1台のPCで複数のiPhone・iPadをバックアップする方法

1台のPCで複数のiPhoneをバックアップする方法

家族の分のiPhoneバックアップをとりたいけどPCは1台しかないという場合、どうしていますか?

アップルは一台のパソコンで複数のiPhoneを利用する方法として複数のユーザーアカウントを作成したり、別個のiTunesライブラリを作成する方法を案内しています。でもバックアップするのにわざわざアカウントを作成するのも面倒ですね。

かといって、一つのiTunesで複数のデバイスをバックアップすると以下のような問題が起こる可能性があります。

  • バックアップ後、リストアする際に連絡先などのデータが混ざった
  • 複数のiTunesやアカウントを作ると切り替えが面倒だし、PCの容量をとる
  • リストアする際にどのデータをリストアすればいいのか分からない
  • iTunesの不慮の同期のためデータが消えた
  • バックアップ容量が大きいためエラーが出てバックアップできない

普段iTunesを使っていないのに、バックアップのためにiTunesをインストール、訳も分からず使ったらデータが消えたということ話は実際耳にします。
またiTunesはPCのCドライブにバックアップを作成するため、Cドライブに十分な空き容量がないとエラーが出てしまいます。

無料のCopyTrans Shelbeeを使うと好きな場所に任意のフォルダを作って、そこにバックアップすることができます。家族やデバイス毎にフォルダをつくれば、データを別々に管理できるので、間違うこともなく安心です。また同期によってデータが消えることもありません。
CopyTrans Shelbeeで作成されたバックアップを表示

複数のiPhoneやiPadをバックアップ

  1. CopyTrans Shelbeeを下記のボタンをクリックして、ダウンロード&実行

    複数のデバイスをバックアップ

  2. 複数のiPhone、iPadをパソコンに接続すると左上のプルダウンにパソコンに表示されるので、バックアップするデバイスを選択します。
    バックアップしたいiPhone、iPadを選択

  3. 「バックアップ」>「フルバックアップ」 を選択します。
    CopyTrans ShelbeeでiPhoneのバックアップを作成

  4. 保存先フォルダを選択します。デフォルトではiTunesのバックアップと同じ場所(Cドライブ)になります。青い鉛筆のアイコンをクリックするとiPhoneのバックアップの保存先を変更出来ます。保存先を選択し、「スタート」をクリックします。
    iPhoneのバックアップ先を選択し、バックアップを開始

  5. バックアップが成功の画面が出たら、バックアップ時期の通知を有効にしたい・したくない場合、「通知をオン」あるいは「後で」をクリックしてください。
    CopyTrans ShelbeeでiPhoneバックアップが完了

  6. これでバックアップが完了しました。

さいごに

いかがでしたか。不慮の事態に備えて、普段からiPhoneのバックアップは行っておいた方がいいですよ。写真や連絡先など大切なデータは、なくなってからでは手遅れです。せっかくバックアップを取っていても、他のiPhoneのデータをリストアしては大変です。機種変後バックアップから復元したら母親のiPhoneの連絡先が入っていたなんて話は実際にあります。家族のiPhoneをバックアップするなら簡単で、分かりやすい方法が一番ですね。そんな時はCopyTrans Shelbeeをぜひお使いください。