1 評2 価3 価4 価5 価 (8 の投票、平均: 4.38 のうち 5)

前回、iTunesまたはCopyTrans ShelbeeでiPhone、iPad、iPod Touchのバックアップを暗号化して行った場合、デバイスはそれ以降のiOSバックアップを全て暗号化します。CopyTrans Shelbeeでのバックアップも同様です。
iTunesバックアップを暗号化

CopyTrans Shelbeeでバックアップの暗号化管理

iPhone、iPad、iPod TouchなどのiOSデバイスのバックアップを暗号化すると、アプリのIDやパスワード、WiFiの設定、LINEのトーク履歴の引継ぎなどが行えます。リストアした時、バックアップを暗号化しているとこれらの情報が引き継がれるため、アプリへの再ログインやWiFiパスワードを再入力する必要はありません。

iOSデバイスバックアップの暗号化管理

「バックアップ」>「フルバックアップ」>「バックアップを暗号化」から行います。

パスワードを追加

  1. パスワード追加(①)をクリックし、新しいパスワード(②)、確認のためパスワードを再入力(③)してください。パスワードはリストアの時に必要となります、忘れないように書き留めるかして厳重に保管してください。

  2. 「保存」ボタンをクリック(④)して、フルバックアップをスタート(⑤)してください。
    CopyTrans ShelbeeでiPhoneバックアップのパスワードを作成する。

パスワードを変更

  1. 「変更」(①)をクリックし、現在のパスワード(②)、新しいパスワード(③)、確認のためパスワードを再入力(④)してください。パスワードはリストアの時に必要となります、忘れないように書き留めるかして厳重に保管してください。

  2. 「保存」ボタンをクリック(⑤)して、フルバックアップをスタート(⑥)してください。
    CopyTrans ShelbeeでiPhoneバックアップのパスワードを変更する。

パスワードを解除

  1. 「解除」(①)をクリックし、現在のパスワードを入力(②)してください。

  2. 緑色「解除」ボタン(③)をクリックし、フルバックアップをスタート(④)してください。
    CopyTrans ShelbeeでiPhoneバックアップのパスワードを削除する。

CopyTrans Shelbeeで暗号化されたバックアップデータをリストア

CopyTrans Shelbeeで暗号化されたバックアップをリストアする場合、パスワードを入力する必要があります。これはiTunesでバックアップを暗号化した際に設定した同じパスワードです。
CopyTrans Shelbeeでのバックアップを暗号化したくない場合、CopyTrans Shelbeeで暗号化の解除を行ってください。(パスワードが必要となります)

By fumi

iPhoneのデータ管理ソフトCopyTransの日本部門を担当しています。主な業務はマーケティング、使っているのはiPhone 5s(スペースグレイ)です。弊社ソフト、iPhone情報の他、たまにセキュリティなどの長めの記事を投稿することも。