iTunesをインストールできないときの対策

iTunesをインストールできないときの対策

1 評2 価3 価4 価5 価 (2 の投票、平均: 5.00 / 5)

多くのiPhoneユーザーは、iTunesをWindowsパソコンでインストールしようとすると、iTunesをインストールできないというエラーに直面します。問題を解決されないときは、この記事の対処法を順々に試してみてください。以下にiTunesをインストールできないときの対策とiTunesの代替を紹介します。

iTunesをインストールできないときの簡単な対策

1. iTunesのインストール手順を確認

最初はiTunesのインストール方法を確認しましょう。そうするため、以下の手順に従ってiTunesをインストールしてください。

  1. iTunesが実行されていたら、終了しておきます。
  2. iTunesヘルパーを無効にします。無効にする方法は「どうやってipodとitunesの自動同期を防げますか」という記事を参考してください。
  3. iTunesヘルパーを無効にする

  4. Appleデバイスがパソコンに接続していたら、接続を外します。
  5. Windowsのバージョンは 64-bit か 32-bit か確認し、iTunesの対応のバージョンをダウンロードします。Apple公式サイトではWindowsのバージョンが自動的に認識されます。
  6. iTunesをダウンロード

  7. iTunesのインストーラをパソコンのドライブに保存します。
  8. iTunesのインストーラを右クリックし、「管理者として実行」を選択します。そしてプログラムをインストールします。

2. Windowsをアップデート

iTunesをインストールするには、Windowsをアップデートする必要がある場合があります。Windowsのバージョンを確認するため、「スタート」→「設定」を選択し、「更新とセキュリティ」をクリックします。更新とセキュリティ

Windowsのバージョンは最新だったら、「最新の状態です」というメッセージが表示されます。Windowsは最新の状態

そうでなければ、アップデートのインストールが必要です。Windowsはアップデートが必要

3. iTunesの最新バージョンをダウンロード

iTunesを問題なしにインストールするには、最新版をダウンロードするのが必要です。

iTunesの最新バージョンをApple公式サイトからダウンロードできます。

Windows10の場合はマイクロソフトストア版も利用できます。

4. パソコンを再起動

何か問題が起こったとき、先ずはPCの再起動を試してください。単純な対処法ですが、ある状況で役に立つ行為です。パソコンを再起動するには、「スタート」→「 電源 」→「再起動」の順にクリックします。パソコンを再起動

5. セキュリティソフトを一時的に無効又はアンインストール

iTunesのインストールが失敗する場合、アンチウィルスを無効にするのを試してください。詳細は、「iTunes for Windows と他社製セキュリティソフトウェアとの問題を解決する」というApple社の記事を参照してください。

6. 旧バージョンのiTunesをインストール

Windows XPやVistaの場合は最新のiTunesを使用できません。Apple社がiTunes12.2をリリースした後、Windows XPやVistaのサポートをやめました。古いWindowsでiTunesを使用するには、旧バージョンのiTunesをインストールしてください。iTunes for Windows 12.1.3 (32 ビット)をAppleサイトからダウンロードできます。

iTunesインストール中にエラーが発生するときの対処法

Windows PCにiTunesをインストールするときに以下のようなエラーメッセージが表示される場合があります。

「iTunesの準備が完了する前にインストーラでエラーが発生しました」

その時の対策を以下に紹介します。

1. iTunesを修復

ダウンロードしたiTunesインストーラ を右クリックし、「管理者として実行」を選択します。iTunesを以前にインストールしたことがあったら、iTunesを修復するオプションが表示されます。

iTunesを修復

修復が終わったら、パソコンを再起動し、iTunesを起動してください。

2. Apple関連プログラムを削除

iTunes をインストールまたは修復できない場合は、前回iTunesをインストールしたときから残っているコンポーネントを削除してから、再インストールした方がよい可能性があります。

Appleのソフトを削除するため、CopyTrans Drivers Installerを使えます。CopyTrans Drivers InstallerはAppleソフトを削除したり、iOSドライバーをインストールしたりする無料のプログラムです。詳細な手順は、「iTunesと関連するAppleのソフトを完全にアンインストールする方法」を参考してください。

3. パソコンに管理者としてログイン

ある場合には管理者に切り替えたら、iTunesをインストールできない問題を解決できます。

Windowsでアカウントを切り替える方法:

4. iTunesをインストール中にMSIサービスエラーが発生するときの対策

以下のようなエラーメッセージが出たときの対処法は、「ドライバインストール中にMSIサービスエラーが出たときの対処法」という記事を参照してください。

  • 「MSIサービスが深刻なエラーに遭遇しました。」
  • 「Windows インストーラ サービスにアクセスできませんでした。」
  • 「エラー 1603:インストール中に致命的なエラーが発生しました」

iTunesの代替を使う

すべての対策を試してもiTunesをインストールできなかったら、iTunesの代替を試せます。CopyTransのプログラムを使用してiTunesなしにiPhone及びiPadを管理できます。

  • iTunesなしでiPhoneが認識するため、CopyTrans Drivers Installerを使ってiOSドライバーをインストールしてください。もっと詳しい詳細は、「iTunesをインストールせずに、iPod Touch、iPhoneとiPadドライバのインストール」という記事を参考してください。
  • iPhoneに音楽を取り込むには、無料のプログラムCopyTrans Managerを使えます。CopyTrans Managerは同期しないでiPhoneに音楽やプレイリストを追加することができます。
    CopyTrans Managerをダウンロード
  • CopyTrans ManagerでiPhoneに音楽を入れる

  • iPhoneの音楽をパソコンに転送するには、CopyTransというプログラムを使用できます。CopyTransはiPhone・iPodの音楽をアルバム・アーティストごとにパソコンにバックアップします。iTunesと違って購入した項目だけでなく、全ての曲をワンクリックでPCに転送できます。
    CopyTransをダウンロード
  • CopyTransで一括してiPodの曲の取り出し

まとめ

iTunesをインストールできないときは以上の対策を試してみることができます。しかし時々不明な原因でiTunesをインストールされない場合があります。

それにiTunesをインストールしても、ユーザーはiTunesの様々な不便な点と制限に直面します。それを避けるためにCopyTransソフトを使えます。

CopyTransソフトを使えば、音楽、写真、連絡先などをパソコンとiPhone間で双方転送したり、iPhoneのデータをバックアップ・復元したり、iCloud写真とバックアップをダウンロードしたりできます。

CopyTransソフトをダウンロード

CopyTrans Control Centerのインターフェース

Avatar for Ksenia

By Ksenia

CopyTransの日本部門を担当しているクセニアと申します。趣味は旅行とアクロヨガです。ご不明点がありましたらサポート copytrans@copytrans.jp までお知らせください。