1 評2 価3 価4 価5 価 (4 の投票、平均: 5.00 のうち 5)

もしiPhone、iPadまたはiPodがiTunesと自動同期モードになっていたら、デバイスをパソコンに接続するとiTunesが自動的に起動・同期をしてデバイス内のデータは消えてしまいます。

iTunesを起動前にiPhoneにあるデータをバックアップをおすすめします。

CopyTransプログラムでiPhoneにある音楽やボイスメモ連絡先やメッセージトーク履歴写真やビデオを簡単にバックアップいただけます。

iPhone内のデータをバックアップし、自動同期を防ぐため、ShiftキーとCtrlキーを押したまま、iTunesを起動させてください。

iTunesが下記のメッセージを出すまで、2つのキーは押さえたままでいてください。

iTunesをセーフモードで起動

「続ける」をクリックし、iTunesがiPhoneを認識するまで2つのキーを押さえていてください。

左上にiPhoneのアイコンをクリックし、概要のオプションで「このiPhoneと接続しているときに自動的に同期」のチェックを外してください。この時はもう、ShiftキーとCtrlキーを押さえる必要はありません。

iTunesにiPhoneを自動的同期を防ぐため、「このiPhoneと接続しているときに自動的に同期」のチェックを外す

必ず最後に「適用」をクリックしてください。

michiko

By michiko

iPhone・iPod・iPadのデータを管理するソフトを開発するWindSolutionsで日本部門を担当しています。iPhoneに関する記事を中心にCopyTransソフトのアップデート情報もお伝えしています。iPhoneに関してここが知りたいなどリクエストがありましたらコメント欄からお知らせください。