iPhoneに音楽を入れる

iPhoneの音楽を消さずに音楽を入れる方法

友人が彼女の友達からiPhoneをもらいました。「音楽を入れたいんだけどiTunesにつないだら、『このiPhoneから既存の音楽、ムービー、テレビ番組を削除して、このiTunesライブラリと同期してもよろしいですか?』というメッセージがでたんだけどどうしよう」、とのこと。すでにiPhoneには音楽が入っていて、それを消すのはもったいないし、かといって好きな嵐の曲を入れたいし、、、というのです。こんなことありますよね。iTunesメッセージ

iTunesは母艦、iPodやiPhoneは子機みたいな関係なので、iTunesにない項目は同期によって消去されてしまうんです。

そんなときにはフリーソフトのCopyTrans Managerの出番です。
CopyTrans Managerは既存の曲を消去することなしに、新たに曲を追加することが出来ます。普段同期していないiPodやiPhoneに音楽を入れる、iTunesで同期ができなくなった、iTunesは重いから使いたくないなんて方にもお勧めです。

iPhoneの既存の音楽を消さずに曲を追加

  1. CopyTrans Managerインストールしていない方はこちらからダウンロードしてください:

    iTunesなしでiPhoneに曲を追加

  2. プログラムをインストールします。インストール方法についてはこちらの記事をご覧ください。
  3. CopyTrans Managerを起動し、iPhoneを接続します。CopyTrans Manager
  4. 「追加」をクリックします。PCから追加したい曲を選択し、下の「追加」をクリックします。複数選択するにはコントロールキーを押しながら選択します。CopyTrans Managerで音楽を追加

  5. 最後に「アップデート」をクリックします。アップデート
  6. iPhoneに音楽が入っているか確認。しっかり入っています。iPhoneに音楽追加

せっかくiPhoneに入ったアルバムですが、アートワークがないとさびしいですね。
それではアートワークもCopyTrans Managerで入れてみましょう。

CopyTrans ManagerでiPhoneの音楽にアートワークを追加

  1. CopyTrans Manager上でアルバムの曲を全て選択し、右クリック、「複数を編集」をクリックします。アートワークを追加
  2. 「アートワークを検索」をクリックします。気に入った画像があったらダブルクリックして決定します。アートワークを検索
  3. 気に入った画像がなかったらネットからコピーした画像も入れられます。検索バーにタイトルをいれ画像検索、気に入った画像を右クリックしてPCに保存します。それをCopyTrans Managerで「複数を編集」で「アートワークを編集」で保存した画像を選びます。画像を編集
  4. 「保存」をクリックし、「アップデート」をクリックします。画像をiPhoneに保存

ほら、iPhoneにもちゃんと入っています。iPhoneの音楽にアートワークを追加

さいごに

いかがですか。iTunesを使わなくてもiPhoneやiPodに曲は入れることができるんです。しかもCopyTrans Managerは軽くて、動作も速いので出かける前にささっと曲を追加なんてときにも本当に重宝します。