1 評2 価3 価4 価5 価 (138 の投票、平均: 3.64 / 5)

iPhoneの連絡先をExcelで編集するには、CopyTrans Conractsとういプログラムをお勧めします。

CopyTrans Contactsは、iPhone、iPad、iPod Touchのすべての連絡先・LINEトークおよびメッセージ・カレンダー・メモなどのデータをiOSデバイスとWindows PCの間で転送、また管理するソフトです。CopyTrans Contactsを使うと、Excel上で簡単にiPhoneの電話帳を編集できます。

このガイドでは、iPhoneの連絡先をExcelにエクスポートし、Excel上で編集し、その後CopyTrans Contactsを使ってiPhoneに再インポートする方法を紹介していきます:

iPhoneの連絡先をExcelにエクスポート

iPhoneの連絡先をExcelにエクスポートするには、下記の手順に従ってください:

  1. CopyTrans Contactsをこちらからダウンロードしてください:
    CopyTrans Contactsをダウンロード

  2. 【スペシャルオファー】この割引クーポンを適用し、CopyTrans Contacts製品版をご購入できます!
    割引クーポンを適用

  3. プログラムをインストールします。詳細は、インストールガイドを参考してください。

  4. CopyTrans Contactsを起動し、iPhoneを接続します。読み込みが完了してから、iPhoneの連絡先がメイン画面に表示されます。
    CopyTrans ContactsでiPhone連絡先の表示

  5. Excelにエクスポートしたい連絡先を選択するため、連絡先の横にチェックを入れます。全ての連絡先をExcel上で編集するのでしたら「連絡先」の横にチェックを入れます。そのあと「選択した項目をエクスポート」ボタンをクリックします。
    CopyTrans ContactsでiPhoneの連絡先をエクスポート

  6. エクスポートオプションが表示されるので「Excel(1つの.xlsファイル)」か「Excel 2007以降(1つの.xlsxファイル)」を選択してください。
    CopyTrans ContactsでiPhoneの連絡先をExcelフォーマットで保存

  7. PC上の任意の場所をExcelファイルの保存先として選び、「OK」をクリックします。

これで任意の場所にiPhoneの連絡先がひとつのExcelファイル形式で保存されます。このファイルを開くとExcel上で直接iPhoneの連絡先を編集できます。PCでiPhoneの連絡先をExcelフォーマットで表示する。

iPhoneの連絡先をExcel上で編集

PCに保存したExcelファイルを開いて、iPhoneの連絡先の項目を自由に追加、編集してください。

Excelの制限:Excelは画像に対応しておりませんので、Excel上の連絡先リストにiPhoneの写真は含まれません。連絡先の写真を保存するには、あらかじめiPhoneの連絡先をバックアップする方法で連絡先をvCard形式でPC上にバックアップすることをお勧めします。またはExcelを使わずにiPhoneの連絡先をパソコンで編集する方法を試してみてください。


エクセルで編集

注意:編集したExcel文書をiPhoneに再インポートした際に正しく認識されるためには、CopyTrans Contactsが作成したExcelファイルの1行目の列構造と順序は変更しないでください。全ての項目を記入する必要はありません。

iPhoneが対応している列のタイトルは以下の通りです:

🌸 First Name – 名

🌸 Middle Name – ミドルネーム

🌸 Last Name – 姓

🌸 Title – 敬称(前)

🌸 Suffix – 敬称(後ろ)

🌸 Nickname – ニックネーム

🌸 Phonetic First Name – 名ふりがな

🌸 Phonetic Last Name – 姓ふりがな

🌸 Phonetic Middle Name – ミドルネームふりがな

🌸 Company – 会社名

🌸 Job Title – 役職名

🌸 Department – 部署

🌸 Notes – メモ

🌸 Birthday – 誕生日


🌸 Phone 1 – Type – 例: Work

🌸 それに続く Phone 1 – Value – 例: 03-1111-2222

🌸 Phone 2 – Type – 例: Mobile

🌸 それに続く Phone 2 – Value – 例: 090-1111-2222

🌸 Address 1 – Type – 例: Home

🌸 Address 1 – 番地

🌸 Address 1 – 郡/市区町村

🌸 Address 1 – 私書箱

🌸 Address 1 – 都道府県

🌸 Address 1 – 郵便番号

🌸 Address 1 – 国

🌸 e-mail 1 – type – 例: Home

🌸 それに続く e-mail 1 – value – 例: mikko@gmail.com

Excel上で編集した連絡先をiPhoneにインポート

Excel上での編集が終われば、CopyTrans Contactsを使って連絡先をiPhoneにインポートします。手順は以下の通りです:

  1. CopyTrans Contactsを起動しiPhoneを接続します。読み込みが完了するまで待ちます。

  2. 「連絡先をインポート」ボタンをクリックし、編集したExcelファイルを選択し、「開く」をクリックします。ファイルをドラッグ&ドロップで追加もできます。

  3. CSV インポート ウィザード(CSV Import Wizard) の画面が表示されます。ここでファイルをインポートする際、連絡先をプレビューしたり、フィールド名を設定したりします。

    CSV インポートウィザードについての詳細は、「CSV・Excelファイルから連絡先をiPhoneにインポートする方法」記事を参照してください。


    自動的にフィールド名を設定
  4. 編集したExcelの連絡先を正確にiPhoneにインポートします。CopyTrans ContactsでExcelからインポートしたiPhoneの連絡先を表示する。

これで、iPhoneの連絡先を簡単にExcel上で編集する方法を紹介しました。

CopyTrans Contactsを使えば連絡先だけでなく、iPhoneのメモ、カレンダー、メッセージなども管理できるので、是非便利な CopyTrans Contacts プラグラムをお試しください。

CopyTrans Contactsをダウンロード
Avatar for Julia
作者: Julia

CopyTransの日本部門を担当しています。CopyTransのプログラムに関してご遠慮なくcopytrans@copytrans.jpまでお問い合わせください。大好きな本は森見登美彦の『ペンギン・ハイウェイ』です。ビデオゲームに深い興味があります。