1 評2 価3 価4 価5 価 (158 の投票、平均: 3.50 のうち 5)

こちらの記事ではLINEのトークをHTMLにバックアップする方法をご紹介します。

CopyTrans Contactsを使ってLINEのトーク履歴をHTMLにバックアップ

CopyTrans Contactsを使って、LINEのトーク履歴をiPhoneからパソコンに転送できます。現時点ではLINEアプリからトーク内容をテキストで送信する方法以外に、トーク・スタンプ・写真・動画*をバックアップできる唯一の方法はCopyTrans Contactsを使う方法です。CopyTrans Contactsを使ってLINEのトーク履歴をパソコンに保存しましょう。

  1. CopyTrans Contactsをこちらからダウンロードしてください:

    CopyTrans Contactsをダウンロード

  2. プログラムをインストールします。CopyTrans Contactsをインストールする方法は以下の記事にあります。インストール方法

  3. プログラムを起動し、iPhoneを接続します。画面左側のメッセージアイコンをクリックし、全てのメッセージが読み込まれるのを待ちます。
    LINEのトークをバックアップ

  4. 左上のメッセージアプリリストの中から「LINE」を選択します。
    LINEトーク履歴を保存

  5. エクスポートしたいトーク履歴を選択し、左上の 「選択した項目をエクスポート」をクリックしてください。
    友達とのトークをエクスポート

  6. エクスポート形式を選択します。ここではウェブページ(HTML形式)を選択します。
    CopyTrans ContactsでLINE履歴をHTMLにバックアップ

  7. メッセージの保存場所を選択し、「OK」をクリックします。LINEのトーク履歴がPCに保存されます。
    トークの保存先を選択

  8. 保存したHTMLファイルをダブルクリックすると、トーク履歴はPC上のデフォルトブラウザで開きます。保存したトーク履歴はiCloudのまたは別のサードパーティのサーバーを経由して送信されることはありません。
    パソコンに保存されたLINEトーク

* 動画について : 動画をバックアップするには一旦iPhoneのカメラロール内に保存してください。

LINEでトーク履歴をメール送信

LINEアプリからトーク履歴を送信することができます。トークはテキスト形式で、メールまたはその他のアプリに送ることができます。

  1. LINEアプリから保存したいトークをタップ

  2. 右上の「V」をタップ>「トーク設定」をタップ
    LINEのトーク履歴をバックアップ

  3. 「トーク履歴を送信」から、「メールで送信」または「その他アプリ」を選択
    トーク履歴を送信

トークはテキスト形式のため、スタンプ、写真、動画は送信されません。現時点ではこのデータをiPhoneに復元することはできないようです。
メッセージをメールで送信

iCloudやiTunes、CopyTrans Shelbeeでアプリ・データをバックアップ

iCloudやiTunes、CopyTrans ShelbeeでLINEのトーク履歴や設定をバックアップできます。

iCloudやiTunesを使ったアプリのバックアップ方法についてはこちらのブログ記事をご覧ください: 知っておくと安心、iPhoneやiPadアプリを保存&復元する方法

機種変更時の注意

LINEは機種変更時にアカウントを引き継ぐため、予め設定をする必要があります。設定をすることでスタンプの購入履歴も引き継がれます。詳細はLINE公式ブログをご覧ください。

By fumi

iPhoneのデータ管理ソフトCopyTransの日本部門を担当しています。主な業務はマーケティング、使っているのはiPhone 5s(スペースグレイ)です。弊社ソフト、iPhone情報の他、たまにセキュリティなどの長めの記事を投稿することも。