1 評2 価3 価4 価5 価 (1 の投票、平均: 5.00 のうち 5)

こちらのガイドではiPhoneカレンダーをPC上のOutlookにインポートする方法をご紹介します。こちらの方法はOutlook 2010またはそれ以降のバージョンでお使いいただけます。

  1. CopyTrans Contactsをこちらからダウンロードしてください:

    iPhoneカレンダーをインポート

  2. プログラムをインストールします。インストール方法についてはこちらの記事をご覧ください。

  3. CopyTrans Contactsを起動し、iPhoneを接続します。

  4. メイン画面の左側にあるカレンダーアイコンをクリックすると、右側の画面にiPhoneカレンダーの予定が表示されます。
    iPhoneカレンダーをOutlookへインポート

  5. Outlookにインポートしたいカレンダーを選択します。もしカレンダーが複数ある場合には、全てのカレンダーのイベントを転送するには「全てのカレンダー」を選択してください。または特定のカレンダーを選択して下さい。「選択した項目をエクスポート」ボタンを押して、保存場所を指定し「OK」をクリックします。
    カレンダーをOutlookにインポート

  6. これでiPhoneカレンダーがPC上に.ics (iCalendar)形式で転送されます。
    iPhoneからOutlookへ

  7. Outlookを起動し、「ファイル」から「開く/エクスポート」から「インポート/エクスポート」を選択します。
    予定表をOutlooktへインポート

  8. インポート/エクスポート ウィザードから「iCalendar(.ics)またはvCalendarファイル(.vcs)のインポート」を選択し、「次へ」をクリックします。
    Outlook2010へインポート

  9. 保存したiPhoneカレンダーのファイルを指定し、「OK」をクリックします。
    iPhoneの予定表をOutlookへ

  10. 最後に新しい予定表として開くか、使用している予定表にインポートするかを選択します。
    iPhoneの予定表を転送

このようにCopyTrans Contactsを使って、iPhoneカレンダーを簡単にOutlookにインポートすることができます。

michiko

By michiko

iPhone・iPod・iPadのデータを管理するソフトを開発するWindSolutionsで日本部門を担当しています。iPhoneに関する記事を中心にCopyTransソフトのアップデート情報もお伝えしています。iPhoneに関してここが知りたいなどリクエストがありましたらコメント欄からお知らせください。