1 評2 価3 価4 価5 価 (59 の投票、平均: 3.15 / 5)

こちらのガイドではさまざまなファイルをPCに保存、又はiPhoneやiPadに転送する方法をご紹介します。iPhoneに追加したファイルは、iPhone上で編集したり、他のPCにコピーして編集することもできます。メールで自分宛に送信する必要はありません。

今回ご紹介する方法で以下のファイルをPCに保存、又はiPadに転送できます。

  • PDF

  • Word、Excel、PowerPoint

  • 画像、写真

  • 音楽ファイル

  • 動画ファイル

  • ZIP、RARファイルなど

iPhoneやiPadのファイルをPCに保存

  1. iPhoneにApp Storeからファイルの共有に対応したアプリをダウンロードします。例えばDocuments by Readdleというアプリがあります。

  2. ファイルを転送・保存するには、CopyTrans Fileyを使えます。CopyTrans Fileyをこちらからダウンロードし、インストールします。

    CopyTrans Fileyをダウンロード
  3. CopyTrans Fileyを起動し、デバイスを接続します。Wi-Fi接続を使用するには、「Wi-Fiを使用」のあるチェックボックスにチェックを入れて、「開始→」をクリックしてください。そうするとUSB接続を切断し、Wi-Fi接続を使用できるようになります。CopyTrans FileyでWi-Fi接続を許可
  4. 必要なアプリを選択するため「全てのアプリ→」をクリックします。iPhone・iPadのアプリの一覧を表示
  5. Documents by Readdleを選択します。CopyTrans FileyでDocumentsアプリを選択

  6. iPhoneのファイルをどのPCにもコピーすることもできます。コピーしたいファイルの右にある保存記号をクリックします。CopyTrans Fileyで1件のファイルを保存

  7. 複数のファイルを保存したい場合、必要なファイルの左にあるチェックボクスにチェックを入れ、画面の下に出現した保存の記号をクリックし、保存先のフォルダを選択します。CopyTrans Fileyで複数のファイルを保存

この方法で簡単にiPhoneやiPadのさまざまなファイルを保存できます。

ノート: Word、Excel、PDFなどのファイルはPCにコピーしなくてもCopyTrans Filey上でダブルクリックして編集することができます。

ファイルをiPhoneやiPadに追加

  1. Documents by Readdleを選択します。CopyTrans FileyでDocumentsアプリを選択

  2. 「ファイルを手動で選択」をクリックしてPCに保存してあるファイルを選択して転送するか、画像のようにドラッグ&ドロップで直接にファイルを移動することも出来ます。ファイルをiPhoneに転送

  3. ファイルはすぐにiPhoneに移行されます。iPhoneで転送したファイルを確認

  4. 追加したファイルはiPhoneのDocumentsアプリから参照できます。これでPDFやWord、Excelといったファイルが表示されたり、動画や音楽が再生されたりできます。

Avatar for michiko
作者: michiko

CopyTransで日本部門を担当しています。iPhoneに関する記事を中心にCopyTransソフトのアップデート情報もお伝えしています。iPhoneに関してここが知りたいなどリクエストがありましたらコメント欄からお知らせください。