iTunesなしでPCからiPhoneに写真を入れる9つの方法

1 評2 価3 価4 価5 価 (31 の投票、平均: 3.71 / 5)

iPhoneの写真をパソコンにバックアップする方法はたくさんありますが、逆に、写真をiPhoneまたはiPadに追加するには、どうすればいいのでしょうか。

最初に思い付くのはきっとiTunesでしょう。iTunes経由で写真を入れると、iPhoneフォトライブラリ内の既存の写真が一旦すべて削除され、毎回フォトライブラリ全体が上書きされます。そのため、単に新しい写真をインポートできません。

それは面倒くさいと思いませんか?

実際に、iTunesを使わないで、パソコンからiPadやiPhoneに写真を移動する方法があります。以下で8つの方法を紹介します。

CopyTrans PhotoでiPhoneの写真をパソコンに保存

CopyTrans PhotoでパソコンからiPhoneに写真を移動

 

利点:

 クラウドアカウントにログインなし、安全にiPhoneに写真を送る
 写真の転送だけでなく、iPhone上での写真やアルバムを管理可能
 iPhone上の全ての写真をパソコンに1つのクリックでバックアップ
 CopyTrans PhotoはHEICの写真に完全対応

クラウドに個人のデータをアップロードせずに、個々の写真またはすべてのアルバムをパソコンからiPhoneにコピーする場合は、CopyTrans Photoはおすすめです。このプログラムでは、iPhone、iPad、Windows パソコン間で写真やビデオをコピーすることができます。

CopyTrans Photoを使えば写真の転送だけでなく、iPhone上で写真やアルバムを簡単に管理できます:

  • アルバムを作成・削除
  • 不要な写真や動画を削除
  • アルバム内の写真を整理
  • HEICの写真を閲覧・JPEGに変換
  • iPhoneの動画を再生

CopyTrans Photoを使って写真をPCからiPhoneに転送する手順:

  1. まず、CopyTrans Photoをインストールします。
  2. CopyTrans Photoをダウンロード

  3. プログラムを起動してiPhoneを接続します。
  4. 追加したい画像を右のパソコン側から左のiPhone側にドラッグアンドドロップします。
  5. そしたら「変更を適用」を押します。これだけ!

CopyTrans Photoで写真をiPhoneに追加

CopyTrans Cloudly

 

CopyTrans Cloudlyで写真をiPhoneに移行

 

iTunesなしでPCにある写真をiPhoneに移動するにはCopyTrans Cloudlyはお勧めです。CopyTrans Cloudlyを使って、iCloudに写真をアップロードすれば、 iPhoneにもこの写真にアクセスできます。

  1. CopyTrans Cloudlyをこちらからダウンロードし、インストールしてください。

    CopyTransCloudlyをダウンロード
  2. CopyTrans Cloudlyのメイン画面で「アップロード」をクリックしてください。CopyTrans Cloudlyのメイン画面
  3. パソコンでアップロードしたい写真を選んでください。
  4. 写真のアップロードを完了するまでにお待ちください。

これで復元がiCloudにアップロードされました。すべてのiOSデバイスまたは、iCloudウェブサイトでこちら写真にアクセスできます。

iCloudから写真をダウンロード

 

iCloudを使って写真をiPhoneに入れる

 

欠点:

デバイス上で写真を削除しても、しばらくの間Appleサーバーから削除されない
iCloudで作成したアルバムをデバイス上で表示するため、全てのアルバムと同期する必要がある
無料で利用できるストレージ容量は5GBまで
iCloud写真を無効にして、しばらくしてから再度有効にすると、iTunesまたは他のプログラムで追加した写真が削除される

iCloudにログインし、写真タブを選択し、iCloudと同期している画像や写真をすぐに表示します。 iCloudに写真をアップロードするには、右上にある雲アイコンをクリックし、写真を選択し、追加します。

icloud.comで写真を追加

デバイス上、iCloudフォトライブラリを有効にした場合、アップロードした写真はすぐにiPhoneの写真アプリに表示されます。iCloudフォトライブラリを「設定」>「Apple ID」>「iCloud」>「写真」で有効化できます。

iCloudに追加した写真を一括してダウンロード・削除するにはCopyTrans Cloudlyを利用してください。

ラインアプリのアイコン

 

LINEデスクトップ版からiPhoneに写真を転送

 

LINEデスクトップ版はパソコンからiPhoneに写真、動画や書類を転送したい場合、便利ですが、移した写真をデバイスに保存するには、いつかのステップが必要です。

まず、LINEデスクトップ版を起動します。

LINEデスクトップ版で写真をアップロード

トークを選択して、クリップアイコンをクリックします。写真を選択し、送信します。

その後、iPhone用LINEアプリを起動し、転送した写真をタップし、右下にある矢印アイコンをクリックします。これで写真をiPhoneのカメラロールに保存できます。

LINEデスクトップ版経由で写真を追加し、iPhoneに保存

GoogleドライブにiPhoneの写真を保存

 

Googleドライブから写真をインポート

 

Googleアカウントをお持ちでしたら、Googleドライブで15GBのストレージを取得できます。パソコンからGoogleドライブのフォルダまたはGoogleドライブのサイトに写真を追加し、iOSアプリからカメラロールに保存できます。写真を開き、長押しすると、「カメラロールに保存」のメッセージが出ます。「OK」をクリックします。

GoogleDrive

GoogleドライブにiPhoneの写真を保存

 

Googleフォトで写真や動画を転送

 

もうひとつの方法は、Googleドライバーの代わりにGoogleフォトを使うことです。特徴は、iPhoneでGoogleフォトのアプリをインストールすることは可能です。

パソコンに保存されている写真をオンラインのGoogleフォトに移動し、どこでもいつでも楽に好きな写真を見ることは可能です。簡単でで使用安い方法なので、とても役に立てると思います。

    次は、Googleフォトを使って、写真をiPhoneに転送する方法を説明します。

  1. パソコンでGoogleフォトを開きます。

  2. 移動したい写真を選択し、追加します。

  3. Google Photoで写真を追加

  4. 写真がGoogleフォトに転送されました。

  5. Google Photoで追加された写真

  6. iPhoneまたはiPadでGoogleフォトアプリをAppSotreからインストールし、開きます。

  7. パソコンから転送した写真を簡単にアクセスできます!

  8. Google Photoアプリ

  9. デバイスに保存したい場合、「端末に保存」をタップします。

    1. DropboxにiPhoneの写真を移動

       

      Dropbox経由で写真をiPhoneに移す

       

      Dropboxをパソコン上にインストールしたり、dropbox.comからアクセスしたりできますので、とても便利です。ログインし、フォルダを作成し、パソコンから写真をアップロードします。これらの写真は、iPhoneのDropboxアプリで見ることができます。写真を開き、長押しすると、「カメラロールに保存」のオプションが出ます。ここで「カメラロールに保存」をタップします。

      Dropboxから写真をiPhoneに保存

      Dropbox・Googleドライブの欠点

      残念ながら、Dropbox・Googleドライブでは個々の写真のみをアップロードすることはできますが、フォルダ丸ごとをインポートすることはできません。
      Googleドライブにアップロードした写真はiPhoneのデフォルトの写真アプリに保存されず、Googleドライブのアプリに保存されるため、それらの写真を編集することはできません。
      iPhoneに写真を一つずつしか保存できません。
      画質が悪くなることがあります。
      Dropboxは無料ストレージを2GBしか提供していません。

      USBメモリにiPhoneの写真を移動

       

      iPhoneで使えるUSBメモリーを使用

       

      インターネットに接続なしでPCとiPhoneの間でデータを交換できるUSBメモリを便利するのをお勧めします。

      こちらの方法を従ったら、PCまたはiPhoneのインターネットに接続なしで写真を転送できます。インタネットにせつぞくできないばあいもよくあるので、とても役に立てる方法だと思います。

      PCのデータをiPhoneで頻繁に使用する場合は、Lightning用のUSBメモリの購入を検討することをお勧めします。

      USBメモリ

      iPhoneで使用できるUSBの価格は容量によって異なりますが、必ずAppleの公式ライセンス「MFi(Made For iPhone / iPad / iPod)」の認定を受けた製品をご購入ください。

      Lightning用のUSBメモリをご購入するには、こちらのサイトをお勧めします:

      iPhoneの写真をメールで送信

       

      iPhoneに写真をメールにて送信

       

      メールサービス自体は多いですが、基本的にどれを使っても操作は似ています。

      写真を選択し、メールに添付します。「自分」にメールを送信または下書きに保存します。iPhone用Gmailアプリ(保存したい写真をタップして、ダウンロードアイコンをクリック)からカメラロールに保存します。

      Gmail経由で写真をiPhoneに追加

      メールの欠点

      送った写真を一括してダウンロードできません。写真を一つずつiPhoneに保存しなければなりません。
      メールのサイズの制限のため、大量の写真を転送するのが不可能です。Gmailを使って25MBしか送れません。


       

Avatar for Julia

By Julia

CopyTransの日本部門を担当しています。CopyTransのプログラムに関してご遠慮なくcopytrans@copytrans.jpまでお問い合わせください。大好きな本は森見登美彦の『ペンギン・ハイウェイ』です。ビデオゲームに深い興味があります。