iTunesでiPhoneに写真を同期できない時の対処法

iTunesでiPhoneに写真を同期できない時の対処法

1 評2 価3 価4 価5 価 (3 の投票、平均: 5.00 / 5)

多くのiPhoneユーザーはiPhoneのデータを管理するためにiTunesを使います。iPhoneに写真を追加するには、iTunesとの同期を使用できます。

しかしiTunesでiPhoneと写真を同期しようとすると、同期できないというエラーが発生することがあります。重要な写真を転送できないなんて面倒ですよね。そういう状況でどうすればいいですか?

写真を同期できないという問題の原因は様々ありますが、解決することが可能です!この記事ではiTunesからiPhoneに写真を同期できないときの主な原因と対策を紹介します。

1.USB接続を確認

多くの場合、iPhoneとPC間でデータを同期できないエラーは、USB接続の問題で発生します。それで先ずはUSB接続を確認しましょう。

ライトニングケーブルを確認

ライトニングケーブルとは、iPhoneを充電や、iPhoneとパソコン間でデータを転送するUSBケーブルです。そのケーブルは「Made For iPhone/iPad/iPod(MFi)」であるべきです。MFi認証済みの製品は、パッケージなどに以下のようなMFiロゴがついています。サードパーティのケーブルの中は、デバイスの充電のみが可能なケーブルがあります。MFiケーブルのロゴ

それにUSBケーブルが壊れていないか確認してください。可能でしたら、別のケーブルの利用を試してください。壊れたiPhoneライトニングケーブル

別のUSB機器にiPhoneを接続

USBケーブルの状態を確認したら、USB機器も検査しましょう。USB機器が壊れていないか確認するため、ライトニングケーブルを別のUSBポートに接続します。

一般にUSB機器には、USB2.0やUSB3.0という2つの種類があります。USB3.0のファイル転送速度がUSB2.0より速いので、写真を同期するときにiPhoneをUSB3.0に接続することをおすすめします。USB 3.0にはSSという文字が刻印されています。USB 2.0とUSB 3.0の違い

充電ポートを確認

時間とともにほこりなどがiPhoneの充電ポートに詰め込まれます。 そのため、iPhoneの同期ができなくなる可能性があります。 つまり、iPhoneが同期しないときに最初に行うことの1つは、ポートで何かが詰まっているかどうかを確認することです。iPhone充電ポートを確認

2.互換性のある拡張子の写真を使う

iTunesは、パソコンからiPhone・iPadへの GIF/PNG/JPEG/JPG/TIFF 同期をサポートしています。しかし同期中にすべてのフォーマットが自動的にJPGに変換されるため、GIFアニメーションを再生できなくなります。 さらに、iTunesはBMP形式の写真をiPhoneに同期しない場合があります。

3.iTunesの問題を解決

ある場合には、iPhone写真同期されない問題の原因は、iTunesの不具合です。以下はiTunesの問題の解決する方法を説明します。

iTunesを最新バージョンまでアップデート

先ずiTunesを最新バージョンにアップデートしましょう。旧バージョンの不具合が最新バージョンで修正した可能性があります。

  • デスクトップ版のiTunesを更新:
    • iTunesを起動します。
    • メニューで「ヘルプ」をクリックします。
    • 「更新プログラムを確認」を選択します。そしたらiTunesは自動的にアップデートをします。それとも「このバージョンは最新バージョン」という通知が出てきます。

    iTunesでアップデートを確認

  • マイクロソフト版のiTunesの場合は、最新バージョンがリリースされたとき、自動的にアップデートされます。更新されなかったら、iTunesのアップデートがないかとMicrosoft Storeで確認もできます。

iTunesを再認証

iPhoneがiTunesとの同期に失敗した場合や、「同期」ボタンはグレーアウトしてまったく使用できない場合や、同期を試みてもiPhoneに写真を転送されない場合は、 iTunesの再認証をしてください。

パソコンを認証すると、音楽、映画、その他のコンテンツにそのコンピュータからアクセスできるようになります。コンピュータの認証を解除する方法と再認証する方法は、Appleサイトでの記事を参考してください。

Wi-Fi経由でiPhoneとiTunesを同期

USBケーブルを使用して写真を同期できなかったら、Wi-Fi経由での同期を試せます。USB同期からWi-Fi同期に切り替えるには、以下の手順に従ってください。

  1. iTunesを起動し、iPhoneを接続します。
  2. デバイスのアイコンをクリックします。iTunesでデバイスのアイコンをクリック
  3. オプション欄で「Wi-Fi経由でこのiPhoneと同期」のチェックボックスにチェックを入れます。iTunesでWi-Fi経由での同期を設定

iOS13以前を搭載したデバイスでは、iPhoneの「設定」を開き「一般」>「iTunes Wi-Fi同期」という順に選択し、「今すぐ同期」をタップします。

4.iTunesの代わりに写真を転送するソフトを使用

写真をもっと簡単にiPhoneに入れるにはiTunesの代わりにCopyTrans Photoというソフトを使えます。CopyTrans Photoは、iPhoneとPC間で写真を双方転送するプログラムです。そのプログラムを使用すれば、パソコンにある写真をドラッグアンドドロップだけでiPhoneに入れられます。

  1. プログラムをこちらからダウンロードして、インストールします。インストール方法はインストールガイドにあります。
    CopyTrans Photoをダウンロード
  2. CopyTrans Photoを起動します。パソコンの写真又はフォルダをiPhoneのフォトライブラリにドラッグアンドドロップします。

CopyTrans PhotoでiPhoneに写真を移行

5.iPhoneの設定をチェック

iPhone側の不具合や、間違った設定はiPhoneとiTunesの写真が同期できない問題を起こせます。それを避けるため、iPhoneの設定をチェックしましょう。

iPhoneを再起動

最初はiPhoneを再起動してください。iPhoneをオフにしてから再びオンにすると、ソフトウェアの問題が解決される可能性があります。簡単な行為ですが、ある場合には非常に効果的です。再起動のやり方は、「iPhone, iPod touch, iPadを再起動する方法」を参照してください。iPhoneを再起動

iPhoneの設定をリセット

何かの設定をうっかりと変更したため、写真を同期できなくなる場合があります。その際にiPhoneの設定をリセットすれば、問題が解決されます。設定をリセットしても、iPhoneに保存しているファイルや、アプリなどが削除されません。

iPhoneの設定アプリを開き、「一般」>「リセット」>「すべての設定をリセット」という順に進んでタップします。そしたらパスコードを入力して、指示に従ってください。iPhoneのすべての設定をリセット

iCloud写真(iCloudフォトライブラリ)を無効

たまに同期できない問題の原因は、iPhone上で「iCloud写真」が有効になっているということです。iCloud写真がオンでしたら、iTunesで「iCloudフォトがオンです」というメッセージが表示されます。つまり、iPhoneの写真はiCloudフォトライブラリと同期しています。

iTunesとiCloud両方から写真の同期を行う事はできません。iCloudとの同期が有効になっていたら、iTunesからの同期を使えません。問題を解決するには、iCloud写真を無効にしてください。

iPhone上で設定アプリを開いて、「Apple ID」>「iCloud」>「写真」の順にタップします。そしたら「iCloud写真」をオフにします。iCloud写真をオフにする

iOSをアップデート

iOSの不具合も問題を起こす場合が多いです。それでiOSバージョンを更新することはおすすめです。

iPhone上で設定アプリを開き、「一般」>「ソフトウェア・アップデート」で「ダウンロードしてインストール」をタップします。iPhoneのiOSをアップデート

最新バージョンの場合は、「お使いのソフトウェアは最新です。」というメッセージが表示されます。

空き容量が足りるか確認

写真を上手く同期するには、iPhoneストレージに十分の空き容量があるべきです。iPhoneの空き容量を確認しましょう。

「設定」>「一般」>「iPhoneストレージ」の順に選択します。そこで空き容量を確認できます。iPhoneストレージを確認

もし領域が足りなかったら、不要なデータをiPhoneから削除してください。iPhoneの空き容量を増やす方法は、「iPhoneの大掃除、データをスッキリ整理」という記事を参考してください。

6.パソコンの問題を解決

パソコン側の問題も同期されない状況をもたらす場合があります。以下の対策を試みることをおすすめします。パソコンの設定とソフトウェアを確認しましょう。

パソコンを再起動

先ずパソコンを再起動してください。単純ですが、ある状況では役に立つ行為です。パソコンを再起動するには、「スタート」>「電源 」>「再起動」をクリックします。パソコンを再起動

iOSドライバーを再インストール

iPhoneが正常に認識するため、iOSドライバーをインストールする必要があります。一般にiOSドライバーはiTunesとともに自動的にインストールされます。しかしドライバーをインストールするときに問題が発生したら、写真を同期できなくなる恐れがあります。

ドライバーを再インストールするには、無料なツールCopyTrans Drivers Installerを利用できます。CopyTrans Drivers InstallerはインストールされているiTunesとドライバーをパソコンから削除し、最新のドライバーをインストールします。ドライバーがインストールされたら、手動でiTunesの最新版をインストールできます。

パソコンで日付と時刻を正しく設定

iPhoneがiTunesと同期されない場合にPCで最初に確認することの1つは、コンピュータの日付と時刻です。 それが間違っていると、写真を同期するなどを行うことができなくなります。

その設定を変更するには、画面の右下にある日付と時刻を右クリックし、「日付と時刻の調整」を選択します。日付と時刻の設定

ファイヤーウォール設定を変更

Windowsファイアウォールの設定でiTunesがプライベートとパブリックの両方のネットワークに対して選択され、Bonjourはプライベートネットワークについてのみ選択されていることを確認してください。もっと詳しい手順は、Apple公式サイトを参考してください。

セキュリティソフトウェアをチェック

アンチウィルスがiTunesをブロックする場合があるので、iTunesを手動で除外リストに追加してください。それでも効果がなかったら、アンチウィルスを一時的に無効にするのを試してください。

まとめ

以上iPhoneと写真が同期されないときの対処法を説明しました。その対処法がお役に立つことを期待しています。一番おすすめの対策はCopyTrans Photoを利用することです。

CopyTrans Photoをダウンロード

iTunesと違ってインタフェイスが直観的で、初心者でも簡単に使えます。その上CopyTrans Photoは写真を同期ではなく、転送をするので、パソコン上で同期フォルダを保管する必要がありません。またiPhone上の写真は、アルバム構成を保持してワンクリックでパソコンに移行できます。ぜひCopyTrans Photoを試してみてください!

Avatar for Ksenia

By Ksenia

CopyTransの日本部門を担当しているクセニアと申します。趣味は旅行とアクロヨガです。ご不明点がありましたらサポート copytrans@copytrans.jp までお知らせください。