1 評2 価3 価4 価5 価 (26 の投票、平均: 3.62 / 5)

iPhoneのメモをPCにバックアップする方法

iPhoneでメモを取りますか?アイディア、及び思い浮かんだことを書き付ける、重要な情報を保管する、チェクリストを作成する、様々な目標に利用できるので、とても便利です。そんなに大事な情報を失わないよう、バックアップが必要です。

    iPhoneのメモをバックアップ方法はいくつかありますが、一般的に2種類に分類できます:

  1. PCにバックアップする方法
  2. クラウドサービスにバックアップする方法

クラウドサービスにバックアップにメモをバックアップするには、「iPhone内のメモをiCloudに転送する方法」という記事をご覧ください。こちらの記事ではiPhoneのメモをPCにバックアップする方法を紹介します。

iPhoneのメモをファイルとしてバックアップ

iPhoneのメモをファイルとしてパソコンに保存すれば、いつでも使用できるようになりますので、一番便利な方法だと思います。そのために、CopyTrans Contctsアプリを進めします。こちらのアプリを使うと、簡単にiPhoneのメモをパソコンにバックアップできます。

CopyTrans Contctsを試すには、下記の手順に従ってください:

  1. CopyTrans Contactsをこちらからダウンロードしてください:
    CopyTrans Contactsをダウンロード

  2. CopyTrans Contactsをインストールします。CopyTrans Contactsのインストール方法についての詳細はCopyTransプログラムのインストールガイドをご覧ください。

  3. プログラムを起動し、デバイスをパソコンに接続します。
  4. メイン画面の左側にあるメモアイコンをクリックし、リストからバックアップしたいメモを選択します。複数のメモを選択する場合にはチェックボックスを使います。全選択するには「メモ」にチェックを入れます。

  5. 「選択した項目をエクスポート」ボタンを押します。

    CopyTrans ContactsでiPhoneのメモをバックアップ
    「選択した項目をエクスポート」ボタンをクリック
  6. 「ファイルへエクスポート」をクリックします。iPhoneのメモを保存する場所を指定し、「OK」をクリックします。

    CopyTrans ContactsでiPhoneのメモをファイルとして保存
    CopyTrans Contactsで「ファイルへエクスポート」をクリック
  7. これでiPhoneのメモがPC上に個々の*.html ファイルとしてバックアップされます。添付のファイルはフォルダごとに保管されます。

    iPhoneのメモはPCのフォルダで表示
    添付のファイルはフォルダごとに保管される

この方法でiPhoneのメモを簡単にPC上でバックアップできます。

メモをCopyTrans Shelbeeでバックアップ

他の方法は、iPhoneのバックアップを取ることです。そうすると、メモはファイルとしてでなく、バックアップの中にあるファイルとしてパソコンに保存されます。バックアップのファイルは、直接にパソコンに読むことが不可能ですが、いつでもiPhoneに復元し、使用することができます。

 


iPhoneを使用せず、パソコンに保存されているバックアップの中からパソコンの直接にデータを取り出す必要があったら、弊社のCopyTrans Backup Extractorはおすすめです。詳細は、「iPhoneバックアップデータを取り出す方法」 記事をご覧ください。

CopyTrans Shelbeeは、iPhoneのメモ、または他のデータをバックアップ・復元する便利なプログラムです。メモのバックアップを取るには、下記のガイドに従ってください:

  1. CopyTrans Shelbeeをこちらからダウンロードします:
    CopyTrans Shelbeeをダウンロード
  2. CopyTrans Shelbeeをインストールします。プログラムのインストール方法は、インストールのガイドを参照してください。
  3. プログラムを起動し、デバイスを接続します。
  4. CopyTrans ShelbeeでiPhoneのフルバックアップをします。バックアップの手順は、「iTunesなしにiPhoneやiPadをバックアップ・復元する方法」という記事を参考してください。その後メモのみを選択してiPad、又は別のiPhoneに復元できます。
    CopyTrans ShelbeeでiPhoneのメモを復元
    CopyTrans ShelbeeでiPhoneのメモをバックアップ
  5. 選択して復元をする際に、メモのみをクリックします。詳細は、「「選択して復元」の機能とその方法」をご覧ください。
    CopyTrans ShelbeeでiPhoneのメモのみ復元
    CopyTrans ShelbeeでiPhoneのメモのみ復元

メモをiTunesでバックアップ

iTunesでもiPhoneメモのバックアップをすることが可能です。

  1. iTunesをApple公式サイトからダウンロードし、インストールします。
  2. iTunesを起動し、デバイスを接続します。そしたらデバイスのアイコンをクリックします。
    iTunesでデバイスのアイコンをクリック
    iTunesでデバイスのアイコンをクリック
  3. 左メニューの「概要」をクリック → 出てきた画面のバックアップのセクションで「このコンピュータ」と「ローカルバックアップを暗号化」にチェックを入れます。そして「今すぐバックアップ」のボタンを押します。
    左メニューの「概要」をクリック →「このコンピュータ」と「ローカルバックアップを暗号化」にチェック →「今すぐバックアップ」
    左メニューの「概要」をクリック →「このコンピュータ」と「ローカルバックアップを暗号化」にチェック →「今すぐバックアップ」

完成です!

後でバックアップされたメモを復元したい場合は、「iTunesのバックアップからiPhoneのメモを復元する方法」という記事を参考してください。

iPhoneのメモをメールで送付

メールでもiPhoneからパソコンにメモを送付するのは可能です。

欠点:いくつかのメモを一括でバックアップするのが不可能です。メモを一つずつ送信しなければなりません。

iPhoneのメモをメールで送付、下記の手順に従ってください:

  1. iPhoneでメモのアプリを開き、バックアップしたいメモを選択します。
  2. 右上にある共有のボタンをタップし、メールを選択します。
    共有のボタンをタップし、メールを選択
    共有のボタンをタップし、メールを選択

まとめ

以上iPhoneのメモをバックアップの方法を紹介しました。CopyTrans Contactsの方がおすすめです。メモを一括してバックアップだけでなく、メモをPCで閲覧、添付ファイルを保存もできます。とても便利です!

Avatar for michiko
作者: michiko

CopyTransで日本部門を担当しています。iPhoneに関する記事を中心にCopyTransソフトのアップデート情報もお伝えしています。iPhoneに関してここが知りたいなどリクエストがありましたらコメント欄からお知らせください。