1 評2 価3 価4 価5 価 (42 の投票、平均: 3.40 のうち 5)

iTunesやiCloudを使ってiPhoneをバックアップ、復元した際に連絡先のみ復元できなかったという事例がインターネット上で報告されています。また弊社サポートにもCopyTrans Shelbeeを使ってiPhoneをバックアップ、復元した際に連絡先のみ復元できなかったというお問い合わせがありました。詳細を調べてみると多くの場合”au”のiPhoneであることが分かりました。

“au”のiPhoneの連絡先がバックアップに含まれない理由は、iPhoneの連絡先がauのサーバーに保存され、iPhone内には保存されていないからです。
この場合には以下の手順でiPhoneの連絡先バックアップ、リストアすることができます。

すでにiTunesやiCloud、CopyTrans Shelbeeで連絡先以外のデータを移行なさっている方は以下のステップを行って下さい。

au版iPhoneの連絡先をバックアップ

CopyTrans ContactsはiPhoneに表示されている連絡先を全てバックアップします。確実にバックアップしたいときにはこの方法をお勧めします。

  1. CopyTrans Contactsをこちらからダウンロードしてください:
    iPhoneの電話帳をバックアップ 

  2. プログラムをインストールします。インストール方法についてはこちらの記事をご覧ください。

  3. CopyTrans Contactsを起動し、iPhoneを接続します。iPhoneの連絡先がメイン画面に表示されます。
    CopyTrans Contactsメイン画面
    もし以前iTunesのバックアップを暗号化している場合には、CopyTrans ContactsがiPhoneのクラウド同期している連絡先を読み込むのにiTunesバックアップのパスワードが必要になります。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

  4. バックアップしたい連絡先を選択し、「選択した項目をエクスポート」ボタンを押してください。全てを選択するには「連絡先」の横にチェックを入れます。
    バックアップする連絡先を選択

  5. バックアップのファイル形式を選択します。ここでは「アドレス帳を保存」を選択します。
    バックアップオプションを選択

  6. ファイルを保存したい場所を選んで「OK」をクリック。
    バックアップファイルの参照

  7. これでiPhoneの連絡先がvCard形式でPC内に保存されます。
    PCに保存された連絡先

auのiPhoneの連絡先を復元

  1. 古いiPhoneを取り外し、新しいiPhoneを接続し、「連絡先をインポート」をクリックします。
    連絡先をインポート

  2. 「ファイルから」を選択
    PCに保存した連絡先を選択

  3. あらかじめPCに保存した連絡先を選択し、「開く」をクリックします。
    連絡先をiPhoneにインポート

  4. これで全ての連絡先がiPhoneにインポートされます。
    iPhoneへ連絡先のインポート完了

この方法だと連絡先が確実に移行できます。
もしも他のデータを移行していない場合には下記の関連記事を参考にCopyTrans Shelbeeで古いiPhoneをバックアップ、新しいiPhoneに復元してください。

michiko

By michiko

iPhone・iPod・iPadのデータを管理するソフトを開発するWindSolutionsで日本部門を担当しています。iPhoneに関する記事を中心にCopyTransソフトのアップデート情報もお伝えしています。iPhoneに関してここが知りたいなどリクエストがありましたらコメント欄からお知らせください。