1 評2 価3 価4 価5 価 (38 の投票、平均: 3.08 のうち 5)

こちらのガイドではさまざまなファイルをiPhoneやiPadに追加する方法をご紹介します。iPhoneに追加したファイルは、iPhone上で編集したり、他のPCにコピーして編集することもできます。メールで自分宛に送信する必要はありません。

今回ご紹介する方法で以下のファイルをiPhoneやiPadに追加できます。

  • PDF

  • Word、Excel、PowerPoint

  • 画像、写真

  • 音楽ファイル

  • 動画ファイル

  • ZIP、RARファイルなど

ファイルをiPhoneやiPadに追加

  1. iPhoneにApp Storeからファイルの共有に対応したアプリをダウンロードします。ファイルマネージャDocuments 5があります。ここではファイルマネージャを使います。

  2. CopyTrans Appsをこちらからダウンロードします。
    クリックしてCopyTrans Appsをダウンロード

  3. CopyTrans Appsを起動しiPhoneを接続します。左側にアプリが表示されます。アプリにファイルを追加

  4. ファイルマネージャを選択します。アプリにファイルを追加

  5. 右下にある「ファイルを追加」をクリックしてPCに保存してあるファイルを追加するか、画像のようにドラッグ&ドロップで直接ファイルを追加することも出来ます。ファイルをドラッグ&ドロップ

  6. ファイルはすぐにiPhoneに追加されます。iPhoneに追加されたファイル

  7. 追加したファイルはiPhoneのファイルマネージャアプリから参照できます。これでPDFやWord、Excelといったファイルを表示したり、動画や音楽を再生したりできます。

  8. 同様にしてiPhoneのファイルをどのPCにもコピーすることもできます。コピーしたいファイルをPC上にドラッグ&ドロップします。ファイルをiPhoneからPCにコピー

ノート: Word、Excel、PowerPointなどのファイルはPCにコピーしなくてもCopyTrans Apps上でダブルクリックして編集することができます。ファイルを編集

この方法で簡単にiPhoneやiPadにさまざまなファイルを追加することができます。

michiko

By michiko

iPhone・iPod・iPadのデータを管理するソフトを開発するWindSolutionsで日本部門を担当しています。iPhoneに関する記事を中心にCopyTransソフトのアップデート情報もお伝えしています。iPhoneに関してここが知りたいなどリクエストがありましたらコメント欄からお知らせください。