iPhoneが水没したら絶対にしてはいけないこと7つとすぐにやるべきこと5つ

お風呂で動画を見る、プールで写真を撮るなど、水のあるところでiPhoneを使うことってありますよね。心配なのはiPhoneの水没、浸水による故障です。かのソフトバンクの孫社長も、自身のiPhoneをお風呂に水没させてしまったそうです。
孫社長はすぐに電源を切って、ドライヤーで5分乾燥させたそうですが、ドライヤーは高温となるため専門家は絶対にしないようにと警告しています。

iPhoneを水の中に落としてしまったときに絶対にしてはいけないことがあります。またすぐに応急処置をとることで復活することもあるので、プールやお風呂にiPhoneを落としてしまったというときには、落ち着いてすぐに記事にある対処法で応急処置を行ってみてください。大切なiPhoneがよみがえりるよう祈っています。

iPhoneが水没!絶対にしてはいけないこと

  • iPhoneを振る
  • 電源を入れる
  • 充電器やPCなどと接続
  • iPhoneを振る
  • ドライヤーで乾燥
  • 乾燥剤で乾燥
  • 電子レンジで乾燥

iPhoneを振ると、水分を余計に広げてしまうのでNGです。電源を入れたり、充電器、パソコンなどと接続するとショートを起こすのでやってはだめです。急激な乾燥は腐食を進行させるので、ドライヤーや乾燥剤で乾燥させることもよくないのです。電子レンジに入れるような暴挙に出る人はいないと思いますが、念のため。

iPhone水没!すぐに応急処置

  • iPhoneの電源を切る、電源は入れない
  • iPhoneのカバーはとる
  • iPhoneの水分を丁寧に拭き取る
  • SIMカードを抜く
  • 動いても、出来るだけ早く修理に出す

電源が入っている場合には、すぐにオフにします。そしてiPhoneの水分をティッシュやハンカチなどで丁寧に拭き取りましょう。SIMカードは取り出して、水分がついていたら拭き取ってください。目に見える水分を拭き取ったら、下の方法で十分乾燥させましょう。

iPhoneを乾燥させる方法

夜間などですぐに修理に出せない場合には、この方法でまずは乾燥させましょう。ジップロックなど、しっかり閉じることができるビニール袋を用意し、たっぷりのお米を入れ、その中にiPhoneを入れます。この状態で24時間置きます。iPhoneを米の中で乾燥

水没/湿気による危険性について

『乾いてから使ったら問題なく使えた』という話も聞きますが、iPhoneのバッテリーはリチウムイオンなので、実はこの方法だとすごく危険なのです。
リチウムイオンバッテリーはわずかな水分でも浸食・腐食が始まります。最悪、破裂・液漏れ・発火などの事故が起こりかねません。水没したら応急処置を施し、すみやかに修理に出すことをお勧めします。

iPhoneデータをバックアップ&リストア

最悪iPhoneがだめになってもデータだけでも取り出すためには、やはりバックアップをしておかないといけません。いざという時のために今すぐバックアップ!
フリーのiPhoneバックアップツール、CopyTrans Shelbeeをお使いください。
フリーのiPhoneバックアップツール
iTunesなしにiPhoneやiPadをバックアップする方法
iTunesなしにiPhoneやiPadのバックアップをリストアする方法

さいごに

iPhoneが防水だったらよかったのですが、今のところそういう話はないので自分で気をつけるしかないです。iPhoneを水の中に落とす、ということは誰にでも起こりえることです。まずは万が一のためにiPhoneのデータを保存、そして水気のある所では気をつけましょう。トイレ、洗面所、雨、プール、お風呂などなど、iPhoneの扱いにはくれぐれもご注意を。

Background vector designed by Freepik