iPhoneからパソコンに写真を取り込めない

iPhoneからパソコンに写真を取り込めないときの対策

1 評2 価3 価4 価5 価 (3 の投票、平均: 5.00 / 5)

iPhoneユーザーは、写真をパソコンにインポートしたいとき、様々な問題に直面します。例えば、iPhoneの写真をパソコンに取り込めない、または写真を取り込んだが、表示されません。

この記事ではiPhoneからパソコンに写真を取り込めない、又は写真がパソコンで表示されないときの10の対策を説明します。

iPhoneからパソコンに写真を取り込めない

1. iPhone上でロックを解除し、コンピュータを信頼

写真を取り込む前にパスコードを入力してiPhoneをロック解除します。それにコンピュータを信頼することを確認します。もっと詳しい情報は、「iPhoneのロック解除とコンピューターの信頼の仕方」という投稿を参考してください。

コンピュータを信頼

2. USBポートとケーブルを確認

USBポートとケーブルが壊れていないか確認します。USBポートを確認するため、ライトニングケーブルを別のUSBポートに接続します。可能であれば、USBケーブルの変換もできます。

壊れたiPhoneライトニングケーブル

ライトニングケーブル、つまりiPhone用のUSBケーブルは「Made For iPhone/iPad/iPod(MFi)」であるべきです。MFi認証済みの製品は、パッケージなどに以下のようなMFiロゴがついています。サードパーティのケーブルの中は、デバイスの充電のみが可能でファイルを転送できないケーブルがあります。 他のUSBケーブルがあれば、試してみることはおすすめです。

MFIアイコンMFIロゴ

3. iPhoneが認識されるか確認

iPhoneが認識されない場合は、先ずiOSドライバーをインストールします。詳細の手順は、CopyTrans Drivers Installerをインストールする方法を見てください。それでも認識されなかったら、「iPhone、iPad、iPod TouchがWindowsパソコンに認識されません」という記事を参照してください。

4. CopyTrans Photoを使う

CopyTrans PhotoはiPhoneとパソコン間で写真および動画を双方で転送するソフトです。CopyTrans Photoを使えば全て写真をバックアップ又は特定な写真やアルバムをPCに取り込むことができます。

  1. CopyTrans Photoを以下からダウンロードし、インストールします。

    CopyTrans Photoをダウンロード

  2. プログラムを実行し、iPhoneを接続します。写真の読み込みが完了まで待ちます。
  3. iPhone側(左)からパソコン側(右)に写真又はアルバムをドラッグアンドドロップします。そしたら「変更を適用」をクリックします。
    CopyTrans PhotoでiPhoneの写真をPCに取り込む方法

もっと詳細な手順は「iPhone・iPadの写真やビデオをPCに転送する方法」という記事を見てください。

5. 写真はiCloudに保存されていないか確認

最初は「iCloud写真」がオンにしているか確認しましょう。確認するには「設定」を開き、「写真」をタップします。

iCloud写真がオンにしているか確認

「iCloud写真」がオンにしていたら、icloud.comで必要な写真を探して、ダウンロードしてください。またはCopyTrans Cloudlyを利用してすべてのiCloudの写真を一括でダウンロードしてください。

CopyTrans Cloudlyをダウンロード

CopyTrans CloudlyでiCloudの写真を一括してダウンロード

詳細な手順は、「iCloudから写真をまとめてダウンロードする方法」という記事を参考してください。

6. WindowsとiOSをアップデート

WindowsとiOSは最新バージョンであるか確認します。iOSのアップデートを「設定」>「一般」>「ソフトウェア・アップデート」で確認できます。Windowsをアップデートする方法は、Microsoft公式サイトを参考してください。

7. 位置情報とプライバシーをリセット

iPhoneの写真をパソコンに取り込めなかったら、位置情報とプライバシーをリセットできます。そうするには、iPhone上で「設定」>「一般」>「リセット」という順でタップします。そしたら「位置情報とプライバシーをリセット」を選択します。そのリセットが役立つ場合がありますので、試してみることをおすすめします。

iPhone上位置情報とプライバシーをリセット

8. アンチウィルスを無効にする

iPhoneの写真をPCにインポートできない場合は、アンチウィルスを一時的に無効にするのを試してください。

iPhoneの写真がパソコンで表示されない

転送したいiPhoneの写真はHEIC(HEIF)形式であれば、デフォルトでWindowsパソコンで表示されません。

HEICとは

HEICとはiOS 11で導入された写真のフォーマットです。HEIC形式についてもっと知りたい場合は、「究極のHEICガイド」を参照してください。HEICファイルの占有容量はJPEGファイルより小さいです。つまりHEIC写真はiPhoneストレージを節約します。

iPhoneの写真がパソコンに見れないときの解決方法

  1. CopyTrans PhotoでJPEGに変換

    1. CopyTrans Photoを以下からダウンロードし、インストールします。

      CopyTrans Photoをダウンロード

    2. プログラムを起動します。右上にある「三」をクリックし「設定」を選択します。ニーズによって「互換性優先のJPEGフォーマットに転送」、または「HEIC及びJPEGのフォーマットで転送」を選択します。

      CopyTrans Photoで表示されないiPhoneの写真を変換

      「互換性優先のJPEGフォーマットに転送」: 写真はPCに取り込まれる際、HEICからJPEGに変換される
      「HEIC及びJPEGのフォーマットで転送」: 写真はPCに取り込まれる際、HEICとJPEGファイルが両方保存される

    3. そう設定したら写真を転送します。PCに取り込んだ写真が表示されるようになります。

    変換についてもっと知りたい場合は、「HEICをJPEGに変換する2つの方法」を参照してください。

  2. CopyTrans HEIC for Windowsを使ったら、WindowsパソコンでHEIC形式の写真を開けるようになる

    CopyTrans HEICはWindows用HEIC形式のサポートツールです。CopyTrans HEICをインストールしたら、Windowsフォトビューアーを使用してHEICの画像ファイルを開けるようになります。その上HEIC拡張子の写真をMicrosoft WordやExcelに追加できるようになります。

    CopyTrans HEIC をダウンロード

    表示されないiPhoneの写真を表示

    iPhoneで撮影されたHEIC形式の写真をバックアップする方法をこちらでご覧ください。

まとめ

以上iPhoneからPCに写真を取り込めないときの10の対処法を紹介しました。写真をPCにインポートできないとき、以上の対処法を順々に試すのをおすすめします。

全てをやっても上手くいかなかったら、もう一つの方法を試せます。CopyTrans Shelbee又はiTunesでiPhoneのバックアップを取って、バックアップからPCに写真を取り出してください

Avatar for Ksenia

By Ksenia

CopyTransの日本部門を担当しているクセニアと申します。趣味は旅行とアクロヨガです。ご不明点がありましたらサポート copytrans@copytrans.jp までお知らせください。