iPhoneが水没したときの応急処置

1 評2 価3 価4 価5 価 (1 の投票、平均: 5.00 のうち 5)

お風呂で動画を見る、プールで写真を撮るなど、水のあるところでiPhoneを使うことってありますよね。心配なのはiPhoneの水没、浸水による故障です。かのソフトバンクの孫社長も、自身のiPhoneをお風呂に水没させてしまったそうです。
孫社長はすぐに電源を切って、ドライヤーで5分乾燥させたそうですが、ドライヤーは高温となるため専門家は絶対にしないようにと警告しています。

iPhoneを水の中に落としてしまったときに絶対にしてはいけないことがあります。またすぐに応急処置をとることで復活することもあるので、プールやお風呂にiPhoneを落としてしまったというときには、落ち着いてすぐに記事にある対処法で応急処置を行ってみてください。大切なiPhoneがよみがえりるよう祈っています。

iPhoneが水没!絶対にしてはいけないこと

iPhoneが水没してしまったら、以下の注意点を無視しないでください。

絶対にしてはいけないこと:

  • iPhoneを振る
    iPhoneを振ると、水分を余計に広げてしまうのでNGです。
  • 電源を入れる
    電源を入れたら、iPhoneの破損がひどくなります。
    どうしてもiPhoneのデータにアクセスしたい場合は、データを既存のバックアップからPCに取り出してください。
  • 充電器やPCなどと接続
    電源を入れたり、充電器、パソコンなどと接続するとショートを起こすのでやってはだめです。
  • ドライヤーで乾燥
    デバイスをドライヤーの熱風で乾燥すれば、iPhoneの画面の感動が悪くなるかもしれません。さらに腐食が進行する可能性があります。
  • 電子レンジで乾燥
    電子レンジに入れるような暴挙に出る人はいないと思いますが、念のため。溶けたiPhone

iPhone水没!すぐに応急処置

水没したiPhoneを水から取り出してから、すぐにするべきことは下記にあります。慌てずに応急処置に従えば、iPhoneの水没による損害を防げます。

  1. iPhoneの電源を切る、電源は入れない
    電源が入っている場合には、すぐにオフにします。電源を切ったら、故障の可能性が低くします。iPhoneの電源を切る方法はApple社の公式サイトで説明されています。
    iPhoneの電源を切る方法
  2. iPhoneのカバーを外す
    水はケース・カバーの隙間に隠れることができるので、iPhoneからケースもスクリーンプロテクターも取り除きます。
    iPhoneのケース
  3. iPhoneの水分を丁寧に拭き取る
    iPhoneの水分をティッシュやハンカチなどで丁寧に拭き取りましょう。水が小さな隙間で残っている場合は、綿棒を使用してください。
    濡れたiPhone
  4. SIMカードを抜く
    SIMカードを取り出して、水分がついていたら拭き取ってください。
    iPhoneからSIMカードを取り出す
  5. iPhoneを乾燥させる
    目に見える水分を拭き取ったら、次の方法で十分乾燥させましょう。夜間などですぐに修理に出せない場合には、この方法でまずは乾燥させましょう。ジップロックなど、しっかり閉じることができるビニール袋を用意し、たっぷりのお米を入れ、その中にiPhoneを入れます。この状態で24時間置きます。iPhoneを米の中で乾燥
  6. 液体侵入インジケータを確認
    すべてのiPhoneは液体侵入インジケータ(LCI)を搭載しています。そのインジケータがiPhoneが水により損傷した場合、インジケータは赤になります。iPhoneを米から取り出してから、電源を入れる前にインジケータが赤くになったかどうかを確認してください。運がよかったら、水害がなければ、インジケータが赤くならず白または銀色のまま残ります。iPhoneのLCIの位置を見つけるには、以下の表を参考してください。
    iPod・iPhoneの液体侵入インジケータの位置
  7. 動いても、出来るだけ修理に出す
    iPhoneを乾燥しても、安全のためにAppleの修理サービスに出すことをおすすめします。

水没/湿気による危険性について

『乾いてから使ったら問題なく使えた』という話も聞きますが、iPhoneのバッテリーはリチウムイオンなので、実はこの方法だとすごく危険なのです。
リチウムイオンバッテリーはわずかな水分でも浸食・腐食が始まります。最悪、破裂・液漏れ・発火などの事故が起こりかねません。水没したら応急処置を施し、すみやかに修理に出すことをお勧めします。

iPhoneを使えない限りデータを復元

水没した端末を米に入れると、24時間もiPhoneを使えなくなります。しかしその間にiPhoneにあるデータ(例、連絡先)にアクセスしなければならないと、どうしましょう。その状況では、データを復元する2つの方法があります。

  1. iPhoneのバックアップからデータを抽出

    iPhoneがiTunesと同期していると、バックアップが自動的に作成されます。そのバックアップからCopyTrans Backup Extractorを使って一部のデータを抽出できます。プログラムは、自動的にPCにあるすべてのバックアップを見つけ、閲覧できる形式に変換し、PCに保存します。

    CopyTrans Backup Extractorをダウンロード

    CopyTrans Backup ExtractorでiPhoneのデータを取り出す

    もっと詳しく知りたい場合は、iPhoneのデータをバックアップから取り出す手順を見てください。

  2. データをiCloudから取り出す

    iPhoneのデータをiCloudと同期している場合は、簡単にiCloudから取り出せます。

水没したiPhoneを直せない場合

最悪iPhoneがだめになっても、バックアップがあれば、データだけでも救えます。データを新iPhoneに復元するには、便利なiPhoneバックアップツール、CopyTrans Shelbeeをお使いください。もっと詳しく知りたい場合は、iPhoneのデータをバックアップから選択して復元の手順を見てください。

CopyTrans Shelbeeをダウンロード

CopyTrans ShelbeeでiPhoneのデータを復元

防水のiPhoneがありますか?

現在のところ、完全に防水のiPhoneがありません。といっても新機種は30分間の防水性能があります。つまり一時的に一定水深の条件に水没しても、内部に浸水しない性能があります。防水の等級についての詳細は以下です。

  • iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max の防水の等級は IP68 です。30分間以内に4メートルの水深に水没可能です。
  • iPhone 11、iPhone XS、iPhone XS Max の防水の等級は IP68 です。30分間以内に2メートルの水深に水没可能です。
  • iPhone XR、iPhone X、iPhone 8、iPhone 7 の防水の等級は IP67 です。30分間以内に1メートルの水深に水没可能です。iPhoneと雫

しかしiPhoneは防水性能があるからといって、水中で使用しても大丈夫とは言えません。iPhoneは水中専用の端末ではありません。その上iPhoneの防水性能は時間とともに劣化します。 つまり、3年前に買ったiPhone 7は、以前ほど耐水ではありません。ですからiPhoneをプールなどで使わないようにしてください。

さいごに

iPhoneが防水だったらよかったのですが、今のところそういう話はないので自分で気をつけるしかないです。iPhoneを水の中に落とす、ということは誰にでも起こりえることです。まずは万が一のためにiPhoneのデータを保存、そして水気のある所では気をつけましょう。トイレ、洗面所、雨、プール、お風呂などなど、iPhoneの扱いにはくれぐれもご注意を。