【2021年】iPhoneの写真を整理する10つの方法と気をつけること

1 評2 価3 価4 価5 価 (14 の投票、平均: 4.29 / 5)

iPhoneに撮った大量の写真整理はどうしていますか?iPhoneに写真や動画がたまってきているけれど、整理が面倒だし、方法もよく分からず放置していませんか?データがたまってくるとiPhoneの動作が重たくなってきます。最悪、写真が撮れない事態もおこります。CopyTransシリーズのCopyTrans Photo、iTunesを使った写真の管理・整理方法と注意点をご紹介します。


iPhoneの写真を整理する10つのヒント


iPhoneの写真をお気に入りに追加する

まずは自分にとって最も重要な写真を選択しましょう。写真を「お気に入り」に追加するには、iPhone画面下部中央にあるハートマークをタップしてください。重要なイベントの写真を1-2枚を追加するのはオススメです。思い出に振り返ることができますし、友達にも大好きな写真だけを見せることができます。


重複写真を削除する

以前に撮った写真を確認して、いらない画像を削除することは、iPhoneの写真を整理する良い方法の1つです。重複写真、不要なスクリーンショットとぼやけた画像を削除してください。時間が足りないですか。右上隅の「選択」ボタンを押して、複数の写真を一括削除することができます。


写真をバックアップする

最も重要なステップだと思います。CopyTrans Photoは、写真をバックアップするには最も簡単で効果的な方法であることがわかりました。CopyTrans Photoをダウンロードしてください。iPhoneの写真を削除してから、整理されたカメラロールをバックアップすることをオススメします。

CopyTrans Photoのメリット:

デバイス ⇄ パソコン双方にすべての写真やアルバムを移動することが可能です。

画質を劣化させずに写真転送することができます。

スマートバックアップ機能は、既存の写真を認識し、重複が作成されません。

すべてのiOSのバージョンとデバイスモデルに対応しています。

CopyTrans Photoで重要な写真をバックアップ

iPhoneの写真をアルバム、またはフォルダに入れる

カメラロールから重複写真を削除してから、アルバムを作成して、撮った写真を分類しておきましょう。当社で働いている人たちは、写真を月ごと、イベントごと、人ごとで分類することが好きです。

iPhoneのアルバムの作り方:iPhoneでは、「写真」アプリで「アルバム」を選択し、画面左上の「+」をタップすると、新規アルバムと新規フォルダを作成することができます。アルバムの名前をいつでも変更するもできます。そのために、アルバムを開いて、「・・・」をクリックして、「アルバム名称変更」をタップしてください。

カメラロールから重複写真を削除してからアルバムを作成して撮った写真を分類しておきましょう

大きい画面で写真を確認・整理する方には、CopyTrans Photoをオススメします。パソコンからiPhoneでアルバムを作成したり、アルバムに写真を入れたり、写真の並び替えを変更することができます。CopyTrans Photoは試用版がありますので、無料で試してみてください!


編集したい写真を1つのアルバムに入れる

現在はインスタグラムなどのソーシャルメディアが流行っていますので、自分で撮った写真を綺麗に編集したい方が大勢いるでしょうか。そのために、「編集」と「編集済み」というフォルダを作成することがオススメします。「お気に入り」というフォルダにある写真を確認して、どっちを編集したいのか選択して、この写真を「編集」フォルダにコピーしてください。写真を編集してから、必ず「編集済み」フォルダに追加してください。

iPhoneで編集したい写真を1つのアルバムに入れる

優先順位を設定する

便宜を図るために、重要なアルバムを優先順位を設定してください。アルバムの順序を並び替えるには、「マイアルバム」を開いてください。右上隅の「編集」を押して、必要なアルバムをタップして、タップしたまま、動かしたい位置まで引っ張ってください。


iPhoneの写真の並び替えを変更する

CopyTrans Photoを使うとPC上で簡単にiPhoneの写真や画像の順番も変更できます。iPhoneの写真の名前をパソコンに変更して、iPhoneのアルバム内に写真を名前順で並び替えてください。また、CopyTrans Photoを使用すると、すべての写真とビデオをサイズで並び替えることができます。大量のファイルを確認して、削除することができます。


「検索」と「選択」ボタンを使う

多くの写真の中から特定の写真を見つけるには、「検索」機能を使用することが可能です。「最近の項目」を開いて、左下隅の検索アイコンをタップして、探しているものを入力してください(例えば、都市の名前、日付など)。必要な写真を選択して、適切なアルバムに転送してください。


「ピープル」機能を使う

iPhoneアプリを使って、大好きな人の写真を簡単に検索することができます。そのために、「ピープル」という機能を使ってください。この機能は、写真に映った人の顔をiPhone側で自動的に分析して、「人物」ごとにフォルダに入れるものです。人に名前を付けてから、「検索」タブでも、この人を名前で探すことができます。


iCloudフォトを使う

家族と写真を共有したいのであれば、iCloudフォトをオススメします。iCloudフォトはデフォルトでiPhoneでインストールされています。様々なアルバムを作成することができますし、他の人もそのアルバムを編集することができます。家族と友達にアップロードされた写真も自分のスマホにダウンロードすることができます。


iTunesを使って、iPhoneの写真を管理


iTunesと同期の注意点

iTunesと同期することによってパソコンから写真をiPhone・iPadに転送することができます。「同期」は癖があるので、思わぬ操作ミスで写真を削除することもありますので注意が必要です。

  • iTunes同期は前のデータに追加ではなく上書きになります。前に同期したからといってチェックを入れなかったり、パソコンから削除するとデバイスからも消えます。
  • 一度に1台のパソコンまたは1つのユーザーアカウントからしか写真を同期できません。別のパソコンまたは他のユーザーと写真を同期する場合は、その前に同期した写真は削除されます。
  • パソコンからデバイスに同期された写真は、再度パソコンに読み込むことはできません。
  • iTunesで同期した写真はオリジナルサイズではなく、デバイスに最適化(縮小)された画像になります。iPad上で地図の画像など細かいものをピンチアウトしてみるときなどに違いがでる可能性が高いです。
  • 写真のオリジナルサイズとiTunesと同期後のサイズを比較


画像のアルバムをiTunesと同期

iPhoneをiTunesと同期することで、パソコン内の写真をiPhoneへ転送できます。デフォルト設定では、「ピクチャ」フォルダ内にある写真を転送します。

  1. iTunesを起動し、iPhoneを接続します。
  2. iTunes でデバイスのアイコンをクリックし「写真」タブをクリックします。
  3. 「写真を同期」にチェックをいれ、同期するフォルダを選択し、「適用」ボタンを押します。iTunesで写真を同期
  4. 前に同期した写真が削除されるというメッセージが出るので、「削除して同期」をクリックします。
    確認メッセージ
    注意:以前同期した写真がすでにPCにないという場合は、この同期によって削除されますのでお気をつけください。
  5. デバイスに同期した写真は、「写真」アプリ内で確認できます。

iTunes同期で写真を削除

iTunesでは同期した写真を削除できますが、カメラロールの写真は削除できません。デバイスでの作業になります。

  1. iTunesで、デバイスをクリックし、「写真」をクリックします。
  2. 「選択したアルバム」を選び、削除したいアルバムまたはコレクションの選択を解除します。
    同期した写真をすべて削除するには、「写真を同期」の選択を解除し、確認メッセージが表示されたら「写真を削除」をクリックします。
    デバイスの写真を削除
  3. 「適用」をクリックします。
Avatar for michiko
作者: michiko

CopyTransで日本部門を担当しています。iPhoneに関する記事を中心にCopyTransソフトのアップデート情報もお伝えしています。iPhoneに関してここが知りたいなどリクエストがありましたらコメント欄からお知らせください。