iPhoneのPDFをPCに保存

iPhoneがスキャナーに変身!iPhoneで撮影した画像をPDFに変換、パソコンに保存する方法

最近のiPhoneアプリはいろいろと便利なものがありますよね。そんな便利アプリの中でお勧めは、iPhoneで撮影した画像をPDFファイルに変換できるというものです。私が実際に使っているCamScanner+を使ってiPhoneで画像を撮りPDFに変換、PCに保存します。 iPhoneがスキャナーに変身!

CopyTrans Appsを使うとiPhoneで作成したPDFファイルをドラッグ&ドロップで簡単にパソコンに保存できるのでこんなときに便利です。

  • 会議の手書きメモなどをPDFにして、PCに保存
  • 雑誌などのレシピをiPhoneで写真に撮り、パソコンにレシピブックを作る
  • レシートを撮って、簡単家計簿を作成
  • 頻繁に使う取り扱い説明書を保存
  • 自分が書いているブログで使えそうな画像、アイデアなどをiPhoneで写真に取り、パソコン上の専用フォルダに保存
  • 子供の工作、落書き、満点答案もスキャンして記念として保存

iPhoneでスキャンした画像をPDFに変換、PCに保存

  1. iPhoneにApp Storeからスキャナアプリ CamScanner+をダウンロード。 アプリをダウンロード
    注意: App StoreのiPhoneアプリにマルウェアが混入したとAppleが発表しました。このリストの中にCamScanner+が含まれています。
    iPhoneユーザーがマルウェア感染アプリに対して気をつけるべきことに関してはこちらをご覧ください。 (2015年9月22日追記)
  2. アプリを開いて、中央下のカメラアイコンをクリックしてスキャンします。 iPhoneでスキャン
  3. 画像を撮ったら下にある「伸ばす」「縮ます」アイコンで調整し、上のタイトルをタップして好きなように編集します。よければ右下のチェックアイコンをタップして保存します。 スキャンの仕方
  4. 次にパソコンにこちらからCopyTrans Appsをダウンロードします。
  5. プログラムをインストールします。インストール方法についてはこちらの記事をご覧ください。
  6. CopyTrans Appsを開き、iPhoneを接続します。CopyTrans Appsメイン画面
  7. 左側のアプリのアイコンの中からCamScanner+を選びます。右側にアプリが表示されます。保存したいファイルをデスクトップにドラッグ&ドロップします。ファイルをPCにドラッグ&ドロップ

写真をPDFとしてパソコンに保存しました。Adobe Readerで読み込み、メモを付けるとこんな感じ。そのままメールで送信できます。PDFにメモを追加

さいごに

今回ご紹介したiPhoneで画像を撮り、PDFに変換、そしてパソコンに保存する方法はアイデアしだいでいろいろな用途があり、とても便利です。iPhoneに残しておくと容量をとるので、iPhoneで必要ないものは削除していくといいでしょう。私はよく図書館で雑誌を見たりするので、気に入ったレシピは即iPhoneでスキャン、パソコンのレシピフォルダに入れています。みなさんもいろいろ試してみてください。CopyTrans Appsは今ならベータ版を無料でお使いいただけます。