1 評2 価3 価4 価5 価 (6 の投票、平均: 4.00 のうち 5)

こちらのガイドでは、iTunesライブラリを外付けHDDやUSBなどにバックアップする方法をご紹介します。

CopyTrans TuneSwiftを使って、iTunesライブラリ全体を丸ごとバックアップして保存しておけます。突然のPCの故障やパソコンの買い替えなどでiTunesライブラリのデータが失われないよう、定期的にiTunesライブラリにバックアップを行うことをおすすめします。

iTunesライブラリのバックアップには、次のものが含まれます:

  • 曲とその情報(レート、再生回数、アートワークとなど)

  • プレイリスト、ビデオ、ボイスメモ、着信音とのなど

  • iPhoneバックアップのファイル

iTunesライブラリを外部ハードディスク、USBにバックアップ

  1. CopyTrans TuneSwiftをこちらからダウンロードします。
    iTunesライブラリをバックアップ

  2. CopyTrans TuneSwiftを起動し、「バックアップ」ボタンをクリックします。
    iTunesライブラリをバックアップ

  3. 「フルバックアップ」をクリックします。
    CopyTrans TuneSwiftでiTunesライブラリのフルバックアップを作成

  4. 緑の鉛筆アイコンをクリックして、 iTunesバックアップファイルの保存先を選択します。「バックアップスタート」をクリックします。
    iTunesライブラリのバックアップ場所を選択

  5. バックアップ作業が終わるまで待ちます。
    CopyTrans TuneSwiftでiTunesライブラリをバックアップ中

  6. バックアップ作業が完了した後、正常にバックアップがされたかどうか確認画面がでますので、「はい」をクリックします。
    iTunesバックアップファイルを確認

  7. バックアップされたiTunesライブラリが「iTunesBackup.tsw」ファイルで圧縮されます。ライブラリの大きさによってファイルが複数作成されます。
    CopyTrans TuneSwiftでバックアップされたiTunesライブラリファイルを表示

By fumi

iPhoneのデータ管理ソフトCopyTransの日本部門を担当しています。主な業務はマーケティング、使っているのはiPhone 5s(スペースグレイ)です。弊社ソフト、iPhone情報の他、たまにセキュリティなどの長めの記事を投稿することも。