1 評2 価3 価4 価5 価 (164 の投票、平均: 3.54 のうち 5)

こちらの記事では、LINEのトークをバックアップする4つの方法をご紹介します。

LINEのトーク履歴をPCにバックアップ

CopyTrans Contactsを使って、LINEのトーク履歴をiPhoneからパソコンに複数の形式(PDF、HTMLやその他)で保存できます。

バックアップできるコンテンツは:

  • メッセージのやりとり

  • 添付ファイル(写真や動画)*

  • スタンプ

  • *LINEアルバムを保存するには、こちらのガイドに記載しています。

こちらの方法で、LINEのトーク履歴はiCloudのまたは別のサードパーティのサーバーを経由して送信されることはありません。

CopyTrans Contactsを使ってLINEのトーク履歴をパソコンに保存しましょう。

  1. CopyTrans Contactsをこちらからダウンロードします:

    CopyTrans Contactsをダウンロード

  2. プログラムを起動し、iPhoneを接続します。画面左側のメッセージアイコンをクリックし、全てのメッセージが読み込まれるのを待ちます。

  3. 左上のメッセンジャーのアプリ一覧の中から「LINE」を選択します。エクスポートしたいトーク履歴を選択し、左上の 「選択した項目をエクスポート」をクリックします。
    CopyTrans ContactsでLINEのトーク履歴をエクスポート

  4. エクスポート形式を選択します。ここではウェブページ(HTML形式)を選択します。 「OK」をクリックします。
    CopyTrans ContactsでSMSのエクスポート形式を選択

  5. 保存したHTMLファイルをダブルクリックすると、トーク履歴はPC上のデフォルトブラウザで開きます。
    CopyTrans ContactsでエクスポートされたLINEのトーク履歴を表示

LINEでトーク履歴をメールで送信・Keepに保存

LINEアプリからトーク履歴を送信・保存することができます。トークはテキスト形式で、メールまたはその他のアプリに共有することができます。

トークはテキスト形式のため、スタンプ、写真、動画は送信されません。このデータをiPhoneに復元することはできないようです。

  1. LINEアプリから保存したいトークをタップします。

  2. 右上の「V」をタップ>「設定」をタップします。
    LINEのトークを送信

  3. 「トーク履歴を送信」から送信オプションを選択します。ここに、トーク履歴をKeepに保存します。
    LINE Keepにトーク履歴をテキスト形式で保存

  4. Keepからトーク履歴にアクセスできます。
    LINE Keepでトーク履歴を表示

LINEのトーク履歴をiCloudにバックアップ

こちらの方法で、LINEアプリを再インストールするとき、iCloud DriveからLINEのトーク履歴を復元することができます。

iCloudのストレージのプランによって、LINEのトーク履歴をiCloudにバックアップできない場合があります。

  1. 設定 > Apple ID > iCloud で iCloud Drive をオンにします。iPhoneでiCloud Driveを有効にして、LINEをバックアップ

  2. LINEアプリの設定で「トーク」をタップします。
    LINEでトーク設定を表示

  3. 「トーク」で「トークのバックアップ」>「今すぐバックアップ」をクリックします。
    LINEの設定でトークをiCloudにバックアップ

LINEアプリ本体をバックアップ

CopyTrans ShelbeeでLINEのトーク履歴だけでなく、KEEPデータ、設定等もバックアップできます。

ちなみに、CopyTrans Shelbeeを使ったら、データ復元も簡単にできます。選択して復元

LINEトーク履歴、他のデータのバックアップ及び復元方法はこの記事をぜひご覧ください。

Avatar for fumi

By fumi

iPhoneのデータ管理ソフトCopyTransの日本部門を担当しています。主な業務はマーケティング、使っているのはiPhone 5s(スペースグレイ)です。弊社ソフト、iPhone情報の他、たまにセキュリティなどの長めの記事を投稿することも。