1 評2 価3 価4 価5 価 (103 の投票、平均: 3.68 のうち 5)

CopyTrans Shelbeeを使うとiTunesをインストールしていなくても、どのパソコンからでもiPhoneをバックアップと復元することができます。

CopyTrans ShelbeeでiPhoneをバックアップ

  1. CopyTrans Shelbeeをこちらからダウンロードします。インストール手順はこちらの記事にあります。

    iPhoneをバックアップ

  2. CopyTrans Shelbeeを起動し、iPhoneを接続します。

  3. 「バックアップ」をクリックします。バックアップを選択

  4. 「フルバックアップ」をクリックします。フルバックアップを選択

  5. 保存先フォルダを選択します。初期設定ではiTunesのバックアップと同じ場所になります。鉛筆のアイコンをクリックすると、好きな場所にフォルダを作成できます。バックアップ先を選択

  6. フォルダを指定したら「次へ」をクリックするとバックアップが開始します。バックアップ開始

  7. バックアップの進行状況が表示されます。CopyTrans ShelbeeでiPhoneのバックアップ中

  8. これでバックアップが完了しました。CopyTrans ShelbeeでiPhoneのバックアップ完了

バックアップファイルは選択した場所に保存されています。
CopyTrans ShelbeeでiPhoneのバックアップ保存場所

iPhoneをバックアップから復元

  1. CopyTrans Shelbeeのメイン画面で「復元」を選択します。
    CopyTrans ShelbeeでiPhoneを復元

  2. 青い鉛筆のアイコンをクリックすると、復元先のiPhoneバックアップファイルを選択します。
    復元先のiPhoneバックアップファイルを選択

  3. ヒント

    このときiTunesでバックアップしたバックアップファイルを選択することもできます。iTunesのバックアップファイルは以下の場所にあります:
    ¥ユーザー¥ユーザー名¥AppData¥Roaming¥Apple Computer¥MobileSync¥Backup¥

    バックアップ一覧の検索フィルダーで「参照」>「初期設定」をクリックすると、iTunesバックアップフォルダが表示されます。
    CopyTrans ShelbeeでiTunesバックアップフォルダを選択

  4. 以前作成したiTunesのバックアップを暗号化している場合には、パスワードを入力します。
    復元前、iPhoneのバックアップパスワードを入力

  5. 復元するファイルが確定したら「開始」をクリックします。

  6. 確認画面が出たら復元が完了しました。

CopyTrans Shelbeeを使うと、iTunesをインストールしていないどのパソコンからでもリストアできるので、あらかじめバックアップをUSBメモリに作成しておけば、会社や友人のパソコンからでもiPhoneやiPadを復元できます。

michiko

By michiko

iPhone・iPod・iPadのデータを管理するソフトを開発するWindSolutionsで日本部門を担当しています。iPhoneに関する記事を中心にCopyTransソフトのアップデート情報もお伝えしています。iPhoneに関してここが知りたいなどリクエストがありましたらコメント欄からお知らせください。