消えたボイスメモを復元する

削除したボイスメモを復元する【方法のまとめ】4選

1 評2 価3 価4 価5 価 (1 の投票、平均: 5.00 / 5)

iPhoneの録音を誤って削除してしまったり、またはiPhoneの破損、紛失のせいで、データが失われる可能性があります。

こちらの記事ではiPhoneから削除したボイスメモを復元する4つの方法を紹介します:

  1. 【バックアップなし】削除したボイスメモを「最近削除した項目」から復元
  2. 【iTunesなし】バックアップからiPhoneにボイスメモを復元
  3.  iTunesでボイスメモを含むバックアップを復元
  4. 【iOS 14以前】消えたボイスメモをバックアップから復活

削除したボイスメモを「最近削除した項目」から復元

デバイスからボイスメモを削除すると、削除したボイスメモがすぐに消えるのではなく、「最近削除した項目」というフォルダに移動されます。たとえ意図せずに重要な録音を削除したとしても、30日以内であればその録音を復元できます。

最近削除した項目の保存期間を確認しましょう。

「設定」>「ボイスメモ」>「削除したものを消去」の順にタップして、確認できます。デフォルトで「30日後」が設定していますが、そこで変更することができます。

最近削除したボイスメモの保存期間を確認

  1. ボイスメモのアプリを開きます。フォルダの表示に移動し、「最近削除した項目」をタップします。
  2. ボイスメモのアプリで「最近削除した項目」を開く

  3. 右上にある「編集」をタップし、復元したい項目を選択してから、「復元」をタップします。
  4. 最近削除した項目から復元させたい録音を選択して復元する

  5. そして「○○件の録音を復元」をタップして、復元を確認します。
  6. 最近削除した録音の復元を確認する

  7. ボイスメモがすぐに「すべての録音」に移されます!

「最近削除した項目」には、必要な録音がない場合には、以下の方法で復元してみることができます。

バックアップからiPhoneにボイスメモを復元

利点
iTunesバックアップに対応
バックアップからボイスメモをiPhoneに復旧
ボイスメモのみを復元可能
機種変更時に使用可能
欠点
ボイスメモアプリ内の録音がバックアップの録音に上書きされる

ボイスメモをバックアップからiPhoneに復元させたい場合に、CopyTrans Shelbeeを使えます。CopyTrans ShelbeeはiTunesと違ってバックアップのデータを個別に復元できます。つまり写真や、メッセージや、カレンダーなどのデータを上書きせずに録音をiPhoneに復元できます。

  1. CopyTrans Shelbeeをこちらからダウンロードし、パソコンにインストールします。
  2. CopyTrans Shelbeeをダウンロード
  3. プログラムを実行し、iPhoneをPCに接続します。
  4. 「選択して復元」を選択し、画面の指示に従います。
  5. CopyTrans Shelbeeで選択して復元

  6. アプリのリストから「ボイスメモ」を選択します。
  7. CopyTrans Shelbeeで削除したボイスメモを個別に復元する

  8. 詳細な手順は、「iPhoneのアプリを個別に復元」をご参照ください。
  9.  

これでiPhoneにボイスメモを復元されました。

iTunesでボイスメモを含むバックアップを復元

利点
無料
欠点
iPhoneのすべてのデータがバックアップのデータに上書きされる
復元中にエラーが発生する場合が多い

iTunesでバックアップを復元すると、iPhoneの現在のデータはすべて上書きされます。したがってこの方法をおすすめできません。もし、それでもiTunesで完全復元をしたい場合は、まずは一部のiPhoneのデータ(写真、音楽、ファイルなど)をPCにバックアップした方が賢明です。詳細:iPhoneのデータを個別にバックアップ

  1. iTunesをAppleの公式サイトからダウンロードして、開きます。
  2. iPhoneを接続して、デバイスのアイコンをクリックします。
  3. iTunesでデバイスのアイコンをクリックする

  4. iPhoneの概要で「バックアップを復元」をクリックします。
  5. iTunesでボイスメモを含むバックアップを復元する

  6. 作業が完了すると、iPhoneのボイスメモが復元されます。

最近のデータを失いたくない方にはやはりCopyTrans Shelbeeを使うことをお勧めします。

【iOS 14以前】消えたボイスメモをバックアップから復活

利点
iPhoneのデータを上書きしない
iCloud&iTunesバックアップに対応
バックアップからボイスメモをパソコンに取り出す
バックアップが不完全か壊れている場合でも、復活できる可能性がある
自動的にバックアップを探す
欠点
iOS 15以降のバックアップからボイスメモを抽出できない
復元した録音をiPhoneのボイスメモアプリに取り戻せない

ボイスメモが急に消えたときや、意図せずに重要な録音を削除してしまったときなど、バックアップから取り出すことができます。それにはCopyTrans Backup Extractorを使えます。

CopyTrans Backup Extractorは、iTunesやiCloudのバックアップからデータをPCに抽出するプログラムです。CopyTrans Backup ExtractorはiTunes及びiCloudと違ってiPhoneにあるデータを上書きしません。

  1. プログラムをこちらからダウンロードし、パソコンにインストールします。
  2. CopyTrans Backup Extractorをダウンロード
  3. プログラムを実行し、バックアップの検索を開始します。iCloudのバックアップからボイスメモを取り出すため、Apple IDでiCloudにログインする必要があります。
  4. iPhoneバックアップを検索

  5. 必要なバックアップを選択します。
  6. CopyTrans Backup Extractorでダウンロードしたいバックアップを選択

  7. そしたらボイスメモにチェックを入れ、データの抽出を開始します。詳細な手順は、バックアップからiPhoneのデータを取り出す方法を見てください。
  8. iPhoneのボイスメモをパックアップから取り出す

  9. これで簡単に消えてしまった録音をPCに復元できます。

この方法で消えたiPhoneの録音をiTunes又はiCloudのバックアップからだけでなく、CopyTrans Shelbeeのバックアップからも復活できます。

iPhone上のボイスメモを上書きしたくない場合や、バックアップをiPhoneに復元できない場合、こちらの方法はおすすめです!

さいごに

iPhoneのボイスメモを間違って削除してしまった場合や、突然にボイスメモが消えた場合には、最初に「最近削除した項目」のフォルダをチェックしてください。

録音が「最近削除した項目」からも削除された場合:

CopyTrans ShelbeeでiTunesバックアップからiPhoneに直接に復元できます。

iTunesでバックアップの完全復元も行えますが、iPhoneのデータの上書きに注意してください。

iOS 14以前のバックアップの場合、CopyTrans Backup ExtractorでiTunesまたはiCloudのバックアップから録音をパソコンに取り出せます。

Avatar for Xenia
作者: Xenia

CopyTransの日本部門を担当しているクセニアと申します。iPhone 11 Pro ミッドナイトグリーンを使用しています。ご不明点がありましたらサポート copytrans@copytrans.jp までお知らせください。