1 評2 価3 価4 価5 価 (56 の投票、平均: 3.52 のうち 5)

iPhoneやiPadで撮影した画像をPCまたは外付けハードドライブやUSBキー上に保存するとどこにでも持ち運べ、プレゼンなどのビジネスでも役立ちます。ここではCopyTrans Photoを使ってiPhoneやiPadの写真を簡単にUSBメモリまたは外付けハードドライブに転送する方法をご紹介しています。

iPhoneからUSBスティックまたは外付けハードドライブに画像を転送する方法

  1. パソコンにCopyTrans Photoをインストールしていない場合にはこちらからダウンロードします:
    iPhoneからUSBに画像を転送

  2. プログラムをインストールします。インストールする方法はこちらにあります。

  3. プログラムを起動し、iPhone、iPadまたはiPod Touchを接続します。左側にiPhoneやiPadの写真、右側にPCの写真が表示されます。
    CopyTrans Photoメイン画面

  4. CopyTrans Photo左上のエクスプローラービューで、コンピューターUSBメモリまたは外付けハードドライブを参照してください。
    PC側でUSBメモリを参照

  5. コピーする写真を選択します。複数選択する場合にはコントロールキーを押しながらクリックします。
    写真を選択
    ヒント:iPhoneまたはiPadの画像とアルバム全てをバックアップしたい場合には、「フルバックアップ」ボタンを押してください。詳細はこちらの記事をご覧ください。

  6. この状態でiPhoneの写真をドラッグ&ドロップでUSBメモリや外付けHDDにコピーすることができます。
    写真をPCにドラッグ&ドロップ
    ヒント: アルバムごとドラッグ&ドロップすることもできます。
    アルバムごとコピー

  7. 「変更を適用」ボタンを押して確定します。
    変更を適用

  8. 確認画面が出るので、「はい」を押します。
    確認画面

  9. これでiPhoneやiPadの写真を他のパソコンで表示したり、プレゼン資料としてどこででも利用できます。
    USBメモリに保存された写真

現在、CopyTrans PhotoはAppleの最新フォトフォーマット(HEIC、HEVCという)の対応改善中です。対応の件に関する質問等ございましたら弊社サポート(copytrans@copytrans.jp)までお問い合わせ下さい。

michiko

By michiko

iPhone・iPod・iPadのデータを管理するソフトを開発するWindSolutionsで日本部門を担当しています。iPhoneに関する記事を中心にCopyTransソフトのアップデート情報もお伝えしています。iPhoneに関してここが知りたいなどリクエストがありましたらコメント欄からお知らせください。