1 評2 価3 価4 価5 価 (100 の投票、平均: 3.66 のうち 5)

CopyTrans Shelbeeを使うとiTunesをインストールしていなくても、どのパソコンからでもiPhoneをリストアすることができます。CopyTrans Shelbeeは以下のものを復元します。

  • iPhoneの設定

  • iPhoneのカメラロール内の写真

  • 連絡先、メール、カレンダー、メモ、メッセージなど

  • アプリのドキュメント

音楽、アプリ、カメラロール以外の写真のバックアップについてはこちらの記事をご覧ください。

iOS 9搭載のデバイスをお使いの方へ

iOS 9リリースによりソフトの機能に変更があります。

CopyTrans ShelbeeでiPhoneをリストア

  1. CopyTrans Shelbeeをこちらからダウンロードしてください:

    CopyTrans Shelbeeをダウンロード

  2. プログラムをインストールします。インストール方法についてはこちらの記事をご覧ください。

  3. CopyTrans Shelbeeを起動し、iPhoneを接続します。

  4. 「リストア」を選択します。CopyTrans Shelbeeのメイン画面:バックアップとリストア

  5. 「変更」をクリックして、リストアするファイルを選択します。CopyTrans Shelbeeでリストアのため、iPhoneのバックアップを選択する

  6. パソコン内に保存してあるバックアップファイルを選択します。CopyTrans Shelbeeでバックアップを選択する

  7. このときiTunesでバックアップしたバックアップファイルを選択することもできます。iTunesのバックアップファイルは以下の場所にあります。
    ¥ユーザー¥(ユーザー名)¥AppData¥Roaming¥Apple Computer¥MobileSync¥Backup¥

  8. 確認画面が出るのでよければ「はい」をクリックします。CopyTrans Shelbeeでの確認画面

  9. 以前作成したiTunesのバックアップを暗号化している場合には、ここでパスワードを入力します。iTunesバックアップのパスワード

  10. リストアするファイルが確定したら「スタート」をクリックします。CopyTrans ShelbeeでiPhoneのリストアをスタートする

  11. リストアの進行状況が表示されます。CopyTrans Shelbeeでリストア中

  12. 確認画面が出たらリストア完了です。CopyTrans Shelbeeでリストア終了

CopyTrans Shelbeeを使うと、iTunesをインストールしていないどのパソコンからでもリストアできるので、あらかじめバックアップをUSBメモリに作成しておけば、会社や友人のパソコンからでもiPhoneやiPadを復元できます。

michiko

By michiko

iPhone・iPod・iPadのデータを管理するソフトを開発するWindSolutionsで日本部門を担当しています。iPhoneに関する記事を中心にCopyTransソフトのアップデート情報もお伝えしています。iPhoneに関してここが知りたいなどリクエストがありましたらコメント欄からお知らせください。