iTunesでiPhoneバックアップ時にエラーが出る時の解決方法

iTunesでiPhoneバックアップ時にエラーが出る時の解決方法

iTunesでiPhoneやiPadのバックアップ、復元をする際にさまざまなiTunesのエラーが出てバックアップできないことがあります。エラーの種類には以下のようなものがあります。

  • 「セッションが失敗したため」
  • 「セッションを開始できなかったため」
  • 「エラーが起きました」
  • 「iPhone がリクエストを拒否しました」
  • 「コンピュータにバックアップを保存できなかったため」
  • 「不明なエラー (-1) が発生したため」
  • 「iPhoneがコンピュータから取り外されたため」

多くの場合、PCまたはiPhoneのどちらかに問題があるようですが、メッセージだけではどちらに問題があるのかわかりません。一般的に、エラーが出たときには次のような事を試します。

  • iPhoneやPCを再起動
  • iTunesをアップデートする
  • セキュリティソフトを一時的に無効にする
  • USBの差込口を変える

上記の方法が上手くいかない場合、更なるヘルプが必要になりますが、アップルのサポートもよくわからない、という声も聞きます。そんな時は、iTunesの代替バックアップソフトを試してみるのも一つの手です。弊社のiPhoneバックアップツール
CopyTrans Shelbeeを使えばバックアップの保存場所を選べるなど、バックアップの自由度が高くなります。

[解決済み] iTunesでiOS 10.3.3のiPhoneをバックアップできない

iOS 10.3.3にアップデートしたら、iTunesでバックアップを作成しようすると、「iPhoneがコンピュータから取り外されたため、iPhoneをバックアップできませんでした」というエラーが何回も出てました。しかし、実際にデバイスの接続が切断されませんでした。言い換えれば、バックアップできなくなりました。
iPhoneがコンピュータから取り外されたため、iPhoneをバックアップできませんでした」というiTunesのエラー

iOS11までアップデートしたくない方、またはiOS11までアップデートできないデバイスを持っている方はどうすればいいのかと思っているでしょう。

問題の原因はiPhoneにあるドキュメントに特殊文字(á, ü, ё, á, ñ, ß…)です。そのドキュメン名を手動的に変えますが、たいへん面倒なことですね。

弊社の開発部はその問題をCopyTrans Shelbeeで解決しました!

iPhoneをバックアップ

なぜCopyTrans Shelbeeを使うのか

CopyTrans ShelbeeはiTunesなしでiPhoneやiPadのバックアップ及びリストアができます。たったの3ステップで簡単に使えます。

CopyTrans Shelbeeのメイン画面

iTunesと違って、バックアップの保存場所を選べるので、複数のiPadやiPhoneがある場合、これらのバックアップを個別に別の場所に行うことが出来ます。それぞれのバックアップを別の場所にとっておけるので、管理がしやすく便利

また、iTunesでバックアップした事のないiPhoneでも問題なくバックアップできるので、一度もiTunesに繋いだ事がないからデータが消えるかも?といった心配無用です。フルバックアップや差分バックアップといった選択も可能ですよ。

iTunesと異なり、CopyTrans ShelbeeはiOSデバイスのバックアップ作成時に、データの保存に問題がないかどうか確認します。これで復元時にデータが壊れてリストアできないという状況を回避する事ができます。
「バックアップが壊れているか、復元対象のiPhoneと互換性がないために、 iPhoneを復元できませんでした。」というiTunesもエラーメッセージ

そんなCopyTrans Shelbee、使い方はボタンを押していくだけの簡単操作です。

3ステップ - iTunesなしでiPhoneバックアップ

  1. CopyTrans Shelbeeを起動します。まだインストールしていない場合、こちらからダウンロードします。

    iPhoneをバックアップ

  2. iPhoneをPCに接続して 「バックアップ」>「フルバックアップ」
    CopyTrans ShelbeeでiPhoneのバックアップを作成

  3. バックアップ先を選んで(①)「スタート」をクリック(②)でOK
    iPhoneのバックアップ先を選択し、バックアップを開始

さいごに

CopyTrans Shelbeeを使ってエラーが出た場合、弊社サポートまでご連絡ください。また、ご意見をいただければ幸いです。 

この記事に関するお役立ちリンク

PCの容量不足でiPhoneがバックアップできない時の簡単対処法 – PCの容量が足りない時はこちらの記事をご覧ください。

iPhoneの容量を空ける場合 – iPhoneの空容量を作るのも時には有効な方法。デバイスのスペースを空けるテクニック記事。