iTunesでiPhoneバックアップ時にエラーが出る時の解決方法

iTunesのエラーのためiPhoneをバックアップできない

1 評2 価3 価4 価5 価 (1 の投票、平均: 5.00 のうち 5)

iTunesでiPhoneやiPadのバックアップ、復元をする際にさまざまなiTunesのエラーが出てバックアップできないことがあります。エラーの種類には以下のようなものがあります。

  • 「セッションが失敗したため」
  • 「セッションを開始できなかったため」
  • 「エラーが起きました」
  • 「iPhone がリクエストを拒否しました」
  • 「コンピュータにバックアップを保存できなかったため」
  • 「不明なエラー (-1) が発生したため」
  • 「iPhoneがコンピュータから取り外されたため」

バックアップを復元できない場合は、「iPhoneのバックアップを復元できないときの対処法」という記事を参考してください。

多くの場合、PCまたはiPhoneのどちらかに問題があるようですが、メッセージだけではどちらに問題があるのかわかりません。一般的に、エラーが出たときには次のような事を試します。

iTunesでiPhoneをバックアップできないときにできること

  1. iPhoneやPCを再起動
    iPhoneを再起動する方法はAppleサイトにあります。
  2. iTunesをアップデートする
    iTunesを最新バージョンにアップデートする方法はAppleサイトにあります
  3. セキュリティソフトを一時的に無効にする
    バックアップが進まない、又はデバイスが認識されないため、iPhoneをバックアップできない場合は、セキュリティソフトウェアをオフにするのを試してください。セキュリティーソフトに関する確認するべきことや、ファイヤーウォールの設定を調べる方法をApple公式サイトで参考してください。
  4. USBの差込口を変える
    USBの差込口の故障はよく起こることです。USB差込口の状態を確認するため、ライトニングケーブルを別のUSBポートに接続してください。
  5. PCの空き容量が足りるかと確認
    iPhone上データが一杯になったため、iPhoneのバックアップを取れない場合があります。そのとき問題を解決ため、PCまたはiPhone上で不要のデータや、アプリを削除してください。
  6. 古いバックアップを削除
    古いiPhoneバックアップがiTunesでバックアップできない問題の原因になる場合があるので、不要のバックアップを削除できます。

上記の方法が上手くいかない場合、更なるヘルプが必要になりますが、アップルのサポートもよくわからない、という声も聞きます。そんな時は、iTunesの代替バックアップソフトを試してみるのも一つの手です。弊社のiPhoneバックアップツール
CopyTrans Shelbeeを使えばバックアップの保存場所を選べるなど、バックアップの自由度が高くなります。

「iPhoneがコンピュータから取り外された」というエラーメッセージ

以上に説明された事を試しても、iTunesでバックアップを作成しようすると、「iPhoneがコンピュータから取り外されたため、iPhoneをバックアップできませんでした」というエラーが何回も出てました。しかし、実際にデバイスの接続が切断されませんでした。言い換えれば、iPhoneをバックアップできなくなりました。iPhoneがコンピュータから取り外されたため、iPhoneをバックアップできませんでした」というiTunesのエラー

そういった状況では以下のような行為を試しましょう。

  1. ライトニングケーブル、つまりiPhone用のUSBケーブルが損傷していないかと確認してください。可能であれば、別のケーブルを試してください。
  2. 既存のバックアップが壊れていたら、新バックアップを取れない場合があるので、既存のバックアップを削除、又は別のフォルダに移動して下さい。詳細は、「iPhoneバックアップを削除する方法」を見てください。
  3. 最新iOSでは旧iOSのバグが直されているので、iOSを最新バージョンにアップデートしてください。
  4. iPhoneにあるドキュメントに特殊文字(á, ü, ё, á, ñ, ß…)は問題の原因になる場合があります。そのドキュメン名を手動的に変えますが、たいへん面倒なことですね。弊社の開発部はその問題をCopyTrans Shelbeeで解決しました!

    CopyTrans Shelbeeをダウンロード

CopyTrans Shelbeeの利点

CopyTrans ShelbeeはiTunesなしでiPhoneやiPadのバックアップ及び復元ができます。たったの3ステップで簡単に使えます。
CopyTrans Shelbeeのメイン画面

iTunesと違って、バックアップの保存場所を選べるので、複数のiPadやiPhoneがある場合、これらのバックアップを個別に別の場所に行うことが出来ます。それぞれのバックアップを別の場所にとっておけるので、管理がしやすく便利。 さらにCopyTrans Shelbeeを使ってiTunesのバックアップ先を簡単に変更できます。

また、iTunesでバックアップした事のないiPhoneでも問題なくバックアップできるので、一度もiTunesに繋いだ事がないからデータが消えるかも?といった心配無用です。フルバックアップや差分バックアップといった選択も可能ですよ。

iTunesと異なり、CopyTrans ShelbeeはiOSデバイスのバックアップ作成時に、データの保存に問題がないかどうか確認します
「バックアップが壊れているか、復元対象のiPhoneと互換性がないために、 iPhoneを復元できませんでした。」というiTunesもエラーメッセージ

そんなCopyTrans Shelbee、使い方はボタンを押していくだけの簡単操作です。

iTunesなしでiPhoneをバックアップ

  1. CopyTrans Shelbeeを起動します。まだインストールしていない場合、こちらからダウンロードします。

    CopyTrans Shelbeeをダウンロード

  2. iPhoneをPCに接続して 「バックアップ」>「フルバックアップ」
    「フルバックアップ」を選択

  3. バックアップ先を選んで、「次へ」をクリックします。

詳細の手順は、バックアップと復元の方法を参考してください。