iPhoneカレンダーが消えた

iPhoneのカレンダーが消えたときの対処法

1 評2 価3 価4 価5 価 (2 の投票、平均: 5.00 / 5)

毎日重要な予定を管理するために、iPhoneのデフォルトのカレンダーアプリを利用することがとても便利です。友達の誕生日や、仕事のイベントなどを簡単にカレンダーに追加できます。その情報が急に消えてしまうと、困った状態になるでしょう。

iPhoneのカレンダーが消えた主な原因は下記の通りです。

  • iOSバージョンの更新
  • iPhoneが工場出荷時の状態に戻された
  • 誤ってカレンダーの予定あるいはカレンダーのアプリが削除された
  • 不安定なネット環境
  • iOSシステムの不具合
  • iPhoneとiCloudの同期の問題
  • 日付と時刻の設定が不正確である
  • iPhone脱獄

本記事ではiPhoneのカレンダーが消えたときに確認するべき設定と予定を取り戻す9つの方法を紹介します。

    簡単な対策:

  1. iPhoneを再起動
  2. iCloudカレンダーの場合:

  3. インターネット接続を確認
  4. iCloudカレンダーを有効
  5. iCloudのカレンダーをアーカイブから復元
  6. バックアップから復活:

  7. iCloud・iTunesのバックアップから取り出す
  8. バックアップからカレンダーのみ復元
  9. その他の確認すべき設定:

  10. 全てのカレンダーを表示
  11. 日付と時刻の設定を確認
  12. カレンダーの通知を許可


💌CopyTransのLINE公式アカウントを開設しました!

❤️‍🔥LINE公式アカウント限定クーポン
❤️‍🔥毎週のiPhoneに関する情報
iTunesを使わずにiPhoneのデータを管理する方法、iPhoneの空き容量の節約に関するヒント、バックアップの取り方などについて学びましょう!

友達を追加↓↓↓↓
CopyTransのLINE公式アカウントを友達に追加するボタン

今さら友達登録で
CopyTransソフトの割引クーポンをプレゼント❣


1.iPhoneを再起動

iPhoneを再起動すれば、様々なiPhoneの不具合が修正される場合があります。それで何かがうまくいかない場合に最初は再起動を試すことをおすすめします。

iPhoneを再起動する方法は「iPhone, iPod touch, iPadを再起動する方法」を参考してください。iPhoneを再起動

そうするとカレンダーアプリを実行して、予定が取り戻されたか確認してください。

2.インターネット接続を確認

iCloudカレンダーを利用する場合、スケジュールを閲覧するには適切に機能しているインターネット接続が重要です。iPhoneのネット環境を確認しましょう。

Wi-Fi接続をオフにしてまたオンにする

最初の試すべきことはWi-Fiをオフにしてまたオンにすることです。「設定」>「Wi-Fi」で「Wi-Fi」を無効にして、30秒ほど待っていて、また有効にします。iPhone上Wi-Fiを無効

省データモードを無効にする

iOS 13以降を搭載したデバイスを持っている場合、省データモードが無効になっていることを確認します。

「設定」>「Wi-Fi」の順にタップし、接続しているネットワークを押します。そこで「省データモード」がオフになっているか確認します。もし有効になっていたら無効にします。Wi-Fiで省データモードを無効

モバイル通信を使用している場合、「設定」>「モバイル通信」>「通信のオプション」という順にタップして「省データモード」を無効にします。モバイル通信で省データモードを無効

公共のWi-Fiを利用しない

公共のWi-Fiネットワークの場合あるいは職場などの制限のあるWi-Fiネットワークの場合は、別のWi-Fiネットワークに接続します。またはWi-Fiの機能を無効にして代わりにモバイル通信を使用します。

そうするには「設定」>「Wi-Fi」でWi-Fi接続をオフにし、「設定」>「モバイル通信」で「モバイルデータ通信」をオンにします。モバイル通信をオンにする

ネットワーク設定をリセット

ネットワーク設定をリセットして、Wi-Fiに接続できないなどのネットワークに関係ある問題が解決されます。ネットワーク設定をリセットすると、すべてのWi-Fiネットワーク、Wi-Fiパスワード、VPN設定がiPhoneから削除されます。

注意:ネットワーク設定をリセットする前に使用しているWi-Fiのパスワードを覚えることを確認してください。リセットの後パスワードをバックアップのみから復元できます。

「設定」>「一般」>「リセット」>「ネットワーク設定をリセット」という順にタップしてください。iPhoneのネットワーク設定をリセット

3.iCloudカレンダーを有効

iCloudカレンダーを使用している場合、iCloudとの同期がオンにしているか確認します。iCloudとの同期を無効にすると、iCloudに保管している予定にアクセスできません。

「設定」>「Apple ID」>「iCloud」の順にタップして、「カレンダー」をオンに切り替えます。もしiCloudカレンダーが有効でしたら、一時的にオフにしてまたオンにしてください。iCloudのカレンダーを有効

4.iCloudのカレンダーをアーカイブから復元

カレンダーのイベントがiCloudと同期されたら、誤ってイベントを削除してしまうと、icloud.comでカレンダーのアーカイブを復元できます。

現在のカレンダーのデータをバックアップしておく

注意:カレンダーのアーカイブを復元すれば、最近変更されたイベントが失われる可能性があります。大事なデータを紛失しないよう、アーカイブを復元する前にカレンダーのバックアップを取っておくとよいでしょう。

カレンダーをバックアップするにはCopyTrans Contactsを使うことはおすすめです。CopyTrans ContactsはiPhoneのカレンダー、連絡先、メッセージなどのデータを管理するプログラムです。このプログラムはiCloudカレンダーにも対応しています。

  1. CopyTrans Contactsをこちらからダウンロードして、インストールします。インストールの手順は「インストールガイド」にあります。

    CopyTrans Contactsをダウンロード

  2. プログラムを実行し、iPhoneを接続します。
  3. バックアップ暗号化パスワードの入力を求められたら、入力してください。そしたらiPhoneデータの読み込みが完了するまで待ってください。
  4. 読み込みが終わったらカレンダーのアイコンをクリックすると、iPhoneのカレンダーが表示されます。iCloudカレンダーを保存するには、「iCloudからPCにカレンダーをエクスポート」記事を参考してください。
  5. 必要なカレンダーの横にチェックを入れ、「選択した項目をエクスポート」ボタンをクリックします。そして「ファイルへエクスポート」を選択します。

    もっと詳しく:iPhoneカレンダーをPCへバックアップする方法

    iPhoneカレンダーをPCに保存

これでiPhoneのカレンダーをPCにics形式のファイルでバックアップされます。後でそのファイルをiPhoneに取り戻せます。

カレンダーのアーカイブを復元

  1. 自分のApple IDを使ってicloud.comにログインします。
  2. 「アカウント設定>」をクリックして、ページの下までスクロールします。
  3. 「詳細設定」セクションで「カレンダーを復元」をクリックします。
  4. カレンダーを削除してしまった日よりも前の日付を見つけ、その右横にある「復元」をクリックします。iCloudアーカイブの復元についてもっと詳しくiCloudカレンダーのアーカイブを復元

復元した予定をiPhone上で確認してください。最近のデータが消えたことがあったら、バックアップしておいたファイルをiPhoneに取り込んでください。
詳細:iPhoneにカレンダーを移行する方法

5.iCloud・iTunesのバックアップから取り出す

カレンダーが消える前に作成されたiCloudまたはiTunesのバックアップがあれば、カレンダーをバックアップから取り出せます。その際はCopyTrans Backup Extractorを使えます。CopyTrans Backup ExtractorはiPhoneバックアップからデータを抽出してPCに保存するプログラムです。

  1. CopyTrans Backup Extractorをこちらからダウンロードして、インストールします。インストールの手順は「インストールガイド」にあります。

    CopyTrans Backup Extractorをダウンロード

  2. プログラムを実行し、バックアップの検索を開始します。iPhoneバックアップを検索
  3. iCloudのバックアップも検索したい場合、「iCloudのバックアップ」をクリックし、Apple IDを使ってiCloudにログインします。iCloudにログインして、iCloudバックアップを探す
  4. 任意のバックアップを選択し、必要であればバックアップの暗号化パスワードを入力します。バックアップの読み込みが完了したら、「カレンダー」を選んで、抽出を開始します。詳細:CopyTrans Backup Extractorの使い方iPhoneバックアップからカレンダーを取り出す
  5. これでカレンダーのics形式のファイルがPCに保存されます。そのファイルをiPhoneに入れるにはCopyTrans Contactsを利用してください。
    詳細:iPhoneにカレンダーを移行する方法CopyTrans ContactsでiPhoneにカレンダーをインポート

こちらの方法だと、iPhoneの既存のカレンダーが上書きされませんので、他のデータを失う恐れはありません。

6.バックアップからカレンダーのみ復元

カレンダーが消える前に作成されたiTunesのバックアップがあったら、そのバックアップをiPhoneに直接に復元することができます。iTunesでバックアップの復元を行うと、iPhoneのすべてのデータが上書きされますのでおすすめはしません。しかしCopyTrans Shelbeeを使えばiTunesのバックアップからカレンダーのデータのみを復活できます。CopyTrans Shelbeeはカレンダーアプリ内のデータだけを上書きします。

現在のカレンダーのデータをバックアップしておく

カレンダーの現在のデータを紛失しないように、iPhoneカレンダーをPCに保存しましょう。カレンダーをバックアップするにはCopyTrans Contactsを使うことはおすすめです。CopyTrans ContactsはiPhoneのカレンダー、連絡先、メッセージなどのデータを管理するプログラムです。このプログラムはiCloudカレンダーにも対応しています。

  1. CopyTrans Contactsをこちらからダウンロードして、インストールします。インストールの手順は「インストールガイド」にあります。

    CopyTrans Contactsをダウンロード

  2. プログラムを実行し、iPhoneを接続します。
  3. バックアップ暗号化パスワードの入力を求められたら入力してください。そしたらiPhoneデータの読み込みが完了するまで待ってください。
  4. 読み込みが終わったらカレンダーのアイコンをクリックすると、iPhoneのカレンダーが表示されます。iCloudカレンダーを保存するには、「iCloudからPCにカレンダーをエクスポート」記事を参考してください。
  5. 必要なカレンダーの横にチェックを入れ、「選択した項目をエクスポート」ボタンをクリックします。そして「ファイルへエクスポート」を選択します。iPhoneカレンダーをPCに保存

これでiPhoneのカレンダーをPCにics形式のファイルでバックアップされます。後でそのファイルをiPhoneに取り戻せます。

もっと詳しく:iPhoneカレンダーをPCへバックアップする方法

カレンダーをバックアップから復活

  1. CopyTrans Shelbeeをこちらからダウンロードして、インストールします。インストールの手順は「インストールガイド」にあります。

    CopyTrans Shelbeeをダウンロード

  2. プログラムを実行し、iPhoneを接続します。
  3. 「選択して復元」を選んで、プログラムの指示に従います。詳細な手順:iPhoneのアプリを個別に復元!「選択して復元」の機能とその方法カレンダーをiPhoneバックアップから復元

復元した予定をiPhone上で確認してください。最近のデータが消えたことがあったら、バックアップしておいたファイルをiPhoneに取り込んでください。詳細:iPhoneにカレンダーを移行する方法CopyTrans ContactsでiPhoneにカレンダーをインポート

7.全てのカレンダーを表示

バックアップからの復元を行っても、必要なスケジュールを復元できなかったら、カレンダーの設定を確認しましょう。消えてしまったカレンダーが削除されたのではなく、隠されたかもしれません。

  1. iPhone上カレンダーのアプリを実行して、画面の下にある「カレンダー」をタップします。iPhoneカレンダーのアプリ
  2. 表示されているカレンダーの横にチェックがあります。チェックのないカレンダーがあれば、右下の「すべてを表示」を選択して、「完了」をタップします。すべてのカレンダーを表示
  3. するとカレンダーのイベントを確認ください。

8.日付と時刻の設定を確認

カレンダーのイベントは日付と時刻の設定に強い関係があります。

日付と時刻を設定するために、設定アプリを開き、「一般」>「日付と時刻」という順にタップして時間帯を選択します。または「自動設定」をオンに切り替えます。日付と時刻を設定

9.カレンダーの通知を許可

消えたカレンダーを取り戻すに、カレンダーの通知を設定することが効果的である場合があります。

「設定」>「通知」>「カレンダー」で「通知を許可」がオンになっているか確認します。カレンダーの通知をオンにする

さいごに

カレンダーが消えたときや、うっかりと削除されたときなど、色々とiPhone・iCloudの設定をチェックして下さい。iCloudのカレンダーを使用している場合は、iCloudのアーカイブから復元することを試せます。カレンダーが消える前のiPhoneのバックアップがあれば、そのバックアップからカレンダーをPCに抽出あるいはiPhoneに復活することができます。

Avatar for Xenia
作者: Xenia

CopyTransの日本部門を担当しているクセニアと申します。iPhone 11 Pro ミッドナイトグリーンを使用しています。ご不明点がありましたらサポート copytrans@copytrans.jp までお知らせください。