iPhoneやiPadアプリを保存&復元する方法

知っておくと安心、iPhoneやiPadアプリを保存&復元する方法

iPhoneやiPadの魅力はたくさんのアプリ。チャット、ゲーム、ビジネス等々、皆さんも毎日使っているアプリがあると思います。

みなさん、アプリのデータ保存(バックアップ)はしていますか?
iPhoneをなくした・修理した・機種変更したとき、もしバックアップデータがないと、アプリ本体はiPhoneに戻せても、データは元に戻せません。

というわけで、今回の記事はアプリのデータ保存と復元に注目してその方法を紹介します。

iPhoneやiPadのアプリをバックアップする方法

iPhoneのアプリをバックアップするには3通りの方法があります。

  • iCloudでバックアップ
    ■ 長所 パソコンなしで簡単にできる
    ■ 短所 iCloud上の容量は5GBまで(無料版)、インターネット接続が必要

  • iTunesでパソコン上にバックアップ
    ■ 長所 ほぼ全てのデータが確実にバックアップできる
    ■ 短所 バックアップの保存先が不明

  • CopyTrans Shelbeeでバックアップ
    ■ 長所 データを安全・簡単にバックアップできる、保存場所を特定できる
    ■ 短所 ケーブルが必要

バックアップは、アプリデータだけでなくiPhoneやiPadの設定データなども保存されます。バックアップされるデータの詳細については、以下のリンクから確認できます。
iCloudバックアップ: iCloud バックアップの対象となるもの
iTunesバックアップ: iOS デバイスのバックアップについて
CopyTrans Shelbee:バックアップに含まれるものは何ですか?

それではまず、iCloudから見ていきましょう。

iCloudでバックアップ

  1. バックアップ設定

    設定で「Apple ID」>「iCloud」>「iCloudバックアップ」をオン
    iCloudでバックアップをオン

  2. バックアップ作成

    「今すぐバックアップを作成」をタップ

    iCloudでiPhoneをバックアップ

iCloudでは下記の条件を満たすと、自動的にiCloudにバックアップしてくれます。

  • iPhoneが充電中・電源に接続されている
  • iPhoneがロックされている
  • Wi-Fiに接続されている
  • iCloudに必要な空き容量がある

iTunesでバックアップ

【始まる前】iTunesとデバイスの同期設定を「自動」にしている場合、念の為、同期設定を手動に変えておいてください。

  1. バックアップ設定

    PCにiPhoneを繋げて、iTunesを開きます。iTunesを開いて、iPhoneやiPadが認識されるのを待ちます。デバイスのアイコンをクリックします。 

    iTunesでiPhoneの概要を表示するため、デバイスのアイコンをクリック

    すると、iPhoneの概要が右側に表示されます。バックアップ欄で、次の項目を選びます。
    ■ 「このコンピュータ」
    ■ 「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェック

    iTunesでiPhoneバックアップの設定を確認

    暗号化することで、バックアップデータを保護し、iPhoneに登録されているアカウントのパスワード、そしてLINEなどのチャット履歴もバックアップすることができます。バックアップデータを暗号化するにはパスワード設定が必要です。パスワードを忘れるとデータを復元できなくなるので忘れないように注意してください。

  2. バックアップ作成

    パスワードを設定して、「今すぐバックアップ」を押すと、バックアップが始まります。

    iTunesでiPhoneバックアップを作成

CopyTrans Shelbeeでバックアップ

iPhoneのバックアップ方法に関しては、一番使いやすいのはCopyTrans Shelbeeだと思います。

  1. バックアップ設定

    CopyTrans Shelbeeを起動し、「バックアップ」>「フルバックアップ」を押します。

    iPhoneをバックアップ

  2. フルバックアップ開始前、暗号化タブで暗号化パスワードを設定します。

    iPhoneのバックアップを暗号化にする

  3. バックアップ作成

    バックアップの暗号化を設定し、保存先を確認して、「開始」ボタンをクリックします。バックアップ完了後、確認画面が出ます。

    iPhoneのバックアップが完了しました

アプリをiPhoneやiPadに復元する方法

新規デバイスを買った、またはiPhoneの調子が悪くてデバイスを初期化した場合は、取っておいたバックアップデータでiPhoneを復元することができます。

iCloudから復元

  1. 新規または初期化したデバイスの「設定アシスタント」から「デバイスの設定」を選択します。

  2. 「iCloudバックアップから復元」をタップして、iCloudにサインインします。

    iCloudバックアップからデータをiPhoneに復元
  3. 「バックアップを選択」から最新のものを選びます。

  4. 復元が完了したら、データがあるか確認してください。
    ※音楽やビデオは復元されません、iTunesと同期する必要があります。

iTunesから復元

  1. iTunesを開いて、iPhoneをPCに接続します。

  2. iPhoneが認識されたら、(新デバイスの場合)画面で「バックアップから復元」を選びます。

    iTunesで新iPhoneにデータを復元

    もしくは、iPhoneのアイコンをクリックして、「概要」で「バックアップ」欄の「バックアップを復元」を選んでも復元できます。

    iTunesで「バックアップを復元」をクリック
  3. バックアップの暗号化パスワードを入力します。

    データを復元するため、iTunesで暗号化バックアップのパスワードを入力

CopyTrans Shelbeeから復元

  1. 新iPhoneを接続し、「選択して復元」を押します。データを復元したいバックアップファイルを選択します。

    「選択して復元」を選択

  2. 新iPhoneに追加したいアプリを選択します。

    iPhoneに移動するアプリを選択

  3. App Storeからアプリをダウンロードするだけでアプリの復元は完全に完了します。
    CopyTrans Shelbeeでアプリの復元は完了
    多くのアプリを復元した場合、「アプリのリストを保存」をクリックすると、復元されたアプリの一覧を見ることができます。

    CopyTrans Shelbeeで復元されたアプリのリストを表示

さいごに

いかがでしたか。iPhoneやiPadの重要なデータを優先的にバックアップ・復元するiCloud、ほぼ全てのアプリデータを保存し元に戻せるiTunes、手軽にアプリを入れできるCopyTrans Shelbeeなど、色々な方法があります。お気に入りの方法はみつかりましたか?