1 評2 価3 価4 価5 価 (252 の投票、平均: 3.55 / 5)

iPhone機種変更の時、iTunesやiCloudを使うとiPhoneのゲームやアプリを個別に他のデバイスに移行することはできないので、iPhoneのデータ全体を復元しなければなりません。CopyTrans Shelbeeを使うと好きなアプリやゲームのデータを別のiPhoneやiPadに転送することができます。

重要:

  • CopyTrans Shelbee(v2.100以降)を使って、AppStoreにあるアプリをPCにバックアップできます。バックアップ中にアプリがApp Storeからダウンロードされます。その後バックアップしたアプリがApp Storeから削除されていても、簡単にiOSデバイスに復元することが可能になりました!
  • 別のApple IDにもアプリを復元できます。

目次

機種変更時にiPhoneアプリを別のiPhoneに移行

iOS 9~iOS 14を搭載した端末を持っている場合にこの方法でゲームとそのデータを新iPhone・iPadに簡単に転送できます。下記はこの方法の利点を紹介します。

利点

アプリを個別に移動可能
アプリ自体をPCに保存される
別のApple IDにアプリとデータを移行可能
iCloudを使わずに安全にデータを引き継ぐ
復元先のデバイスの全てのデータが上書きされない

バックアップの準備を行う

アプリの引継ぎを上手く行うには、以下の点を確認する必要があります。

1.iOSのバージョンをアップデート

iOSを更新してから、様々なバグが修正される可能性があります。そのバグのせいでアプリを移行しようとすると、エラーが発生する恐れがあります。復元の失敗を防ぐため、iOSのバージョンを更新することをおすすめします。

iOSを更新するには、iPhone上で設定アプリを開き、「一般」>「ソフトウェア・アップデート」で「ダウンロードしてインストール」をタップします。使われるiPhoneは最新バージョンのiOSを搭載した場合は、「お使いのソフトウェアは最新です。」というメッセージが表示されます。

2.アプリを最新バージョンにする

アプリを復元する際に、復元先のiPhoneにアプリケーションの最新バージョンがApp Storeからダウンロードされます。バックアップしたiPhoneのアプリのバージョンが古すぎる場合、バージョンの不互換性のためデータを転送できない恐れがあります。

アプリとデータをスムーズに転送するには、アプリを最新バージョンにしましょう。

  1. App Storeを開きます。画面左下の「Today」をタップし、画面右上の人マークをタップします。
  2. アプリケーション右側にある「アップデート」をタップします。又は「すべてをアップデート」をタップします。

3.バックアップパスワードを覚えていることを確認

iPhoneのバックアップ又は復元を行うとき、バックアップのパスワードの入力が求められます。パスワードを設定する方法は、暗号化されたバックアップについての記事を参考してください。
パスワードを忘れてしまった場合、リセットできます。リセットする方法は、「iPhoneのバックアップのパスワードを忘れたときの対策」をご覧ください。

iPhoneのアプリのバックアップを作成

iPhoneバックアップについてもっと詳しく:iPhone、iPadのバックアップを作成する方法

  1. CopyTrans Shelbeeを以下からダウンロードしてください。インストール方法はインストールのガイドにあります。
    CopyTrans Shelbeeをダウンロード

  2. CopyTrans Shelbeeを起動し、iPhoneを接続します。

  3. 左の「バックアップ」ボタンをクリックし、「フルバックアップ」を押します。
    iPhoneをバックアップ

  4. バックアップの適当な保存先を選択します。青い鉛筆のアイコンをクリックすると、保存先を設定できます。そうして、「アプリを保存」を選択し、「開始」をクリックします。
    バックアップの保存先を選択
    CopyTrans Shelbeeを使えば、パソコンだけでなく、外付けHDDまたUSBにバックアップを行えますので、バックアップ先を自由に選んでください。


  5. iPhoneのバックアップは好きな場所に保存した後、そのバックアップファイルからゲームやアプリのデータを別のデバイスに復元できるようになります。
    iPhoneのバックアップが完了しました

新iPhoneに必要なアプリとデータを復元

  1. CopyTrans Shelbeeのメイン画面に戻って、「選択して復元」をクリックします。
    「選択して復元」を選択

  2. バックアップのリストからデータを復元したいバックアップファイルを選択します。バックアップが暗号化された場合、バックアップのパスワードを入力します。
    復元するバックアップファイルを選択

  3. データの読み込み後、復元したい項目を選択します。「次へ」をクリックします。
    iPhoneに移動するアプリを選択

  4. 復元前に復元先デバイスのデータもバックアップできます。これをすると、復元中に問題が発生しても、復元先デバイスにあるデータを失いません。

  5. デバイスの復元完了まで待ちます。
    CTSでiphone復元完了

この方法でiTunesやiCloudを使わず簡単に好きなゲームやアプリをデバイスに移行することができます。

アプリが移動されないときはどうする?

多くの場合にアプリが移動されない場合の原因は、iOSのバージョンが古いiPhoneと新しいiPhoneで違うということです。なので、先ずはiOSのバージョンを確認して、再びバックアップをしてください。

その他の復元できない問題の原因と対策:iPhoneのバックアップを復元できないときの対処法

iPhoneアプリを他のiPhoneにインストール

バックアップされたアプリのファイルをiPhone・iPadにインストールするには、iTunesを利用できます。

  1. iTunesをAppleのサイトからダウンロードするか、Microsoft Storeからダウウンロードします。
  2. iTunesを開き、デバイスを接続します。そしてデバイスのアイコンをクリックします。
  3. そしたらバックアップしたIPAファイルを「自分のデバイス上」の部分にドラッグアンドドロップします。iTunesでアプリをインストール
  4. 選択したアプリがデバイスに復元されました。
    iPadにリストアされたアプリ
Avatar for michiko

By michiko

CopyTransで日本部門を担当しています。iPhoneに関する記事を中心にCopyTransソフトのアップデート情報もお伝えしています。iPhoneに関してここが知りたいなどリクエストがありましたらコメント欄からお知らせください。