iTunesからiPhone・iPodに曲が入らない場合の対処法

iTunesからiPhone・iPodに曲が入らない場合の対処法

1 評2 価3 価4 価5 価 (1 の投票、平均: 5.00 / 5)

お気に入りの音楽をiPhone・iPodに追加するためにiTunesを使う方は多いでしょう。しかしiTunesで同期しようとすると、曲がデバイスに入らないという問題が発生することがあります。そのときはどうやって問題を解決できるのでしょうか?

こちらの記事では、iTunesからiPhone・iPodに曲を追加できない場合の対処法について説明したいと思います。


iTunesからiPhoneに曲が入らない場合の対策

1.iTunesを再起動

まずiTunesを再起動してみてください。ある場合にプログラムを再実行するだけで、曲が入らない問題を解決できます。それにはiTunesを閉じてから、再び立ち上げてください。

2.iTunesを最新バージョンへアップデート

旧バージョンの不具合が最新バージョンで修正した可能性があるので、iTunesを最新バージョンに更新しましょう。

  • デスクトップ版のiTunesを更新
    • iTunesを起動します。
    • メニューで「ヘルプ」をクリックします。
    • 「更新プログラムを確認」を選択します。そしたらiTunesは自動的にアップデートをします。それとも「このバージョンは最新バージョン」という通知が出てきます。

    iTunesでアップデートを確認

  • マイクロソフト版のiTunesの場合は、最新バージョンがリリースされたとき、自動的にアップデートされます。更新されなかったら、iTunesのアップデートがないかとMicrosoft Storeで確認もできます。

3.iPhoneに音楽を手動で追加

同期することでiPhoneに音楽を転送できない場合に、手動で曲を追加できます。

CopyTrans ManagerでiPhoneの音楽を手動で管理

iTunesの代わりに無料の代替ソフトウェアCopyTrans Managerを使えます。CopyTrans ManagerでiPhoneにお気に入りの曲を追加したり、不要な音楽を削除したり、プレイリストを管理したりできます。iTunesと違って、CopyTrans Managerは同期を行わないので、思わずに大事なミュージックを削除してしまうことはありません。

  1. CopyTrans Managerをこちらからダウンロードします:
  2. CopyTrans Managerをダウンロード
  3. iPhoneを接続し、読み込みの完了を待ちます。
  4. 曲またはフォルダ全体をCopyTrans Manager画面にドラッグ&ドロップします。
  5. CopyTrans Managerでドラッグアンドドロップすることで曲をiPhoneに追加

  6. 好きなようにプレイリストのコンテンツを整理し、「アップデート」をクリックします。
  7. CopyTrans ManagerでiPhoneに音楽を追加して、変更を適用する

CopyTrans Managerの使い方について:CopyTrans ManagerでiPhoneのミュージックを管理

iPhoneの音楽をパソコン、またはiTunesに転送する方法
CopyTransのロゴ

ある日突然、パソコンが故障してiTunesの曲が聞けなくなった場合、iPodやiPhoneに音楽を戻そうとして、iTunesと逆同期してはいけません。しかしCopyTransを使用すれば、iPhone・iPodのミュージックをパソコンに転送できます。

このプログラムはiPhoneの音楽、プレイリスト、レート、再生回数、歌詞、アルバムアートワークなどをバックアップ可能です。

CopyTransをダウンロード

iTunesでiPhoneの音楽を手動で管理

それでもiTunesを使用したい場合には、「音楽とビデオを手動で管理」の設定を有効にすることができます。その設定をオンにすると、iPhoneと同期させたい曲を手動で選べます。

  1. iTunesを起動し、デバイスを接続します。メニューの下にあるiPhoneのアイコンをクリックします。
  2. iTunesでデバイスのアイコンをクリック

  3. オプションの欄までスクロールします。そしたらオプションの欄で「音楽とビデオを手動で管理」にチェックを入れます。
  4. iTunesで音楽とビデオの手動での管理を有効にする

  5. 設定の変更を保存するため、右下にある「適用」のボタンをクリックします。
  6. その後、手動で音楽のデータを管理できます。上部にある「ライブラリ」をクリックします。
  7. 転送したい項目をライブラリからiPhoneにドラッグアンドドロップします。複数の曲を転送するため、CTRLキーを押しながら同期したい項目を選択します。
  8. iTunesを介してiPhoneに音楽を手動で追加する

4.音楽の同期をオフにして再びオンにする

iTunesで「ミュージックを同期」のチェックを外してから、またチェックを入れてみてください。

  1. iTunesを起動し、デバイスを接続します。メニューの下にあるiPhoneのアイコンをクリックします。
  2. iTunesでデバイスのアイコンをクリック

  3. 横のメニューで「ミュージック」をクリックし、「ミュージックを同期」のチェックを外します。
  4. iTunesでミュージックの同期をオフにする

  5. 出てきた警告で「削除」を選択します。その後、再度「ミュージックを同期」にチェックを入れます。
  6. iTunesでミュージックの同期をオンにする

5.iPhoneを再起動

何か問題が起きたときに、デバイスの再起動を試すことができます。iPhoneを再起動すると、様々なiPhoneの不具合が修正される可能性があります。ある状況で役に立つ簡単な解決法です。

iPhoneを再起動する方法は、「iPhone, iPod touch, iPadを再起動する方法」をご参照ください。

iPhoneを再起動

6.iPhoneの空き容量が足りるか確認

デバイスの空き容量が足りない場合、iPhoneに曲が入らない問題が起きることがあります。最初はiPhoneのストレージの空き領域をチェックしましょう。

iPhoneストレージの使用状態を確認するには、設定アプリで「一般」>「iPhoneストレージ」という順に選択します。そこでiPhoneの使用済みの領域と各アプリの容量を確認できます。

iPhoneの空き容量が不足している

もし空き容量が少なかったら、不要なアプリや、写真及びビデオや、重いファイルなどをデバイスから削除してから、ミュージックの転送を再試行してください。
詳細:iPhoneの空き容量を増やす方法

 

7.「iCloudミュージック」を無効にする

iTunesで「デバイスのアイコン」>「ミュージック」の順にクリックすると、「iCloudミュージックライブラリはオンです」と表示される場合、音楽の同期をオンにできません。

iCloudミュージックはオンです

その場合にデバイス上で「iCloudミュージック」を無効にできます。

  1. デバイスの設定から「ミュージック」を選択し、「ライブラリを同期」をオフにします。
  2. iPhoneでミュージックライブラリの同期を無効にする

  3. 「ライブラリの同期をオフにする」という警告が出たら、「オフにする」をタップしてください。
  4. iPhoneでライブラリの同期をオフにすることを確認する

iCloudミュージックライブラリをオフにすると、Apple Musicでダウンロードした曲が削除されます。

iTunesを介して古いiPodに曲を同期できない

iPhone又はiPadに音楽を問題なく同期できますが、古い機種のiPod(iPod Nano、iPod Classic)に曲を追加できません。特にWindowsが更新されてから、iPod同期の問題が発生する場合は多いです。こちらは解決方法について説明します。

1.iPodのUSBドライバーを更新

iPodのUSBドライバが正常に動作しない場合、ドライバーを更新できます。

  1. iPodとパソコンをUSBケーブルで接続します。
  2. Windows検索バーに「デバイスマネージャー」を入力します。その後、メニューから「デバイス マネージャー」を選択します。
  3. Windowsで「デバイスマネージャー」を検索する

  4. 「ポータブル デバイス」をクリックして、「IPOD」をダブルクリックします。
  5. デバイスマネージャーでiPodを選択する

  6. 出てきたウィンドウで「設定の変更」のボタンをクリックします。
  7. デバイスマネージャーでiPodドライバーの設定を変更する

  8. 「ドライバー」>「ドライバーの更新」の順に選択し、「OK」をクリックすることで確認します。
  9. iPodのUSBドライバーを更新する

  10. 「コンピューターを参照してドライバーを検索」を選びます。
  11. コンピューターを参照してドライバーを検索する

  12. 「コンピューター上の利用可能なドライバーの一覧から選択します」をクリックし、「次へ」をクリックします。
  13. コンピューター上の利用可能なドライバーの一覧から選択する

  14. 「ドライバーが正常に更新されました」との警告が表示されたら、「閉じる」をクリックします。
  15. iPodのドライバーが正常に更新された

  16. その後、iTunesを再実行してから、再度iPodの同期を試します。

2.iTunesの代わりにCopyTrans Managerを使用

iTunesの代わりにCopyTrans ManagerでiPod Classic・iPod Nanoに曲を追加できます。

  1. CopyTrans Managerをこちらからダウンロードします:
  2. CopyTrans Managerをダウンロード
  3. iPodを接続し、曲またはフォルダ全体をCopyTrans Manager画面にドラッグ&ドロップします。
  4. 曲をiPod Classic・iPod Nanoに同期

  5. 好きなようにプレイリストのコンテンツを整理し、「アップデート」をクリックします。
  6. アップデートをクリックし、iPodに変更を適用

詳細な手順:iTunesなしで音楽やビデオをiPhoneやiPodに入れる方法

3.iPodの破損を修正

上記の解決策が役に立たなかった場合、iPodの破損のトラブルシューティングに関するガイドをご参照ください:iPodの破損を修正する方法

Avatar for Xenia
作者: Xenia

CopyTransの日本部門を担当しているクセニアと申します。iPhone 11 Pro ミッドナイトグリーンを使用しています。ご不明点がありましたらサポート copytrans@copytrans.jp までお知らせください。