1 評2 価3 価4 価5 価 (142 の投票、平均: 3.59 のうち 5)

この記事ではiTunesで作成したバックアップからiPhoneの連絡先を復元する方法をご紹介します。

iTunesのバックアップデータの中に連絡先が含まれていない場合には復元しても連絡先は戻ってきません。iTunesのバックアップに実際にバックアップされているデータをあらかじめ表示することはできません。

データの消失を防ぐため弊社ではiPhoneの連絡先を簡単にバックアップ、復元するツールを開発しました。 CopyTrans Contactsは使うたびにiPhone内にバックアップを作成します。万が一誤って連絡先を削除しても以前の状態に戻すことができます。 CopyTrans Contactsを使ってパソコンに安全にバックアップデータを保存することをお勧めします。

連絡先は大切なデータです。普段からこまめにバックアップを取って、不慮の事態に備えてください。

このツールでバックアップする前にiPhoneの連絡先が消えてしまった場合、iTunesのバックアップをとっていれば以下の方法で復元できます。

iPhoneの連絡先を復元する方法

まず、iPhoneに連絡先の一部が残っている場合にはCopyTrans Contactsを使ってパソコンにバックアップします。

CopyTrans Contactsを使って連絡先をバックアップする方法

残っている連絡先をバックアップした後、バックアップから連絡先を復元します。

連絡先を復元する方法は、2つあります。

【自動的】CopyTrans Shelbeeでバックアップから連絡先を取り出す

  1. CopyTrans Shelbeeをダウンロードします。インストール手順はこちらにあります。
    CopyTrans Shelbeeをダウンロード

  2. プログラムを起動し、iPhoneを接続します。「選択して復元」をクリックします。

    「選択して復元」を選択

  3. 連絡先を復元していバックアップファイルを選択します。

    復元するバックアップファイルを選択

  4. 「復元したい項目を選択」のタブで連絡先を選択します。「次へ」をクリックし、復元直前にデータを確認します。「選択して復元」機能の詳細についてはこちらのガイドをご覧ください。

    iTunesバックアップからiPhoneの連絡先を復元

  5. 連絡先の復元はこんなに簡単です!

【手動的】iTunesバックアップフォルダから連絡先を抽出する

  1. iTunesに以前とったバックアップがあるか確認します。「編集」>「設定」>「デバイス」の「デバイスのバックアップ」でデバイスの名前と日付を確認します。連絡先が消える前の日付のバックアップがあったらiTunesを閉じます。

  2. iTunesは一つのデバイスにつき一つのバックアップしか作成できません。以前のバックアップを残し、新たにバックアップを作成するために、すでにあるバックアップファイル名を変更します。スタートメニューから「プログラムとファイルの検索」に「%appdata%」と入力してください。

  3. 表示される「Roaming」から「Apple Computer\MobileSync\Backup」を指定します。ここにデバイスごとのバックアップファイルフォルダが表示されます。詳細表示にして時間を表示させ、バックアップした日付のバックアップフォルダを右クリックでコピーし、同じフォルダ内に貼り付けます。フォルダの名前を「iPhoneのバックアップ」などと変更してください。

  4. 復元する際に選択するファイルの名前を分かりやすくするためにiTunesに表示されるバックアップ名を変更します。コピーしたフォルダを開きInfo.plistファイルをメモ帳などのテキストエディタで開きます。上から数行目の<key>Display Name</key>の次の<string> </string>で囲まれた部分が表示名となりますのでこの部分を「iPhone復元するバックアップ」(自分で分かりやすい名前)としてください。

  5. iTunesを開き、「編集」>「設定」>「デバイス」の「デバイスのバックアップ」で「iPhone復元するバックアップ」があるか確認して下さい。これは連絡先が消える前のバックアップです。

  6. iTunesを起動してiPhoneを接続し、iPhoneがiTunesに認識されるのを待ちます。

  7. 「デバイス」の下に表示されるiPhoneを右クリックして「バックアップ」を選択します。ここで連絡先以外の最新のデータをiTunesにバックアップします。iTunesの「編集」>「設定」>「デバイス」でバックアップが作成されたか確認します。このバックアップには自分のiPhoneの名前がついています。

  8. 復元作業を行います。「デバイス」の下に表示されるiPhoneを右クリックして「バックアップから復元」を選択します。 このとき「iPhone復元するバックアップ」を選択します。ここで失った連絡先がiPhoneに戻ります。最近撮った写真やSMSは当時のものになります。

  9. 戻った連絡先を1と同じ手順でCopyTrans Contactsを使ってバックアップします。

  10. 7でバックアップした最新のバックアップデータを復元します。

    iPhoneの連絡際をバックアップから復元

  11. 復元が完了するとiPhoneの連絡先以外のデータ(写真、SMSなど)が最新のものになります。

  12. 1と9でバックアップした連絡先をiPhoneにインポートします。

    iPhoneに連絡先をインポート

  13. これでiPhoneの全てのデータを最大限に復元することができます。

ノート:

  • 上記の方法はiTunesで作成したバックアップ及びCopyTrans Contactsを使って、写真やメールを現状のままiPhoneの連絡先を消える前にバックアップした状態に戻す方法をご案内しています。

  • この方法で復元される連絡先はすでにiPhone内にある連絡先及びiTunesのバックアップが作成されたときにあった連絡先のみです。

  • こちらの手順でiPhoneを復元することによって音楽やビデオ、ポッドキャスト、カメラロール外に保存された写真が削除されることがあります。

  • iTunesのバックアップデータの中に連絡先が含まれていない場合には復元しても連絡先は戻ってきません。iTunesのバックアップに実際にバックアップされているデータをあらかじめ表示することはできません。

念のため作業を始める前にiPhoneのデータをパソコンにバックアップすることをお勧めします。

iPhoneのデータをバックアップする方法

Avatar for michiko

By michiko

CopyTransで日本部門を担当しています。iPhoneに関する記事を中心にCopyTransソフトのアップデート情報もお伝えしています。iPhoneに関してここが知りたいなどリクエストがありましたらコメント欄からお知らせください。