1 評2 価3 価4 価5 価 (1 の投票、平均: 5.00 のうち 5)

こちらのガイドではiPhoneのメッセージをMicrosoft Excelにエクスポートして表示する方法をご案内しています。iPhoneのメッセージをExcelで表示するにはXLS形式でパソコンにエクスポートする必要がありますが、CopyTrans Contactsを使うと簡単にできます。全てのiPhone、iPod Touch、iPadのモデルでご利用いただけます。またWhatsApp、iMessage、SMS、MMSに対応しております。

iPhoneのメッセージをパソコンで表示、印刷、保存するにはExcelにエクスポートするのが便利です。

iPhoneのメッセージをExcelにエクスポート

iPhoneのメッセージをExcelで表示

  1. CopyTrans Contactsをこちらからダウンロードしてください:

    iPhoneのメッセージをExcelにエクスポート

  2. プログラムをインストールします。CopyTrans Contactsをインストールする方法は以下の記事にあります。
    インストール方法

  3. プログラムを起動し、iPhoneを接続します。 左側にある吹きだしアイコンをクリックするとiPhoneのメッセージが表示されます。
    iPhoneのメッセージをExcelで表示

  4. Excelに転送したいメッセージを選択します。選択したメッセージのみエクスポートする場合にはそのメッセージの横にチェックを入れます。「選択した項目をエクスポート」をクリックします。メッセージをエクスポート

  5. メッセージのエクスポート形式に「Excel」を選択します。

  6. Excel形式を選択

  7. メッセージを保存する場所を選択します。デスクトップに保存することもできます。「OK」をクリックします。

  8. PC上にメッセージを保存

  9. 選択したメッセージがひとつの*.xlsファイルで保存されました。

  10. iPhoneのメールをExcel形式で保存

  11. ファイルをダブルクリックして開くとiPhoneのメッセージがExcel上に表示されます。メッセージが相手ごとにひとつのワークシートに表示されます。

iPhoneのメールをExcelで表示

CopyTrans Contactsを使ってiPhoneのメッセージをすばやく簡単にExcelに保存出来ます。

michiko

By michiko

iPhone・iPod・iPadのデータを管理するソフトを開発するWindSolutionsで日本部門を担当しています。iPhoneに関する記事を中心にCopyTransソフトのアップデート情報もお伝えしています。iPhoneに関してここが知りたいなどリクエストがありましたらコメント欄からお知らせください。