブラリをバックアップから復元

まず、iTunes Library.itl が別の場所またはごみ箱にあるかどうかを確認してくださいファイルが見つからない場合、こちらの手順に従ってください。

  1. iTunesフォルダにアクセスします。初期設定でそのフォルダは C:\Users\ユーザ名\Music\iTunes にあります。
  2. 既存のiTunes Library.itl ファイル名を変更します(例、iTunes Library-new.itl)。
    iTunesフォルダでiTunes library.itlの名前を変更
  3. 「Previous iTunes Libraries」フォルダを開いて、最新の iTunes Library 年ー月ー日.itl のファイル名を 「iTunes Library.itl」に変更します。
    Previous iTunes Libraries から iTunes library.itl を復元
  4. そのファイルを C:\Users\ユーザ名\Music\iTunes にコピーします。
  5. iTunesを起動し、復元されたメディアファイルを確認します。
  6. 重要:復元したiTunes Library.itl は最新ものではないので、その後に作成したプレイリストや追加した曲が、iTunesに表示されません。その場合、コンテンツを改めて作成・追加してください。

  7. 確認ができたら、iTunes Library-new.itl を削除します。

対処法2:新規iTunesライブラリにコンテンツを追加

iTunes library.itl を復元できなかった場合、新規iTunesライブラリに曲やプレイリストを追加する必要があります。

  1. 「iTunes Media」フォルダが保存された場所を開きます。
  2. iTunesを起動し、画面の右上にある「編集」>「環境設定」を押します。
    iTunesで環境設定を表示
  3. 詳細タブで変更ボタンをクリックして、現在「iTunes Media」フォルダが保存されている場所を指定します。OKを押します。
    iTunesでiTunes Mediaフォルダの場所を変更
  4. Windowsエクスプローラーから「iTunes Media」の全体をiTunes画面にドラッグ&ドロップします。
    iTunesでiTunes Mediaのコンテンツを復元

こうすると、曲だけでなく、プレイリストやボイスメモも復元できます。

「iTunes Media」フォルダがなくなった場合

 

こちらの方法でiPhone、iPad、iPodから曲をiTunesに復元します。

  1. CopyTransを起動し、デバイスを接続します。プログラムをまだインストールしていない場合、こちらでダウンロードできます:

    CopyTransをダウンロード

  2. CopyTransの画面左上にあるオレンジ色の「バックアップ開始」ボタンをクリックします。
    CopyTransでiPhoneの曲やプレイリストをiTunesへ移動
  3. バックアップ完了後、CopyTransを閉じて、iTunesを起動します。

これで、新規iTunesライブラリにiPhone上の全ての曲やプレイリストを復元できます。

【おまけ】iTunesライブラリをバックアップ

この記事の最初に述べたiTunesライブラリに関する問題が起こらないように、iTunesライブラリをバックアップすることをおすすめします。こちらでは、CopyTrans TuneSwiftを使って、iTunesライブラリのバックアップ方法を記載しています。

  1. CopyTrans TuneSwiftをダウンロードします:

    CopyTrans TuneSwiftをダウンロード

  2. 「バックアップ」>「フルバックアップ」をクリックします。バックアップ手順の詳細はこちらの記事にあります。
    CopyTrans TuneSwiftでiTunesライブラリのフルバックアップを作成
  3. 一回フルバックアップを作成すると、今後「変更分のバックアップ」のみ行えば結構です。そうすると、作業が素早く便利です。
  4. バックアップしたiTunesライブラリが「iTunesBackup.tsw」ファイルに保管されます。
    CopyTrans TuneSwiftでバックアップされたiTunesライブラリファイルを表示

さいごに

こちらの記事では、iTunesに関する2つのよく起こる問題の対処法を紹介しました。手動でも解決できますが、困ったときの問題解決は専用ソフトに任せるのがおすすめです。