アップグレード後のリストア

アップデートに失敗したときの対処法

通常iOSをアップデートする際には、まずバックアップがとられ、その後アップデート、復元、という手順になりますが、
アップデート完了後にiPhoneからデータが消えていることがあります。
ですからみなさん、iPhoneをアップデートする際には時間のあるときに余裕を持って、まず完全なバックアップをとりましょう。

バックアップにはこちらの記事も参考になさってください: iOSをアップグレードする前にiPhoneをバックアップする方法

iTunesなしでiPhoneをバックアップ&リストア

またアップデートに失敗し、iPhoneからデータが消えたときに、バックアップデータが同期によって消えないようにiTunesを手動同期に設定しておいて下さい。iTunes手動設定

iTunesの「編集」>「設定」>「デバイス」で「自動的に同期しない」にチェックを入れましょう。

アップデート、復元中にエラーが出る場合

ネットでよく報告されている解決法はこちらです:

  • USBケーブルの接続場所を変えてみる – これが結構いけるようです。
  • セキュリティソフトウェアを一時解除する – これも試してみる価値ありそうです。
  • 何度もトライする – アップルのサーバーが込み合っていることが原因のこともあるそうです。

アップルのサポートでもこの辺は紹介してあります: 「iOS:アップデートおよび復元時の警告メッセージを解決する

またアップデート中にホーム画面が表示されなかったり、Appleロゴの表示のままフリーズしたりすることがあります。iTunes接続

その場合には「iOS:アップデートまたは復元ができない」を参考にしてデバイスをリカバリモードにして、もう一度デバイスの復元を試してみてください。

データ復元に失敗した場合にデータをリストアする方法

データを復元する方法としてiTunes、iCloud、CopyTrans Shelbeeを使う方法があります。
iTunesとiCloudではバックアップされる内容が若干異なりますので、あらかじめこちらの記事をご覧ください。

CopyTrans Shelbeeを使ってリストア

CopyTrans Shelbeeを使ってCopyTrans ShelbeeやiTunesでバックアップしたデータをリストアすることができます。
FAQ: CopyTrans Shelbeeを使ってiPhoneやiPadのバックアップをリストアする方法

iCloudを使ってリストア

言語やwifiなどの初期設定を行ったあと、こちらの画面が出たら「iCloudバックアップで復元」をクリックします。iCloudのバックアップで復元

iTunesを使ってリストア

手動同期に設定してあるiTunesにiPhoneを接続し、「概要」の「バックアップ」欄で最新のバックアップを確認します。バックアップがあれば「バックアップを復元…」をクリックします。iTunesバックアップから復元

「バックアップから復元」というウインドウでバックアップを確認し、「復元」をクリックします。iTunesからデータを復元

バックアップをしっかりとったら、アップデートに失敗しても大丈夫!