iOSをアップデートできないときの対処法

iPhoneをアップデートできないときの対策

1 評2 価3 価4 価5 価 (3 の投票、平均: 5.00 / 5)

最新のiOSにアップデートすると、新機能を楽しめるようになります。また新バージョンでは旧バージョンの不具合やセキュリティ上の問題が修正されます。それでiOSを定期的にアップデートすることはおすすめです。

ただしiPhoneをアップデートできない場合があります。「アップデートをダウンロードするときにエラーで失敗した」、「インストールが進まない」と悩んでいる方はいます。アップデートは簡単な作業と思ったのに、何時間も過ごしても最新のiOSをインストールできないなんて面倒ですよね。

本記事ではiOSをアップデートできないときの対処法と、注意すべきことを紹介します。

iPhoneをアップデートするときに注意すべきこと

iOSをアップデートする前にiPhoneを準備することをおすすめします。下記のことを確認すれば、多くの場合はiOSアップデートの失敗を避けることができます。

確認すべきこと

1.iOSに対応するデバイスの機種を確認

古いデバイスに最新のiOSをインストールできない場合があるので、アップデートする前にiOSに対応するデバイスの機種を確認しておきましょう。

最新のiOS 13に対応するデバイス機種は下記の通りです。

  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro (Max)
  • iPhone XS (Max)
  • iPhone XR
  • iPhone X
  • iPhone 8 (Plus)
  • iPhone 7 (Plus)
  • iPhone 6s(Plus)
  • iPhone SE(第1世代)
  • iPhone SE(第2世代)
  • iPod touch(第7世代)

最新のiPadOS 13に対応するデバイス機種は下記の通りです。

  • 12.9インチiPad Pro(第4世代)
  • 11インチiPad Pro(第2世代)
  • 12.9インチiPad Pro(第3世代)
  • 11インチiPad Pro(第1世代)
  • 12.9インチiPad Pro(第2世代)
  • 12.9インチiPad Pro(第1世代)
  • 10.5インチiPad Pro
  • 9.7インチiPad Pro
  • iPad(第7世代)
  • iPad(第6世代)
  • iPad(第5世代)
  • iPad mini(第5世代)
  • iPad mini 4
  • iPad Air(第3世代)
  • iPad Air 2

その他の機種に最新のiOSをインストールのが不可能なので、「ソフトウェア・アップデート」でアップデートをダウンロードできません。

2.ネットワークを確認

iPhoneをアップデートするには安定なインターネット接続が要ります。モバイル通信よりWi-Fiネットワークの方が速度が高くて、安定です。アップデートする前にWi-Fiの接続を確認しましょう。モバイル通信をオンにする

  1. 「設定」>「Wi-Fi」の順にタップして、Wi-Fiがオンになっていることを確認します。無効である場合はオンにします。iPhoneのWi-Fiをオンにする
  2. そして接続したいネットワークを選択し、パスワードを入力します。そうすると「接続」をタップします。iPhoneでWi-Fiネットワークに接続

3.バッテリーの状態を確認

最新のiOSをインストールするには十分な電源が必要なので、アップデートをインストール前にデバイスを充電しておきましょう。最低でも50%~60%まで充電するのが必要です。

4.十分の空き容量を確保

iPhoneをアップデートするためiPhoneストレージには特定な容量を空ける必要があります。アップデートの容量を確認するには、「設定」>「一般」>「ソフトウェア・アップデート」という順に進んでください。アップデートのサイズを確認

iPhoneの空き容量を確認するには、「設定」>「一般」>「iPhoneストレージ」の順にタップしてください。iPhone上ストレージ使用容量を確認

空き容量が少なかったら、不要なデータを削除してください。容量を増やす方法は「iPhoneの容量を空ける方法」を参考してください。

5.バックアップ

iPhoneのアップデートが失敗すれば、データを紛失する恐れがあります。またiPhoneのアップデートが成功した場合にも、一部のデータが消えたという悩みをユーザーから受けました。だからアップデートを実行する前にiPhoneのデータをパソコンにバックアップしておきましょう。

iPhoneのデータをバックアップするためCopyTrans Shelbeeを使えます。CopyTrans ShelbeeはiPhoneをバックアップ・復元する便利なツールです。このプログラムを使って完全な復元だけでなく、個別の復元も行えます。

  1. CopyTrans Shelbeeをこちらからダウンロードして、パソコンにインストールします。
    CopyTrans Shelbeeをダウンロード
  2. プログラムを実行し、iPhoneを接続します。
  3. バックアップの作業を行います。詳細な手順は「iPhoneやiPadをバックアップ・復元する方法」という記事を参考してください。

CoyTrans Shelbeeでバックアップ

アップデートの後一部のデータが消えるとしても、簡単にiPhoneに取り戻せるので、安心してアップデートをインストールできるようになります。

6.iPhoneのソフトウェア・アップデートのやり方を確認

iPhoneをアップデートできない場合、対策に進む前にアップデートのやり方が正しいかを確認してください。

  • iPhoneをOTA (Over The Air)でアップデート

    iPhoneのiOSをワイヤレスでアップデートするには、iPhoneの設定アプリを開き、「一般」>「ソフトウェア・アップデート」で「ダウンロードしてインストール」をタップします。そしてアップデートのダウンロードが完了するまで待ちます。iOSアップデートをダウンロードしてインストール

    そしたら「今すぐインストール」を選択します。iOSのアップデートを今すぐインストール

  • iTunesを使ってiPhoneをアップデート

    ソフトウェア・アップデートをiTunes経由でインストールできます。そうするにはiTunesを起動し、iPhoneをUSBで接続します。デバイスのアイコンをクリックして、「アップデート」を選択します。iTunesを使ってiPhoneを更新

    以下のような報告がでたら「アップデート」をクリックします。iTunesでiPhoneのアップデートを確認

以上の手順に従ってもアップデートが失敗する場合、以下の対策に進んでください。

iPhoneをアップデートできないときの対策

iPhoneをアップデートできない問題は様々の原因で発生します。主な原因はアップデートの途中でエラーが発生することと、アップデートの時間が長すぎることです。

アップデートが失敗したら、先ずはAppleの「システム状況」ページでAppleのサーバーの状況を確認してください。たまにAppleのサーバーがメンテナンスや、不具合などの原因で動作しません。それで次の対策に進む前に問題がApple社の側ではないかと確認することはおすすめです。Appleのシステム状況

黄色のマークが付いたサービスがある場合は、Appleサーバーで問題が発生したということです。詳細を見るにはそのサービスをタップしてください。

Appleのサーバーの問題であれば、待つしかありません。

iOSのダウンロード・インストール中にエラーが起きたときの対策

下記のようなエラーが出たらiPhoneをアップデートすることが不可能になります。

iOSのダウンロード中にエラーが起きました「ソフトウェアをアップデートできませんでした。iOSのダウンロード中にエラーが起きました。」

iOSのインストールでエラーが起きました「アップデートをインストールできません。iOSのインストールでエラーが起きました。」

ダウンロードまたはインストール中のエラーの主な原因:

  • iOSをダウンロードするには空き容量が足りない
  • ダウンロードに時間がかかりすぎる
  • アップデートのファイルが壊れている
  • Wi-Fi接続が不安定
  • iPhoneはアップデートのサーバーに接続できない

問題を解決するには以下の対処法を試せます。アップデートをダウンロードする前にiPhoneのバックアップを作成することを忘れないようにしてください。

1.エラーメッセージを閉じて再試行

たまにエラーメッセージを閉じてアップデートを再度実行するだけで問題を解決できます。

2.iPhoneを再起動

iPhoneを再起動

再起動の作業を試します。詳細な手順は「再起動する方法」についての記事を参照してください。

3.Wi-Fiを一時的に無効にする

Wi-Fiの機能を再起動するには「設定」>「Wi-Fi」でWi-Fiを無効にして30秒ほど待っていて、有効にします。iPhoneのWi-Fiをオンにする

もう一つのWi-Fiをオフにする方法は設定で機内モードを一時的にオンにすることです。そうするには設定アプリで「機内モード」を有効にします。iPhone設定で機内モードを有効にする

4.公共のWi-Fiを利用しない

公共のWi-Fiネットワークの場合あるいは職場などの制限のあるWi-Fiネットワークの場合は、別のWi-Fiネットワークに接続します。またはWi-Fiの機能を無効にして代わりにモバイル通信を使用します。

そうするには「設定」>「Wi-Fi」でWi-Fi接続をオフにし、「設定」>「モバイル通信」で「モバイルデータ通信」をオンにします。モバイル通信をオンにする

5.数時間を待っていて再試行

Appleの側の問題の場合や、一時的なインターネット接続問題の場合はしばらく待っていて再試行したら、無事にiOSをアップデートできる可能性があります。

6.iPhoneのネットワーク設定をリセット

ネットワーク設定をリセットすると、すべてのWi-Fiネットワーク、Wi-Fiパスワード、VPN設定がiPhoneから削除されます。

注意:ネットワーク設定をリセットする前に使用しているWi-Fiのパスワードを覚えることを確認してください。リセットの後パスワードをバックアップのみから復元できます。

ネットワーク設定をリセットするため、設定アプリで「一般」>「リセット」>「ネットワーク設定をリセット」の順にタップします。iPhoneのネットワーク設定をリセット

7.コンテンツとプライバシーの制限を無効

もう一つのiPhoneのアップデートをダウンロードできない問題を引き起こす原因は「コンテンツとプライバシーの制限」という機能です。その機能を有効にしていると、あるアプリやサービスの動作が制限される可能性があります。

コンテンツとプライバシーの制限を無効にするには、設定アプリで「スクリーンタイム」>「コンテンツとプライバシーの制限」の順に選択します。そして「コンテンツとプライバシーの制限」を無効にします。コンテンツとプライバシーの制限を無効

8.すべての設定をリセット

設定をリセットすると、システムの設定や、Wi-Fiネットワークのパスワードなどが削除されますが、iPhoneに保存しているデータ、アプリなどが一切消えません。

「設定」>「一般」>「リセット」で「すべての設定をリセット」をタップします。iPhoneですべての設定をリセット

9.iTunesを使ってiPhoneのソフトウェアをアップデート

iPhoneからアップデートをインストールできない場合、iTunesを使えます。iTunesを使ってiPhoneをアップデートする方法を参考してください。

10.iOSのIPSWファイルを使ってアップデート

IPSWファイルをダウンロードとインストールの方法をご覧ください。

アップデートを確認・検証できないときの対策

アップデートを確認または検証できないときは以下のようなエラーメッセージが出ます。

アップデートを確認できません「アップデートを確認できません。ソフトウェアアップデートの確認中にエラーが起きました」

アップデートを検証できません「アップデートを検証できません。インターネットへの接続が解除されているため、ソフトウェアを検証できませんでした」

それらのエラーが発生したら、以下の対策を試せます。

1.アップデートのファイルを削除して再ダウンロード

最初はiPhoneにダウンロードしたアップデートを削除します。iPhoneのアップデートを削除する方法を参考してください。そしたらiOSのアップデートを再ダウンロードします。

2.iPhoneの容量を空ける

たまに不足している空き容量は確認又は検証できない問題を引き起こします。空き容量が少ない場合に「iPhoneの空き容量を増やす方法」を参考してください。

3.Wi-Fiを一時的に無効にする

Wi-Fiの機能を再起動するには「設定」>「Wi-Fi」でWi-Fiを無効にして30秒ほど待っていて、有効にします。iPhone上Wi-Fiを無効

もう一つのWi-Fiをオフにする方法は設定で機内モードを一時的にオンにすることです。そうするには設定アプリで「機内モード」を有効にします。iPhone設定で機内モードを有効にする

4.公共のWi-Fiを利用しない

公共のWi-Fiネットワークの場合あるいは職場などの制限のあるWi-Fiネットワークの場合は、別のWi-Fiネットワークに接続します。またはWi-Fiの機能をむこうにして代わりにモバイル通信を使用します。

そうするには「設定」>「Wi-Fi」でWi-Fi接続をオフにし、「設定」>「モバイル通信」で「モバイルデータ通信」をオンにします。モバイル通信をオンにする

5.iTunesを使ってアップデート

iPhoneでiOSをアップデートできない場合、代わりにiTunesを使ってアップデートすることを試せます。

iPhoneソフトウェア更新プログラムサーバに接続できないときの対策

iTunesを使ってiPhoneをアップデートするときに以下のようなエラーメッセージが出たら、次の対策を試してみてください。

iPhoneソフトウェア更新プロぐラムサーバに接続できませんでした「iPhoneソフトウェア更新プログラムサーバに接続できませんでした。ネットワークの設定および接続を確認して、も一度実行してください」

1.iTunesを再起動

iPhoneソフトウェアアップデートサーバーに接続できないと表示される時の原因は、iTunesのサーバーの不具合かもしれません。だから先ずはiTunesを終了して、しばらく待っていて、そして再度iTunesを起動してください。ある場合にその簡単な対策で問題が解決されます。それでもエラーが残ったら、次の対策に勧めます。

2.ネットワーク接続を確認

サーバーに接続できなかったら、エラーメッセージはネットワーク接続がアクティブであることを確認するように指示します。やり方を以下に説明します。

  1. Wi-Fiルーターを再起動します。

    Wi-Fiルーターをオフにして、1~2分ほど後で起動します。

  2. ネットワーク接続を確認します。

    パソコンがインターネットにきちんと接続されているか確認します。そうするにはブラウザーで何かのウェブサイトを開きます。ウェブサイトを開くことができる場合はインターネット接続に問題がありません。

  3. 他のネットワークに接続します。

    使っているネットワークが認識されない場合や、ネットワークが不安定場合は、他のネットワークに接続することを試みてください。

3.iTunesを更新

古いバージョンのiTunesを使うことはサーバーに接続できないエラーを引き起こす場合があります。その時はiTunesの更新は問題を解決できます。

デスクトップ版のiTunesを更新:

  1. iTunesを起動します。
  2. メニューで「ヘルプ」をクリックします。
  3. 「更新プログラムを確認」を選択します。そしたらiTunesは自動的にアップデートをします。それとも「このバージョンは最新バージョン」という通知が出てきます。iTunesでアップデートを確認

マイクロソフト版のiTunesの場合は、最新バージョンがリリースされたとき、自動的にアップデートされます。更新されなかったら、iTunesのアップデートがないかとMicrosoft Storeで確認もできます。

4.一時的にアンチウィルスを無効

アンチウィルスがiTunesをブロックする場合があるので、アンチウィルスを一時的に無効にするのを試してください。又はiTunesを手動でアンチウィルスの除外リストに追加してください。

5.iPhoneをOTA (Over The Air)でアップデート

iTunesを使わずにアップデートすることが可能なので、iPhoneからアップデートをダウンロードすることを試せます。

6.手動でソフトウェアをダウンロードしてインストール

注意:この方法でアップデートをインストールすれば、iPhoneのすべてのコンテンツが削除されます。データを紛失しないようにバックアップを取っておいてください。

最後の方法はIPSWファイルを手動でダウンロードしてインストールすることです。やり方はあまり困難で時間が掛かりすぎるので、おすすめの方法とは言えません。他の解決方法が効果的ではなかったら、最後の手段として行えます。

  1. 使っているデバイスに対応するIPSWファイルをパソコンにダウンロードします。
  2. iTunesを実行し、iPhoneをUSBケーブルで接続します。
  3. iPhoneの記号をクリックします。
  4. 「iPhoneを復元」をクリックして、ダウンロードしたIPSWファイルを選択します。
  5. iTunesの指示に従って、iPhoneをアップデートします。
  6. iPhoneのデータをバックアップから復元します。

iOSアップデートが終わらない対処法

iPhoneのアップデートの時間は予想よりも長い場合があります。一般にiOS 12からiOS 13にアップデートすることは、iOS 13からiOS 13.6にアップデートすることより長い時間が要ります。通常はアップデートは1時間ぐらいかかります。

アップデートが時間をかかりすぎるのは何故?

  • iOSをダウンロード中に他のファイルをダウンロード(重い動画、アプリなど)
  • 不安定のインターネット接続
  • システムの不具合

簡単な対策:

  1. 以下の対策を試みる前に1~2時間ぐらい待ってください。殆どの場合は問題は待つだけで解決されます。
  2. iOSをダウンロード中に他のファイルまたはアプリをダウンロードしないようにします。またオンラインビデオサービスでビデオを見ないようにします。
  3. 安定したWi-Fiネットワークを使用します。
  4. iPhoneの空き容量が足りるか確認

アップデートの速度を改善するため、空き容量を増やすことを試せます。iPhoneの空き容量を確認するには、「設定」>「一般」>「iPhoneストレージ」の順にタップしてください。

空き容量が少なかったら、不要なデータを削除してください。容量を増やす方法は「iPhoneの容量を空ける方法」を参考してください。

アップデートを確認中と表示されiOSアップデートが終わらない

簡単な対策が無効だったら、こちらの対処法を試してみてください。

1.iPhoneを再起動

再起動の作業を試します。詳細な手順は「再起動する方法」についての記事を参照してください。

2.Wi-Fi接続を確認

iPhoneがWi-Fiに接続しているかを確認してください。それには「設定」>「Wi-Fi」の順にタップして、Wi-Fiがオンになっていることを確認します。無効である場合はオンにします。iPhoneのWi-Fiをオンにする

3.iPhoneのネットワーク設定をリセット

ネットワーク設定をリセットすると、すべてのWi-Fiネットワーク、Wi-Fiパスワード、VPN設定がiPhoneから削除されます。

注意:ネットワーク設定をリセットする前に使用しているWi-Fiのパスワードを覚えることを確認してください。リセットの後パスワードをバックアップのみから復元できます。

ネットワーク設定をリセットするため、設定アプリで「一般」>「リセット」>「ネットワーク設定をリセット」の順にタップします。iPhoneのネットワーク設定をリセット

4.iTunesを使ってiPhoneをアップデート

iPhoneでiOSをアップデートできない場合、代わりにiTunesを使ってアップデートすることを試せます。

残り時間を計算中から進まない

「残り時間を計算中」と表示され、アップデートが終わらないときはどうすればいいですか?

この場合にも最初は1時間ぐらい待つことをおすすめします。それでも問題が解決されなかったら、次の対処法に進んでください。

1.Wi-Fi接続を確認

インターネット接続の速度が遅い場合や、Wi-Fi接続に問題がある場合はダウンロードが時間をかかりすぎます。その時は次の解決法を試せます:

  1. Wi-Fiルーターを再起動します。

    Wi-Fiルーターをオフにして、1~2分ほど後で起動します。

  2. ネットワーク接続を確認します。

    パソコンがインターネットにきちんと接続されているか確認します。そうするにはブラウザーで何かのウェブサイトを開きます。ウェブサイトを開くことができる場合はインターネット接続に問題がありません。

  3. iPhoneを再起動

    再起動の作業は多くの問題を解決するので、iPhoneを再起動することはおすすめです。詳細な手順は「再起動する方法」についての記事を参照してください。

  4. Wi-Fiを一時的に無効にする

    Wi-Fiの機能を再起動するには「設定」>「Wi-Fi」でWi-Fiを無効にして30秒ほど待っていて、有効にします。iPhone上Wi-Fiを無効

    もう一つのWi-Fiをオフにする方法は設定で機内モードを一時的にオンにすることです。そうするには設定アプリで「機内モード」を有効にします。iPhone設定で機内モードを有効にする

  5. iPhoneのネットワーク設定をリセット

    ネットワーク設定をリセットすると、すべてのWi-Fiネットワーク、Wi-Fiパスワード、VPN設定がiPhoneから削除されます。

    注意:ネットワーク設定をリセットする前に使用しているWi-Fiのパスワードを覚えることを確認してください。リセットの後パスワードをバックアップのみから復元できます。

    ネットワーク設定をリセットするため、設定アプリで「一般」>「リセット」>「ネットワーク設定をリセット」の順にタップします。iPhoneのネットワーク設定をリセット

2.数時間後で再試行

多くのユーザーは同時にアップデートのサーバーにアクセスすれば、サーバーが応答しなくなります。それでiOSがリリースされた直後にiOSをアップデートしようとすると、アップデートのダウンロードが長い時間が要ります。その場合は数時間を待っていて再試行することをおすすめします。

3.アップデートを削除

iOSをダウンロード中に何か問題が発生したら、アップデートのファイルを削除して再ダウンロードを試せます。iPhoneのアップデートを削除する方法をご覧ください。

4.iTunesを使ってiPhoneをアップデート

iTunesでiPhoneをアップデートしてみてください。

iPhoneのアップデートを中止する方法

アップデートを開始すると、「キャンセル」ボタンがないので、多くのユーザーはアップデートを中止することが不可能だと思います。その方法があるかを調べましょう。先ずはアップデートが勝手にインストールされないよう、自動アップデートを無効してください。そうするとiOSのダウンロードが開始しても、自動的にインストールされません。

自動アップデートを無効

「設定」>「一般」>「ソフトウェア・アップデート」>「自動アップデートをカスタマイズ」で「iOSアップデートをインストール」を無効にします。アップデートの自動インストールを無効

インストール途中にアップデートを停止できますか?

それは不可能です。ソフトウェアのインストールが開始すれば、デバイスに破損を与えることなく停止する方法はありません。データの紛失の恐れがあるので、インストールプロセスを中止しないでください。

ただしiOSアップデートのダウンロードを中止する方法が2つあります!

Wi-Fiを無効にしてiPhoneのアップデートを一旦中断

最も簡単なアップデートを一旦中断する方法はインターネット接続を切断することです。そうするには機内モードをオンにしてください。

  1. 設定アプリで「機内モード」を有効にします。iPhone設定で機内モードを有効にする
  2. も一つのやり方はコントロールセンターで有効にすることです。そうするには画面の下から上にスワイプします。iOS 12 以降を搭載した iPhone X 以降の機種または iPad では、画面の右上隅から下にスワイプします。そしたら飛行機のアイコンをタップします。iPhoneコントロールセンターで機内モードを有効にする

機内モードを無効にすると、ダウンロードが再開します。それを防ぐため、「設定」>「一般」>「ソフトウェア・アップデート」>「自動アップデートをカスタマイズ」で「iOSアップデートをダウンロード」を無効にします。そしてiPhoneのアップデートファイルを削除します。アップデートを削除する方法を以下に説明します。アップデートの自動ダウンロードを無効

iPhoneのアップデートを削除

ダウンロードされたiOSアップデートのファイルを削除するのが可能です。iPhoneを更新したくない場合は以下の手順に従ってアップデートを削除してください。

  1. 設定アプリを開き、「一般」>「iPhoneストレージ」でiOSのファイルを探します。iOSのアップデートを探す
  2. iOSアップデートを選択し、「アップデートを削除」をタップします。iOSのアップデートを削除
  3. そして削除を確認します。アップデートの削除を確認

さいごに

iPhoneをアップデートする前に空き容量や、Wi-Fi接続などを確認する必要があります。それにデータを失わないようiPhoneのバックアップを取ることをおすすめします。バックアップがあれば、アップデートが失敗しても大事なデータを紛失しません。
アップデート中にエラーが起きるときや、アップデートが終わらないときは以上に説明した対策を試してください。

Avatar for michiko

By michiko

CopyTransで日本部門を担当しています。iPhoneに関する記事を中心にCopyTransソフトのアップデート情報もお伝えしています。iPhoneに関してここが知りたいなどリクエストがありましたらコメント欄からお知らせください。