1 評2 価3 価4 価5 価 (98 の投票、平均: 3.27 のうち 5)

CopyTrans PhotoはiTunesを介することなく、PCやデジタルカメラの写真をiPadやiPhoneにドラッグ&ドロップで簡単に転送することができます。アルバムごとiPhoneやiPadにドラッグ&ドロップすることもできます。

パソコンからiPadやiPhoneへ写真を転送

  1. CopyTrans Photoを以下からダウンロードします。インストールする方法はこちらにあります。

    パソコンからiPadへ写真を転送

  2. プログラムを起動し、iPad、iPhoneを接続します。

  3. 画面左側にデバイスの写真が、右側にはPC内の写真が表示されます。
    CopyTrans PhotoでデバイスとPCの写真を表示

  4. 写真を転送するデバイス側のアルバムを選択するか、新規に作成します。CopyTrans PhotoでiPhone上写真アルバムを作成

  5. 右側のPCの写真フォルダやフォルダ内の写真をドラッグし、左側のデバイス内にドロップします。
    パソコンからiPhoneに写真をドラッグ&ドロップで追加

    PC内にあるフォルダごとドラッグ&ドロップすることもできます。
    パソコンから写真のフォルダ全体をiPhoneに転送

  6. 画面左上にある「変更を適用」ボタンを押して、変更を確定します。
    CopyTrans Photoで変更を適用

これでパソコンやデジタルカメラの写真がiPadにコピーされます。

iTunesでパソコンの写真フォルダをiPhoneと同期

iTunesを使って、CopyTrans PhotoのようにパソコンからiPhoneやiPadに写真を追加できません。写真フォルダ一覧からフォルダを選択し、iPhoneと同期する必要があります。

  1. iTunesを起動し、デバイスのアイコンをクリックします。
    iTunesでデバイスアイコンをクリック

  2. 概要の欄で「写真」をクリックします。「写真を同期」をチェックします。

  3. 「選択したフォルダ―」のオプションを選択します。その後、「フォルダ」欄でiPhone・iPadと同期したい写真フォルダを選択します。
    iTunesでiTunesと写真を同期

iTunesで写真フォルダの内容をプレビューできないし、iPhoneから写真もバックアップできません。iTunesよりもCopyTrans Photoをおすすめします。

  

michiko

By michiko

iPhone・iPod・iPadのデータを管理するソフトを開発するWindSolutionsで日本部門を担当しています。iPhoneに関する記事を中心にCopyTransソフトのアップデート情報もお伝えしています。iPhoneに関してここが知りたいなどリクエストがありましたらコメント欄からお知らせください。