iPhoneをUSBとして使う

iPhoneをUSBメモリとして使う方法

画像やファイルを持ち歩くのに便利なUSBメモリですが、時には家に忘れた、オフィスにおきっぱなし、なんてこともあります。いつでも携帯するiPhoneをUSBメモリとして使えたら便利だと思いませんか。

今回ご紹介する方法で以下のものをiPhoneで持ち歩けます。

  • PDF
  • Word、Excel、PowerPoint
  • 画像、写真
  • 音楽ファイル
  • 動画ファイル
  • ZIP、RARファイルなど

また追加した音楽や動画はアプリ内で再生可能です。

iPhoneがUSBメモリに変身!

無料のベータ版CopyTrans Appsを使ってiPhoneをUSBメモリに変身させます。まずはCopyTrans Appsをこちらからダウンロードします。

CopyTrans Appsをダウンロード

  1. iPhoneにApp Storeからファイルマネージャをダウンロードします。ファイルマネージャ
  2. CopyTrans Appsを起動しiPhoneを接続します。左側にアプリが表示されます。CopyTrans Appsメイン画面
  3. ファイルマネージャを選択します。ファイルマネージャ選択
  4. 右下にある「Add documents」をクリックしてPCに保存してあるファイルを追加するか、画像のようにドラッグ&ドロップで直接ファイルを追加することも出来ます。ファイルをドラッグ&ドロップ
  5. ごらんのとおり、ファイルはすぐにiPhoneに追加されます。iPhoneに追加されたファイル
  6. 追加したファイルはiPhoneのファイルマネージャアプリから参照できます。アプリ内でPDFやWord、Excelといったファイルを表示したり、動画や音楽を再生したりできます。

  7. 同様にしてiPhoneのファイルをどのPCにもコピーすることもできます。ファイルをコピーしたいPC上でCopyTrans Appsを開いてiPhoneを接続、ファイルマネージャを選択します。ファイルをPCにコピー
  8. コピーしたいファイルをPC上にドラッグ&ドロップします。ファイルをPCにコピー
Tip: Word、Excel、PowerPointなどのファイルはPCにコピーしなくてもCopyTrans Apps上でダブルクリックして編集することができます。ファイルの編集

さいごに

今オフィスで必要なのにUSBメモリが家にあるなんてことがよくあります。iPhoneはいつも手元にあるのでこの方法は本当に便利です。また手軽に音楽を入れれば、アプリ内で音楽が再生できるというのもいいですね。わざわざiTunesを立ち上げて同期する必要がありません。みなさんもぜひお試しください。