iPhoneの写真管理方法

iPhoneやiPadの写真管理の方法と気をつけること

iPhoneの写真管理はどうしていますか?iPhoneに写真や動画がたまってきているけれど、管理が面倒だし、方法もよく分からず放置していませんか?
データがたまってくるとiPhoneの動作が重たくなってくるし、最悪写真が撮れない事態もおこります。またiPhoneを紛失したときは大切な写真が永遠に失われることになります。

CopyTransシリーズのCopyTrans PhotoやiTunesなどを使った写真の管理方法と注意点をご紹介したいと思います。写真は大切なデータです。思わぬ操作ミスで失うことがないよう気をつけたいものです。

この記事でご紹介している方法はiPhoneやiPadすべてのデバイスに対応しています。

目次

【写真をiTunesと同期】
iTunesと同期の注意点

【写真管理その1.写真のバックアップ】
Windowsの「画像とビデオのインポート」機能を使ってバックアップ
CopyTrans Photo使ってバックアップ

【写真管理その2.PCからiPhoneやiPadに写真をコピー】
iTunesでPCのフォルダを同期
CopyTrans Photoでドラッグ&ドロップ

【写真管理その3.写真の削除】
iTunes同期で削除
CopyTrans Photoで削除

【CopyTrans Photoで写真管理】
CopyTrans Photoをお勧めする理由
ユーザーのレビュー

【写真をiTunesと同期】

iTunesと同期することによってPCから写真をデバイスに転送することができます。「同期」は癖があるので、思わぬ操作ミスで写真を削除することもありますので注意が必要です。

iTunes同期の注意点

  • iTunes同期は前のデータに追加ではなく上書きになります。前に同期したからといってチェックを入れなかったり、PCから削除するとデバイスからも消えます。
  • 一度に1台のPCまたは1つのユーザアカウントからしか写真を同期できません。別のPCまたはユーザと写真を同期している場合は、その前に同期した写真は削除されます。
  • PCからデバイスに同期された写真は、再度PCに読み込むことはできません。
  • iTunesで同期した写真はオリジナルサイズではなく、デバイスに最適化(縮小)された画像になります。iPad上で地図の画像など細かいものをピンチアウトしてみるときなどに違いがでるかもしれません。
  • 写真のオリジナルサイズとiTunesと同期後のサイズを比較

【写真管理その1.写真のバックアップ】

実はiTunesで写真のバックアップはできません。Apple社は次の方法をサイト上で案内しています。

Windowsの「画像とビデオのインポート」機能を使ってバックアップ

Windows 10の場合

  1. デバイスをパソコンに接続
  2. Wndows 10の標準「フォト」アプリを起動
  3. 「インポート」>「USBデバイスから」をクリック
    Windows 10のフォトアプリでiPhoneから写真をインポート
  4. インポートしたい写真を選択
  5. 完了後「ピクチャ」フォルダを開き、インポートした写真が表示されるので確認します。
  6. Windows 10のフォトアプリでインポートしたiPhoneの写真をフォルダで表示

Windows 7の場合

  1. iTunesのインストールしてあるPCでiPhoneを接続すると「自動再生」というウインドウが開くので「画像とビデオの読み込み」をクリックします。
  2. 「読み込み設定」をクリック
  3. 「読み込み後にデバイスから消去する」にチェックが入っていないことを確認し、OKをクリック
  4. 「読み込み」をクリック
  5. 完了後新しいウィンドウが開き、読み込んだ画像とビデオが表示されるので確認します。 日付のついたフォルダがたまっていきます。
  6. PCに保存されたフォルダ

DCIMフォルダから写真をインポート

iPhoneの写真はDCIMというフォルダの中の複数のフォルダに保存されています。iPhoneから特定の写真をコピーするにはフォルダを一つひとつ開いて探す必要があります。

  1. デバイスをパソコンに接続
  2. 「コンピューター」>「デバイス名」>「Internal Storage」>「DCIM」にアクセス
  3. 「APPLE」と「ICLOUD」の中から写真またはフォルダを保存
  4. iPhoneのDCIMフォルダで写真を表示

CopyTrans Photo使ってバックアップ

CopyTrans Photoメイン画面

  1. CopyTrans Photoをダウンロード&インストール
  2. プログラムを起動し、デバイスを接続
  3. 画面上部にある「フルバックアップ」ボタンをクリック
  4. 保存場所を指定し、「OK」をクリック
  5. これでデバイスのアルバムがすべてバックアップされます。
    バックアップされたアルバムと写真

【写真管理その2.PCからデバイスに写真をコピー】

デジカメや一眼レフで撮った写真をiPhoneやiPadにコピーしておけば、友人や家族にいつでも見せられますよね。

iTunesでPCのフォルダを同期

iPhoneをiTunesと同期することで、パソコン内の写真をiPhoneへ転送できます。デフォルト設定では、「マイピクチャ」フォルダ内にある写真を転送します。

  1. iTunesを起動し、iPhoneを接続
  2. iTunes でデバイスのアイコンをクリックし「写真」タブをクリックします。
  3. 「写真を同期」にチェックをいれ、同期するフォルダを選択し、「適用」ボタンを押します。iTunesで写真を同期
  4. 前に同期した写真が削除されるというメッセージが出るのでよければ「削除して同期」をクリックします。確認メッセージ
    注意:以前同期した写真がすでにPCにないという場合は、この同期によって削除されますのでお気をつけください。
  5. デバイスに同期した写真は、「写真」アプリ内で確認できます。

CopyTrans Photoでドラッグ&ドロップ

CopyTrans Photoを使うとデバイスとPCの写真を見ながら作業ができるので、目的の写真を探すのが簡単です。

  1. プログラムを起動し、デバイスを接続
  2. デバイス側にアルバムを作成
  3. PCのフォルダから希望の写真を選んでデバイスのアルバムにドラッグ&ドロップ写真をドラッグ&ドロップ
    フォルダごとドラッグ&ドロップすることもできます。フォルダをドラッグ&ドロップ
  4. 変更を適用ボタンを押します。変更を適用ボタン

【写真管理その3.写真の削除】

iTunes同期で削除

iTunesでは同期した写真を削除できますが、カメラロールの写真は削除できません。デバイスでの作業になります。

  1. iTunes で、デバイスをクリックし、「写真」をクリック
  2. 「選択したアルバム」を選択し、削除したいアルバムまたはコレクションの選択を解除します。
    同期した写真をすべて削除するには、「写真を同期」の選択を解除し、確認メッセージが表示されたら「写真を削除」をクリックします。
    デバイスの写真を削除
  3. 「適用」をクリックします。

CopyTrans Photoで削除

CopyTrans Photoだとデバイスのカメラロールやアルバム内の特定の写真やパソコンの写真もメイン画面上で削除できます。この操作は元に戻せませんのでバックアップされている写真を確認してから行ってください。

  1. CopyTrans Photoを起動し、iPhoneやiPadを接続
  2. 削除する写真を選択します。複数ならコントロールキーを押しながら選択、すべてを削除するならコントロールキーとAを同時に押します。選択した写真上で右クリック、「カメラロール・アルバムから削除」を選択します。CopyTrans Photoでカメラロールの写真を一括削除
  3. 確認画面が出るのでよければ「はい」をクリックします。
  4. このようにカメラロールやアルバムの写真、またはPCの写真を削除できます。

【CopyTrans Photoで写真管理】

CopyTrans Photoをお勧めする理由

CopyTrans Photoで写真や動画を転送・コピーする際には、上書きではなく、前のデータに追加します。

  • どのパソコンからでもiPad・iPhoneに写真を追加可能、iTunes不要
  • PCの高画質画像を最高画質でiPhoneやiPadに転送
  • PCとデバイスの写真や動画を見ながら、好きなものを選んでドラッグ&ドロップデバイスの写真やフォルダをドラッグ&ドロップ
  • フォルダやアルバムごと簡単ドラッグ&ドロップ
    デバイスのアルバムをPCへドラッグ&ドロップ
    フォルダをドラッグ&ドロップ
  • ワンクリックフルバックアップ機能で、iPhoneの写真や動画、アルバムまで全てをバックアップフルバックアップボタン
  • フォトプレビュー機能で、写真をすばやく確認写真のプレビュー
    画像の詳細、EXIFデータ、撮影日、撮影機器、撮影場所(GPSを搭載しているデバイスで撮影した写真)を表示。
    画像の詳細
  • 撮影地、緯度などの画像の詳細をプレビュー、地図上で表示地図で表示
  • 内蔵されたビデオプレーヤーで動画を再生ビデオプレーヤー

CopyTrans Photoユーザーレビュー

CopyTrans Photoユーザーからお寄せいただいたフィードバックです。皆様ありがとうございました。

F様
iPadで写真のアルバムを複数のレンズ、カメラ、イベント別に作成し管理しています。iTune経由ではファイルやフォルダの追加が出来ず、大変に不自由を強いられていたのが一気に解決し、極めて快適な環境になりました。データの出し入れが容易になりモバイルツールの便利さが倍増しました。これはお薦めソフトです。

O様
PCが壊れてしまいHDD交換したのですが、iPodの中に入れていた画像deta約1万枚を全て完璧に復元することができました。これに行き着くまでに 他のソフトも試しましたが全くダメであきらめていたので本当に感謝しています。購入前にお試し使用できるのも良いですね。

S様
風景写真を撮っており、30000枚近くの写真を、iPhoneに同期しました。ver. 4.01になって、同期の安定性がましています。exif情報も保持されるようになってきており(iPhoneの写真アプリのみではexif情報は見ることはできず、有料のview exif有料などのアプリを追加する必要がありますが)、どのカメラで撮ったか、どのレンズでとったか見返せるので、とても便利です。PC内の写真同期するために、google photoなどのオンラインアルバムの利用も当初考えましたが、家族や自分の幼少期から今に至るまでの写真をすべてgoogleのサーバーに預け、顔認識させる気にはどうしてもなれなかったので、Windows環境でも、ローカルで同期できるこのソフトがあってくれて本当によかったです。バグについて報告すると、細やかに対応してくれてサポートにも信頼が置けました。

                             

さいごに

いかがでしたか。写真はデバイスの中で一番大切なデータのひとつです。失ったら困りますね。管理はしっかりしたいものです。Windows 7では、一度取り込んだ画像は再度読み込まれないとか、iTunesでPCからデバイスに同期された写真は、再度PCに読み込むことはできない、といったことは実は知りませんでした。パソコンが壊れた時には困りますね。そんな時CopyTrans Photoがお役に立てそうです。