1 評2 価3 価4 価5 価 (79 の投票、平均: 3.59 のうち 5)

こちらではiOSデバイス(iPhone、iPad)のバックアップの暗号化を無効にする方法をご案内しています。

暗号化バックアップのパスワードを忘れたとき

記事でバックアップ暗号化の解除方法を紹介します →

困ったときにその方法は役に立ちます。

CopyTrans ShelbeeでiPhoneのバックアップの暗号化を解除

  1. CopyTrans Shelbeeをこちらからダウンロードします:

    CopyTrans Shelbeeをダウンロード

  2. プログラムを起動し、デバイスをパソコンに接続してください。

  3. 「バックアップ」>「フルバックアップ」>「バックアップを暗号化」タブを選択します。

  4. 「解除」をクリックし、現在のパスワード(以前設定したパスワード)を入力します。
    バックアップの暗号化パスワードを解除

  5. 緑色「適用」ボタンをクリックし、フルバックアップを開始します。

ここれでバックアップの暗号化は解除されます。

iTunesでiPhoneのバックアップの暗号化を解除

  1. iTunesを起動してください。

  2. iPhoneを接続します。
    注意: このときiTunesとiPhoneの自動同期を防ぐためにはこちらの記事をご覧ください。

  3. 「概要」タブで「iPhoneのバックアップを暗号化」のチェックを外します。
    iTunesでiPhoneのバックアップを暗号化する

  4. 以前行ったバックアップのパスワードを入力してください。
    バックアップのパスワードを入力

  5. 「OK」をクリックすると暗号化なしのバックアップが開始されます。
    暗号なしのバックアップ

これでiTunesのバックアップ暗号化が無効になります。

michiko

By michiko

iPhone・iPod・iPadのデータを管理するソフトを開発するWindSolutionsで日本部門を担当しています。iPhoneに関する記事を中心にCopyTransソフトのアップデート情報もお伝えしています。iPhoneに関してここが知りたいなどリクエストがありましたらコメント欄からお知らせください。