iCloudライブラリ

一般的なiCloudの問題と解決法・写真とビデオの管理

1 評2 価3 価4 価5 価 (7 の投票、平均: 4.29 / 5)

iPhoneやiPadなどのiOSデバイスが使われている人は、データを保存するにはiCloudサービス画使われています。iCloudはデバイス側でなく、インタネットサーバーにあるApple社が提供しているストレージです。

毎日の生活をもっとシンプルするには、iPhoneユーザーは大切なデータを管理するために一番簡単な方法を探しているでしょう。iPhoneまたは、iPad容量を増やすためにiCloudなどのサードパーティ製ストレージが非常に役に立ちます。iCloudサービスを使用すると、すべてのAppleデバイスで写真、カレンダー、ドキュメントなどを簡単に同期できます。

ただし、iCloudに接続できないや、iCloudにログインできない場合は、クラウドストレージに保存されているすべての写真アドデータにアクセスできなくなってしまう可能性があります。

リリース当初は「写真を最適化することでデバイスの容量を節約できる」というのが売りで、多くの人じゃあ使ってみようかなって気にさせられた、写真や動画は増える一方なので、いずれiCloudの容量がいっぱいになり有料のストレージが必要になります。そしてiCloudにたまった写真をiPhoneやiPadに直接に取り戻すのは簡単なことではありません。

という訳で今回は、iCloudフォトライブラリの落とし穴または写真管理の方法をご説明します。

iCloudと同期した写真およびビデオを・アップロード・ダウンロード・削除または完全に削除された写真を復元するにはCopyTrans Cloudlyアプリを強くお勧めします!

CopyTransCloudlyについてもっと詳しく

iCloudフォトライブラリを有効にした場合、写真管理にはどんな方法があるのか、どの方法が自分に合っているのかなど、自分の経験を交えて考えて見たいと思います。みなさんの写真管理ヒントになればと思います。



💌CopyTransのLINE公式アカウントを開設しました!

❤️‍🔥LINE公式アカウント限定クーポン
❤️‍🔥毎週のiPhoneに関する情報
iTunesを使わずにiPhoneのデータを管理する方法、iPhoneの空き容量の節約に関するヒント、バックアップの取り方などについて学びましょう!

友達を追加↓↓↓↓
CopyTransのLINE公式アカウントを友達に追加するボタン

今さら友達登録で
CopyTransソフトの割引クーポンをプレゼント❣


iCloudフォトライブラリとは

iCloudフォトライブラリは、iPhoneで撮った写真をiCloudに保管する機能です。

iCloudフォトライブラリを有効にすると、「カメラロール」の写真が自動でiCloudにアップロードされ、お使いのiPhoneやiPad、icloud.com からも閲覧可能になります。

メリット:

  • 写真がiCloudにアップロードされ、安全に保管される
  • インタネット接続があれば、iCloudと同期された写真にアクセスできる
  • iPhone・iPadのストレージを節約することができる
  • 写真とビデオが撮ったままの高解像度で保管することができる
  • 保存期間は無制限

iCloudフォトライブラリは無料で使えるか

iCloudフォトライブラリは有効にするとフル解像度の写真とビデオがiCloudに保存されます。そしてデバイスの容量が少なくなってくると節約するため「最適化された」低画質の写真を保存し、フル解像度の写真はiCloudに保存するようメッセージが出ます。
ストレージを最適化

しかしこれが落とし穴でした。無料で使える容量は5GB、フル解像度のきれいな写真はiCloudに置いておいて、デバイスの方はサイズの小さな「最適化された」低画質の写真にして容量を節約しても、やがては容量が一杯になってしまいます。

iCloudの容量が5GBに迫ってくると「容量が足りないからアップグレードしてくれ」というポップアップがデバイス上やパソコン上ででうるさく表示されることになります。

Cloudストレージがいっぱいです
iCloudの容量が足りないのでアップグレードが必要ですよ。
iCloudアップグレードオプション
お金を払ってストレージを追加しないと写真、ビデオ、書類、データの更新はしませんよ。

iCloud上のメッセージ
icloud.com上でもデータの更新を停止しますよ。

PCのメッセージ
PCのポップアップまで出てきます!

iCloudフォトライブラリを完全に無効にする

自分の写真をネット上に置くのもどうかと思うし、しかも料金がかかってくるとなら、iCloudフォトライブラリは使わないことにします。ただし、「iCloudフォトライブラリ」をオフにし、「写真とビデオをダウンロード」をクリックすると、「写真とビデオをダウンロードできません」とエラーメッセージが出ます。

ダウンロードエラー

これも落とし穴でした。容量を節約しようと思ってストレージを最適化したはいいが、写真や動画は増える一方。もはやフル解像度の画像をデバイスにダウンロードできなくなってしまったんです!

きれいな写真はiCloud上に、そして今iPadに残っているのは低画質の写真なのです。iCloudをやめると決めたはいいが、どうしたら元のきれいな画像を取り戻せるでしょう。

1.iCloudの写真とビデオをPCにダウンロード・保存

面倒な写真管理が少しでも楽になるようお助けツールを使いたいと思います。デバイスの全ての写真・アルバム・ビデオをワンクリックでバックアップ、全ての写真とビデオを一括削除を、CopyTrans Cloudlyを使ってやってみます。

  1. CopyTrans Cloudlyを使ってiCloudの写真とアルバムをバックアップします。まずはサイトからダウンロードし、実行します。
  2. CopyTrans Cloudlyをダウンロード

  3. CopyTrans Cloudlyを起動して、Apple IDとパスワードを入力します。2ファクタ認証を有効にした場合、送信された確認コードを入力してください。
  4. CopyTrans CloudlyでiCloudフォトライブラリへログイン

  5. iCloudフォトライブラリの読み込み完了まで待ちます。その後、メイン画面が表示されます。 iCloudからすべての写真とビデオをダウンロードするには、「ダウンロード」をクリックします。
  6. CTLのダウンロード機能

  7. 保存先フォルダを選択し、「開始」をクリックします。
    CTLで保存先選択

  8. すべての写真がダウンロードされるまで待ちます。
  9. iCloud写真をダウンロード中

  10. ダウンロードした写真をフォルダで確認します。
  11. 保存された写真を表示

  12. 全ての写真とビデオがPCにダウンロードできたら、iCloudフォトライブラリをオフにし、iCloudから写真とビデオを削除します。
  13. iCloudフォトライブラリをオフにする

2.写真とビデオをiCloudから削除

  1. CopyTrans Cloudlyを起動し、iCloudアカウントにログインします。
    CopyTrans CloudlyでiCloudフォトライブラリへログイン
  2. 「削除」ボタンをクリックします。削除作業を確認し、作業を開始します。
    CTLで削除機能
  3. プロセス完了まで待ちます。

お疲れさまでした。これでiCloudから写真とビデオをダウンロードし、iCloudフォトライブラリから全ての写真とビデオが削除されました。

Avatar for Julia
作者: Julia

CopyTransの日本部門を担当しています。CopyTransのプログラムに関してご遠慮なくcopytrans@copytrans.jpまでお問い合わせください。大好きな本は森見登美彦の『ペンギン・ハイウェイ』です。ビデオゲームに深い興味があります。